新卒・若者の採用と定着の新しい形「高卒プロフェッショナルキャリア」事業

12月11日(月)(15時~ ウインクあいちにて)事業説明会を開催

一般社団法人アスバシは、平成30年度より、新卒・若者の採用と定着の新しい形「高卒プロフェッショナルキャリア」事業を開始します。つきましては、この事業に関する説明会を、12月11日(月)に開催します。人材採用難に悩む企業や早期離職対策に取り組む企業、また、高校の進路指導に課題を感じている教員、経済的な理由等などで高校卒業後の進路に悩む高校生や保護者に、新しい選択と可能性をもたらします。

 

新卒・若者の採用と定着の新しい形「高卒プロフェッショナルキャリア」事業開始
12月11日(月) ウインクあいちにて)新事業説明会開催

一般社団法人アスバシは、平成30年度より、新卒・若者の採用と定着の新しい形「高卒プロフェッショナルキャリア」事業を開始します。つきましては、この事業に関する説明会を、12月11日(月)に開催します。人材採用難に悩む企業や早期離職対策に取り組む企業、また、高校の進路指導に課題を感じている教員、経済的な理由等などで高校卒業後の進路に悩む高校生や保護者に、新しい選択と可能性をもたらします。

 
一般社団法人アスバシは、キャリア教育を専門とし、高校生に主にインターンシップなどの社会体験活動を推進する団体として2012年2月に発足しました。これまでに、800名以上の高校生らに、インターンシップや東北スタディツアーなどの社会体験を支援してきました。昨今、子どもの貧困の問題や、高校における大学進学偏重の進路指導の問題、企業の人材不足の問題などが起こっています。当団体はその問題の解決に取り組む中で、高校生や家庭、また企業にとって新たな解決策になる高卒就職の新しい形「高卒プロフェッショナルキャリア」事業を開始します。

3つの仕組みを新たに地域で展開することにより、高校を卒業後、プロフェッショナルを選択し、「仕事」を通じて人間性・社会性・職務能力の成長をさせていくキャリアの道を大きく拡充します。このことによって、地域の企業が、今後の社会のなかでイノベーティブな企業として成長していくことを、中核人材を育てることで後押しをしていくとともに、大学受験を中心とした日本の教育のあり方を大きく変革していきます。

 


一般社団法人アスバシでは、社会体験の機会をより多くの子どもたちに提供するためにインターンシップの推進を行ってきました。学校と企業をつなぐ役割を担う事業を通して得たノウハウを活用し、生徒を送り出す学校側、採用及び人材育成を行っていく企業側の双方の課題を解決する事業となります。これまでの高卒就職と異なる点は、高卒で働き始めた後に、OJT等の社内研修のみならず、「高卒プロキャリアカレッジ」を4年間企業の負担で受講することで、より幅広い視野と人脈、問題解決スキルなどを身に着けていくことです。また、それと同時に高卒就職の早期離職も防止する効果も狙います。産業界と連携することで、これまで大卒を採用していた企業も、高卒を採用し中核人材へと育てられる環境づくりをサポートしていきます。この事業の説明会を12月11日(月)に行う予定です。関心のある企業の参加を募集しています。

 

<高卒プロキャリア事業説明会>
日時: 12月11日(月)15時~17時 その後、個別相談会
場所: ウインクあいち 1206会議室
内容: 高卒プロキャリアプラットフォームについての説明会
対象: 高卒採用を検討されている企業の経営者や人事担当者
    高校生のインターンシップ受入を検討されている企業関係者
    社内の人材育成及び社内風土、組織等の改善を検討されている企業関係者など
ゲスト:小山邦彦(社労士法人名南経営相談役)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人アスバシ >
  3. 新卒・若者の採用と定着の新しい形「高卒プロフェッショナルキャリア」事業