2年前のラグビー人気はどこへ・・・・日本ラグビーがピンチ!!ラグビーワールドカップ2019™日本開催に向け、ラグビー選手が再起を狙う『トップリーグの逆襲』8/7公開!

自虐、ぶっちゃけ、イケメン、逆立ち、家族の幸せ…トップリーガーが日本ラグビーのために必死でPR「このCMでラグビーのイメージをすべて覆す!!!!」

『トップリーグの逆襲』URL: https://youtu.be/tvqLBB1XVbg


 日本ラグビーフットボール協会は8月7日、日本ラグビー最高峰リーグ「ジャパンラグビートップリーグ」(以下トップリーグ)の認知拡大を目指すWEBムービー『トップリーグの逆襲』を公開します。本ムービーは、トップリーグの選手達をはじめ、レフリー、スタッフ、一般ファンなど多数の出演者により、あの手この手でトップリーグの魅力を伝えるとともに、8月18日から27都道府県39会場で開催されるジャパンラグビー トップリーグ2017-2018の観戦意向の向上を目指すものです。「逆襲」を心に誓った選手達の、必死でユニークな姿をぜひご覧ください。


●2015年のラグビーブームが…従来のPRでは「逆襲」できない!
 「ラグビーワールドカップ史上最大の衝撃」「スポーツ史上屈指の番狂わせ」、日本代表の活躍が世界中のメディアをにぎわせた2015年ラグビーワールドカップ。その年、日本ラグビーは過去にない注目を集め、日本ラグビー最高峰リーグ「ジャパンラグビー トップリーグ」の観客動員も2015年には49万人と歴代最多を記録。しかし、昨シーズン(トップリーグ2016-2017)は早くも前年比3万人減。2019年にはラグビーワールドカップの日本開催を控え、今シーズンは絶対にトップリーグを盛り上げなければならない。従来のアプローチだけでは通用しないことを実感し、トップリーガーが一丸となって「逆襲」に向け立ち上がりました。
 
  • 日本ラグビーのピンチを物語る、5つの調査データ

 

 このWEBムービーを企画したきっかけは、「トップリーグの逆襲」事務局が実施した全国調査でした。この「日本ラグビーのピンチ」に対して、逆襲を図らなければならない。本ムービーの表現には、そうした意図・気持ちを込めています。

「トップリーグの逆襲」事務局の独自調査から抜粋
全国10~60代の男女(事前調査1329人・本調査800人)/インターネット調査/2017年2月


 





●『トップリーグの逆襲』ムービー紹介(一部抜粋)

_鶴岡選手・山田選手が子ども二人と話している。
鶴岡選手:サッカーといえば?
子ども達:Jリーグ~!
山田選手:野球といえば何リーグ?
子ども達:セ・リーグとパ・リーグ~!
鶴岡選手:じゃあラグビー日本最高峰のリーグといえば、何リーグ?
子ども達:‥‥?
山田選手:「トッ」からはじまって「プ」で終わるよ~。
子ども達:‥‥トランプ??
(♪トップリ〜グ)
 

_ロトアヘア兄弟、竹田兄弟がにらみ合っている。
高橋レフリー:ピッ!キックオフ!
ロトアヘア選手(兄):俺たち8人兄弟やぞ。あと6人もおるんやぞ!
竹田選手(兄):俺らの親父はラグビー強豪校の監督やぞ!
ロトアヘア選手(弟):代われ代われ代われ(兄へ)。俺らのオカン、まあまあキレイやぞ。なあ兄ちゃん?
竹田選手(弟):代われ代われ。俺らのオカン、まあまあベッピンやぞ。なあ兄ちゃん?
_ロトアヘア兄弟、竹田兄弟、激しい口論になる。
高橋レフリー:ピーーッ!ノーサイド!!
_両兄弟、丁寧に握手を交わす。
NA:俺たちは、ノーサイドの瞬間から仲間になる。
(♪トップリ〜グ)
 

_近藤・新関選手がタックルのトレーニングをしている。
井上選手:おい近藤ーーっ! 昨シーズン、Jリーグ1試合あたりの平均観客数は何人だったと思う!?
近藤選手:2000人ぐらいだと思います!(タックル)
井上選手:ちがーう! 約1万8千人だーっ! おい新関っ! トップリーグは何人だったと思う!?
新関選手:4万人‥‥いや5万人です!(タックル)
井上選手:ちがーう! 約5000人だーーーっ!! お前ら悔しくないのかーっ!!!!
近藤選手&新関選手:悔しいです…!
井上選手:俺も悔しいですっ!!!!
(♪トップリ〜グ)
 

_選手達がタンクトップ姿でセクシーに決めている。
筬島選手:この動画を見ている女性のアナタに
ソロモン選手:「トップリーグ」を見にきてほしいから
山下選手:僕たちセクシー・トップリーガーが
小柳選手:タンクトップ姿でPR中です
徳重選手:タンク・トップリーグ!
(♪タンクトップリ〜グ)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 >
  3. 2年前のラグビー人気はどこへ・・・・日本ラグビーがピンチ!!ラグビーワールドカップ2019™日本開催に向け、ラグビー選手が再起を狙う『トップリーグの逆襲』8/7公開!