日本初のブロックチェーンを利用した電子契約サービス"CloudContract"がリリース

セキュアなサービス提供形態が話題

クラウド上で書類を管理し、電子契約を行うサービスを提供するクラウドコントラクト株式会社が自社サービスにブロックチェーンシステムを用いることに成功した。

 


2017年08月20日クラウドコントラクト株式会社が提供する同名サービス"CloudContract"の契約締結記録の管理にブロックチェーンを用いる機能が実装された。
近年、電子契約サービスは急速に普及し始めているが、ブロックチェーンの機能を取り入れた電子契約サービスは日本初である。
 


これまでの電子契約サービスは、集中型のコンピューターネットワークを用いて提供されており、取引の記録は全て中央に位置する機関が管理していた。高度なセキュリティ対策を行っても、ダウンタイムがあり、またその機関のシステムが攻撃され、万が一不正アクセスによりシステム内に侵入されてしまうと契約締結記録のように機密性の高い顧客情報が流出する恐れがあった。

 

 


対してブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークを使用しており、記録は完全に暗号化され、世界中にいる監視者が私達が行った取引や契約が確実に行われたものであると証明をおこなうシステムである。
ブロックチェーン上では各々のデータはブロックの中に入っており、そしてブロックチェーンは過去から現在までのブロックが全てひとつなぎになっている。
行われたすべての取引記録は永久的に残り、記録を改ざんするためには過去の膨大なデータをすべて書き換えなければならない。そのため改ざんが限りなく不可能となっている。ダウンタイムもなく、契約締結記録が流出する可能性も限りなく低い。

 

 


安全性の高い電子契約サービス"CloudContract"は1ヶ月9,980円から利用でき、更に今なら初月無料である。

 

 

クラウドコントラクト株式会社
〒108-0023 東京都港区芝浦3-14-8芝浦ワンハンドレッドビル2F
経営企画室 西良浩
TEL:03-6453-6056
MAIL:info@cloudcontract.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クラウドコントラクト株式会社 >
  3. 日本初のブロックチェーンを利用した電子契約サービス"CloudContract"がリリース