マンガ雑誌休刊情報通知アプリ「漫画ウォッチャー」 事業譲受に関するお知らせ

アプリパブリッシング事業を展開する株式会社Cane.asia(東京都渋谷区)は、坂本 達夫氏が運営するマンガ雑誌休刊情報通知アプリ「漫画ウォッチャー」を2017年12月1日に事業譲受いたしました。

アプリパブリッシング事業を展開する株式会社Cane.asia(東京都渋谷区)は、元Googleの坂本達夫氏が個人で開発したマンガ雑誌休刊情報通知アプリ「漫画ウォッチャー」を2017年12月1日に事業譲受いたしました。

漫画ウォッチャー - 週刊マンガ誌の休刊情報をお知らせ

App Store (iOS) : https://itunes.apple.com/jp/app/id1247711148?mt=8
Google Play (Android) : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.manga_watch

■事業譲受の詳細について

「漫画ウォッチャー」は、指定した週刊少年マンガ誌が「発売されない日」や「いつもと違う曜日に発売される日」およびその前日に、プッシュ通知でお知らせしてくれるアプリです。
2017年7月に元Googleで現在AppLovin Japanビジネス開発統括責任者の坂本 達夫氏がApp StoreおよびGoogle Playにて配信を開始して以来、Tokyo MXテレビ「教えて!アプリ先生」で紹介されるなど話題を博し、漫画ファンに広く支持されてきました。

この度、さらなるアプリの成長とサービスの拡充を実現すべく、アプリパブリッシング事業を展開する株式会社Cane.asia(以下、当社)に事業を譲渡する運びとなりました。

■「漫画ウォッチャー」メディアカバレッジ (抜粋)

Tokyo MXテレビ「教えて!アプリ先生」8月31日放送

https://www.youtube.com/watch?v=Uyrde675wrg


iscle “地味に便利!マンガの発売日や休刊情報を通知する『漫画ウォッチャー』”
https://www.iscle.com/web-it/app/manga-watcher.html

アプトピ “マンガ雑誌が発売しない時に報せてくれる。ただそれだけのアプリ【漫画ウォッチャー】”
https://apptopi.jp/2017/07/14/manga-watcher/

アプリマーケティング研究所 “慶應大学を中退して「占いアプリ」で独立した男が語る、あえて「有料アプリ」をつくるメリットと、サラリーマンがポケットマネーでアプリを公開してみた話”
http://appmarketinglabo.net/individual-developer2017/

■当社事業内容について

当社は2017年創業の、アプリのビジネスサポートを専門とする会社です。
アプリパブリッシング事業のほか、インバウンド・アウトバウンドに特化したマーケティング支援コンサルティング・広告運用代行、動画・静止画バナーを中心としたクリエイティブ制作など、国内外のアプリデベロッパー様に必要とされるビジネス支援をオーダーメイドで行なっております。

企業:株式会社Cane.asia
所在地:東京都渋谷区
創業:2017年9月
資本金:1,000,000円
事業内容:アプリマーケティング事業・パブリッシング事業・クリエイティブ事業
http://cane.asia/

事業譲受日:2017年12月1日

■当社へのお問い合わせ先

株式会社Cane.asia 担当 中田 英雄
nakata@cane.asia

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Cane.asia >
  3. マンガ雑誌休刊情報通知アプリ「漫画ウォッチャー」 事業譲受に関するお知らせ