インスタグラム利用女性の4人に1人がスマホじゃなく「インスタ専用カメラ」を持っていた!!

~画質・防水・広角重視・・・もっと「いいね!」が欲しい!~

 カシオ計算機株式会社(東京都渋谷区)は、SNS映えする写真が撮れる「EX-FR100L」など、女性向けデジタルカメラの開発・販売に力を入れています。
このたび、10代~40代女性655名を対象に、「SNSとカメラ・撮影に関する実態調査」を実施しました。

 若い女性を中心にユーザーを伸ばすSNSと、SNSに投稿するために利用するカメラや撮影に関する実態を調べました。調査結果から、SNSを好むイマドキ女子の撮影や自撮りに対する本音を探ります。

調査結果トピックス
​・10代~20代の2人に1人以上はインスタグラムを利用中
・約8割がインスタグラムの写真撮影にスマホ利用も、明るさや広角に不満あり!
・インスタ女子の4人に1人は、「インスタ専用カメラ」を持っていた
 -  そのうち65%以上が1年以内にカメラを購入していた!
・SNSに欠かせない”自撮り”。10代の約半数は自撮り「よくする」
・自撮りでイラッ・・・1位「使ってほしくない写真を投稿された」

 

  • 10代~20代の2人に1人以上はInstagram(インスタグラム)を利用中
10代~40代女性655名にSNS利用動向を調べたところ、「SNOW(スノー)」や「Twitter(ツイッター)」、「Instagram(インスタグラム)」などで10代~20代の利用が突出している結果となりました。近年ユーザー数を伸ばしている「インスタグラム」は、「現在利用している」と答えた方は全体で43.2%となりました。中でも10代は61%、20代は52%と若年層で高い利用率となりました。


<調査概要>
調査名:SNSとカメラ・撮影に関する実態調査
調査対象者:10代~40代の女性655名(10代:159名、20代:166名、30代:165名、40代:165名)
調査期間:2017年7月6日~7日10日
調査方法:インターネット調査
 
  • 約8割がインスタグラムの写真撮影にスマホ利用も、明るさや広角に不満あり!
「Instagramに投稿する写真は、撮影していますか?」の質問には、約8割の女性がスマホでのインスタグラム投稿も行っているという結果となりました。


スマホでの写真撮影での不満・不便な点については、「明るさの調整が思い通りにできない」が30.8%、「ズームがうまくできない」が29.5%、「持ちづらくて安定しない」が28.2%、「撮影範囲が狭い」が22.6%となりました。

明るさや広角(撮影範囲)など質にこだわり、皆と違う写真を撮影する時には専用カメラを使用する、などスマホとの用途に応じた併用もうかがえる結果となりました。
 
  • インスタ女子の4人に1人は、「インスタ専用カメラ」を持っていた!
「インスタグラム」を利用しているインスタ女子(n=283)に、「インスタグラム撮影用のカメラ」を持っているか聞いたところ、26.5%が「持っている」と回答し、インスタ女子の4人1人が「インスタ専用カメラ」を持っていることが判明しました。また、「持っている」と回答した75名に購入時期を聞いた所、65%以上が「1年以内」に購入しており、昨今のインスタ人気の影響が伺えます。また、「持っている」「持っていないが欲しいと思っている」と回答した159名に、インスタ撮影用のカメラで重視している機能を聞いた所、「高画質」「スマホへのデータ転送」「ズーム」「防水」「広角」となり、スマホでの写真では埋もれてしまい”いいね”がもらいづらく、人とは違う写真を撮るためこだわりのカメラを使うインスタ女子心理が伺えます。

 

  • 10代の約半数は自撮り「よくする」
SNS投稿に欠かせない撮影方法”自撮り”。そこで、”スマートフォンを持つ”10代~40代女性(n=595)の各年代ごとに、「あなたは普段、スマートフォンで自撮り・みんな撮り(複数人での撮影含む)をしますか?」を聞いた所、10代では「よくする」「たまにする」が8割という結果になりました。年代が上がるにつれて「よくする」「たまにする」の割合が下がり、自撮りをしない人が増えていく傾向となりました。

  • 自撮りでイラッ・・・1位「使ってほしくない写真を投稿された」
自撮りを「よくする」「たまにする」と回答した女性(n=330)に、自撮りで他人からされて困ったことやイラっとしたことについて聞いた所、「使ってほしくない写真を投稿された」が36.7%など上位2つは勝手に投稿されるケースが目立ちました。次いで「自分だけかわいく加工した写真を投稿された」「元画像を共有してくれない」など、自分だけがかわいく映ればいいという姿勢にイラっとする女子が多いことがわかりました。
また、ご自身での自撮りでの失敗したことについては、思い通りの画角で撮れない、見切れてしまった、引きが撮れないなど、スマートフォンカメラの性能・性質にかかわる悩みが多く伺えました。

※本リリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

参考資料
  • ”インスタ映え”する写真が撮れる!「FR100L」でお悩み解決


カメラとコントローラー部分が分離・合体する、ハイレベルな自撮りが可能なモデル。
分離させれば“他撮り風“の自撮りも簡単!
16mmの超広角レンズだから、背景や友達もたくさん入る!防水でこれからの季節にもぴったり♪
「美脚ガイド」や、写真をフォトジェニックに仕上げる「メイクアップアート」機能も搭載。




リモート操作で思い通りの構図!
カメラを分離して、リモート操作でパシャリ。オシャレな「他撮り風」も簡単!

 


16mmの超広角レンズ
スマホじゃ入らない所まで写る!
友達も景色もこんなに入る!






 




防水&耐衝撃&防塵
夏に嬉しい防水性能♪
うっかり落としても問題なし!
アクティブに活用しよう!

 



美脚ガイド
顔と脚を画面のガイドに合わせ撮影すると、立ち姿でも座り姿でもファッションモデルのような美しい脚長写真に!
超広角カメラならではの効果です。










メイクアップアート
写真をビビットにする「メイクアップビビッド」、よりアート調にする「メイクアップHDR」モード搭載!しかも美肌効果まで!
インスタ映え間違いなし♪

OFFOFF

ONON



製品紹介ページ https://casio.jp/dc/products/ex_fr100l/

<読者様お問合せ先>
http://casio.jp/support/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カシオ計算機株式会社 >
  3. インスタグラム利用女性の4人に1人がスマホじゃなく「インスタ専用カメラ」を持っていた!!