マルト水産、カンブライトが新食材「牡蠣みそ」を共同開発

~11月23日「牡蠣の日」に新商品発表記者会見を開催~

株式会社マルト水産(本社:広島、代表:小久保 公博、以下 マルト水産)と株式会社カンブライト(本社:京都、代表:井上 和馬、以下 カンブライト)は、これまでにない新たな食材「牡蠣みそ」を共同開発し、牡蠣の日である2017 年11 月23 日より販売開始。同日にURGE グランフロント大阪にて新商品発表イベントを開催いたします。ご多忙の折恐縮ですが、是非報道皆様のご協力をお願い申し上げます。

イベント概要
日 時:2017 年11 月23 日(木)開催19:00 ‒ 21:00
会 場:URGE グランフロント大阪
(大阪市北区大深町3 番1 号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル3F)
人 数:一般50名、報道関係者20名
内 容:19:00 ‒ 19:45:オープニングセレモニー & 蒸し牡蠣料理試食
    19:45 ‒ 20:15:「牡蠣みそ」発表 & 記者会見
    20:15 ‒ 20:45:トークショー(ゲスト予定)
    20:45 ‒ 21:00:特別プレゼント抽選会
申込ページはこちら:http://ptix.at/KIeBSk

開発の背景
マルト水産は特許製法により旬の美味しさを一年中楽しむことができる冷凍蒸し牡蠣「珠せいろ」(内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞、広島県知事賞を受賞)の製造、販売を行ってきました。カンブライトは食品開発の小規模加工場を保有し、6 次産業化支援などの新たな加工食品の開発を行なっており、「珠せいろ」を使用した海外展開戦略商品として、共同開発をスタートさせました。

牡蠣みその特徴
磯の風味と牡蠣の旨みが驚くほど口いっぱいに広がります。これまでにない牡蠣の新たな魅力を発見した奇跡の新食材です。蟹みそのような味わいから「牡蠣みそ」と名付けました。真空高圧調理をすることで一年中常温での保管や流通が可能で、いつでもどこでも安心安全に牡蠣の美味しさと栄養を得ることができます。白ワインや日本酒との相性がよく、そのままでも美味しい、ペースト状になっていることから、様々な料理にも活用できホームパーティを短時間で華やかなに彩ることが可能です。

イベントの趣旨
11 月23 日の牡蠣の日に、蒸し牡蠣「珠せいろ」を、お料理と共にご紹介させていただき、新商品「牡蠣みそ」の新発売リリースイベント。報道関係者の皆様をご招待して記者会見を開催させていただきたいと存じます。10 種類ほどのお料理に1 ドリンク、新商品「牡蠣みそ」のお土産も付いておりますので、是非ご参加をよろしくお願いいたします。

プレスリリースPDF資料
https://prtimes.jp/a/?f=d29921-20171115-6800.pdf
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カンブライト >
  3. マルト水産、カンブライトが新食材「牡蠣みそ」を共同開発