かぜ薬「ストナ」新CM発表会~引退して初めてのスケート撮影 浅田真央さん、舞さん姉妹によるトークショー&小学生スケート教室を開催~

真央さんは今後について、「フルマラソンに挑戦することが楽しみ。終わったら姉妹で北海道の温泉に行きたい!」と笑顔で話す

佐藤製薬株式会社(本社:東京都港区、社長:佐藤誠一)は、浅田真央さん・舞さんを起用したかぜ薬「ストナ」の新CM『トリプルカプセル』篇の放映を2017年11月1日(水)より開始いたします。それに伴い、真央さんと舞さんをお呼びした、「ストナ」新CM発表会を2017年10月31日(火)に、新横浜スケートセンターで開催しました。

トークショーで真央さんは、「今回は引退してから初めてのスケート撮影だったこともあり、特に新鮮に感じました。ストナのCMをスケートリンクで撮影したのも初めてだったので、楽しみながら撮影することができました」とコメント。舞さんは、真央さんがCM内で鼻、喉、おでこに手を当てる決めポーズについて触れ、「氷上で風邪の症状に合わせた表現をすることは難しかったと思いますが、とても美しくエレガントに表現できていることに驚きました」と話し、それに対し真央さんも「ぜひ振り付けに注目してほしいです」と新CMについて語りました。
WEB限定ムービーではオリジナルの振り付けを披露。「音楽を聴き、イメージするままに踊りました」「競技では着用しない長いドレスを着ることができて、とても嬉しかったです。」と話し、舞さんは、 「舞うたびに風にドレスがなびく姿が美しく、まるで妖精のようだなと思いました。」とコメントしました。
真央さんは2010年から8年間、舞さんは2012年からストナのCMに出演されているということで、出演されたなかで特に印象に残っているCMを聞くと、真央さんは「白鳥と黒鳥の二役を演じた『風邪 VS ストナ』が最も印象に残っています。ワイヤーアクションにも挑戦したのですが、なかなか経験できることではないので楽しかったです。 2人で撮影することも少ないので、ひとつひとつが大切な思い出です。 」とコメント。舞さんは「いつも幅広い役を演じさせていただいているので、撮影中のエピソードはたくさん。いつも笑いが絶えません。」とコメントし、過去のCMを振り返りました。

 風邪対策について、真央さんは、「現役中から変わりませんが、まずは手洗いとうがい。三食しっかり食べ、よく運動し、お風呂で温まり、よく寝るという基本中の基本を大切にしています。スケートも基本が大事ですから。」とコメントしました。

 最後に今後のチャレンジについて聞かれると、真央さんは、「今はフルマラソンに挑戦することを楽しみにしています。今はまだ10kmしか練習していないので、42.195kmを走れるように練習したいです。」と現役時代と変わらぬストイックさを披露。舞さんは、「私は時々、スケート教室で子どもたちに教えていますが、ぜひメディアの皆さんにも教えてみたいです。見るだけではなく、実際にスケートの楽しさを体験していただきたいですね(笑)」と話し、会場カメラマンの笑いを誘っていました。

●「浅田姉妹によるスケート教室」の様子

その後のスケート教室では、小学生の子供たちが11人参加し、真央さんと舞さんが基礎的なスケーティングを指導しました。初めは、「今日はハロウィンだけど、みんなゾンビみたいだよ。」と舞さんがたとえるぐらい危なっかしい滑りだった子供たちも、真央さんがお手本を見せ、舞さんが分かりやすい言葉で指導すると、みんなめきめきと上達。
二人で声を掛け合い、意気の合った様子の浅田姉妹。
舞さんが得意技のスパイラルを披露すれば、真央さんがスケートリンクいっぱいに優雅な滑りを見せるなど、見せ場もしっかりある貴重なレッスンとなりました。最後は、全員笑顔で、真央さん舞さん仕込みのフィギュアスケーターらしいポーズを決めてスケート教室は終了しました。

 

スケート教室終了後、舞さんは、「子どもたちのキラキラとした眼差しと真剣な表情に、私たちもパワーをもらいました。自分がスケートを始めた時のことを思い出し、伊藤みどりさんなど憧れの大先輩からたくさんの夢をもらったので、子供たちにもそんな夢を与えられたらいいなという想いを込めながら指導しました。」 とコメントしました。また12月にフルマラソンに挑戦する真央さんの意気込みについては、「最初は完走することを目指していましたが、今は4時間半というタイムを目指している」と回答。以前、5時間でフルマラソン完走をした舞さんは「妹に抜かれるのは悔しいので、もう一度挑戦したいです。」と語っていました。
 今後のことについて聞かれると、「少し時間ができたらゆっくり二人で温泉にでも行きたいです。」と舞さんがコメント。どこに行きたいかと聞かれると、真央さんが「北海道でグルメを楽しみ、雪の中で温泉を楽しみたい。」と即答。実は舞さんは旅の計画が苦手で、いつも真央さんが旅の計画を立て、しおりまで作るのだとか。意外な一面に会場も驚きに包まれていました。
 

浅田 真央(あさだ まお)
フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。ソチオリンピック6位。2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。四大陸選手権優勝3回、GPファイナル優勝4回。全日本選手権優勝6回。姉は同じくフィギュアスケート選手の浅田舞。

浅田 舞(あさだ まい)
モデルとしても活躍したスタイルの良さ、長い手足を生かしたスパイラルシークエンスが得意技。現在は、アイスショーに出演するほか、新聞やテレビ、ラジオでスポーツキャスターとしても活躍中。また、グラビアにも挑戦するなど活躍の場を広げている。


かぜ薬「ストナ」シリーズ
浅田真央さんの迫力ある滑りとジャンプが見所の 新TVCM『トリプルカプセル』篇 放映開始!


佐藤製薬株式会社(本社:東京都港区、社長:佐藤誠一)では、液体in カプセルが特長のかぜ薬「ストナ」 シリーズの新 TVCM『トリプルカプセル』篇を 11 月 1 日(水)より全国一斉にオンエアいたします。

 

TBS 系「NEWS23」<月~木 23:00~23:55(金のみ 23:30~)>、
TBS 系「N スタ」<月水金 15:49~19:00>の提供番組やその他全国スポットでも放映いたします。

今回のかぜ薬「ストナ」シリーズの TVCM では、浅田真央さんが初めてスケートシーンを披露しています。
「カゼに一撃!」という言葉を合図にスケートリンクを駆け出す3 人の真央さん。症状別の3 つの「ストナ」のそれ ぞれの効果を、「鼻のカゼに、白」、「喉のカゼに、黄」、「熱のカゼに、赤」という言葉とともに、鼻、喉、おでこに 手を当てる振り付けを取り入れることで強調しました。そして、真央さんが力強くジャンプをすると、ストナの特長 である「液体 in カプセル」が溶けて、真央さんの晴れやかな表情へとつながっていきます。今年の 3 つの「スト ナ」は、世界中の人々を魅了する真央さんの迫力のある“トリプルアクセル”とかけて“トリプルカプセル”でカゼ と戦います。「ストナ」シリーズの TVCM 初となる、真央さんの迫力のある滑りとジャンプをどうぞお楽しみくださ い。TVCM の最後には、姉の舞さんも「よく効きます」と可愛く微笑んでいます。新 TVCM と連動して、店頭で はポスターや什器などの各種販促ツールを活用した店頭展開を行い、販売拡大を図ってまいります。
また、同日公開するWEB 限定ムービーでは、真央さんオリジナルの振り付けを披露。約90 秒の演技にス タッフ一同目が釘付けでした。ロングドレスをまとった真央さんの優雅な演技も見所です。当社では、「ストナ」シ リーズを通して、この冬がんばる全ての人と浅田真央さん・舞さんを応援いたします。

●撮影秘話
現役引退後初となる今回の撮影は、スケートリンクで行いました。何時間も前からスケートリンクに入り、入 念な準備運動をこなす真央さん。真剣な表情の真央さんの何気ない動きにもオーラが漂い、撮影前からスタ ッフたちの目は真央さんに釘付けでした。撮影には、真央さんの一挙手一投足を逃すまいと、大型のカメラ をはじめ、多数のカメラが準備されました。真央さんのスケーティングを追いかけるカメラもまるで踊っている かのようでした。氷上の気温は低くスタッフも震えるほどでしたが、真央さんは常に笑顔。彼女の笑顔にスタッ フたちも元気になっていくようでした。
スケートリンクの上で躍動する真央さんの迫力あるジャンプはもちろん、白、黄、赤のストナカ ラーの華やかな衣装も見所です。実は、用意された衣装は一色。その場で赤や黄色に仮合成した映 像をみて真央さんも驚き、楽しい雰囲気で撮影が進んでいきました。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐藤製薬株式会社 >
  3. かぜ薬「ストナ」新CM発表会~引退して初めてのスケート撮影 浅田真央さん、舞さん姉妹によるトークショー&小学生スケート教室を開催~