東京五輪のメダル獲得に向けて準備万端!セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会が設立

2018年9月9日(日)~16日(日)に神奈川県江の島で開催される、「セーリングワールドカップ」第1戦に向けて、セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会(所在地:神奈川県横浜市金沢区幸浦1丁目2番3号 横浜港木造倉庫㈱内、委員長 末木創造)の設立総会および記者会見が11月14日(火)に江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市)で開催されました。
実行委員会の名誉会長である黒岩祐治 神奈川県知事は、「『セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会』は、オリンピックに向けてのテスト的な大会という位置づけになる。選手の皆様には、実際の競技海面でレースに臨んでいただいて、その感触をじっくり味わっていただく。お迎えする我々も、オリンピック大会の時に完璧な形でお迎えできるように、準備をしっかり整えていく。最高のワールドカップにして、最高のオリンピック大会に結びつけていきたい」と意気込みを語りました。

 実行委員会の会長である河野博文日本セーリング連盟会長も、「ワールドカップを招致した目的は、日本の選手に、日本に居ながらにして、世界の最高峰の選手と真剣勝負をする機会を多く設けることです。これは東京五輪でのメダル獲得に向けて、重要な戦略の一環です。今年は江の島の準備の都合もありまして、蒲郡で開催しましたが、日本選手が5つのメダルを獲得するという画期的な結果が得られました。私どもの狙いどおり、あるいはそれ以上の結果が出たと思っております。来年から江の島で開催されるワールドカップは、オリンピックの準備大会という位置づけになります。皆様のご支援を得て、準備を加速していきたい」と成果と抱負を語りました。











実行委員会の名誉副会長である鈴木恒夫 藤沢市長と山梨崇仁 葉山町長も、「オリンピックの成功を目指すためには、ワールドカップの3年間、おもてなしの準備をしっかり整え、思い出に残る大会にしていきたい」(鈴木市長)、「相模湾という同じ海を中心としたメンバーの一つとして、皆さんと一緒になってオリンピックを盛り上げていきたい」(山梨町長)と全面的な協力態勢を誓いました。

大会への出場が予定されている470級女子日本代表の吉田愛/吉岡美帆は、「ワールドカップが私たちのホームポートである江の島で開催されるということで、今からとても楽しみにしています。選手としては、しっかりと成績を残して、より多くの方に関心を持ってもらえるように頑張っていきたい」(吉田選手)、「私たちが日頃、練習している江の島でワールドカップが開催されるということで、私たち自身も見てくれる人たちも一緒に楽しめるようなレースをしたい」(吉岡選手)と来年9月の大会に向けて、豊富を語りました。

 

■セーリング ワールドカップシリーズとは

セーリング ワールドカップシリーズは、ワールドセーリング(国際セーリング連盟)が主催するオリンピック種目の国際大会です。ワールドセーリングが統括するランキング上位者が出場し、世界を転戦しながら1年間に4大会(予定)を行うシリーズレガッタで、総合ポイントによりチャンピオンが決定します。2013 年よりワールドセーリングが主催する大会となっています。日本初開催は、今年10月15日~22日に愛知県蒲郡市の海陽ヨットハーバーで開催された「セーリング ワールドカップシリーズ愛知・蒲郡大会」(2017-2018 シリーズの開幕戦)で、この大会には38カ国・地域から253人の選手が参加しました。来年以降は大会拠点をオリンピック・セーリング競技会場である江の島ヨットハーバーに移し、3 年連続で行われます。2018年は9月9日~16日に行われ、2019年および2020 年の開催スケジュールは、ワールドセーリングおよび関係団体と調整して決まります。競技種目は以下のとおりオリンピック種目10種目、パラリンピック種目1種目(東京パラリンピックではセーリング競技は実施されません)の予定です。

・ 470 級 男子(2 人乗り)
・ 470 級 女子(2 人乗り)
・ 49er 級 男子(2 人乗り)
・ 49erFX 級 女子(2 人乗り)
・ レーザー級 男子(1 人乗り)
・ レーザーラジアル級 女子(1 人乗り)
・ フィン級 男子(1 人乗り)
・ ナクラ17 級 男女混合(2 人乗り)
・ RS:X 級 男子(ウインドサーフィン)
・ RS:X 級 女子(ウインドサーフィン)
・ 2.4mR 級 (パラリンピック種目)


■セーリング ワールドカップシリーズ愛知・蒲郡大会の日本人成績

2017年10月15日~22日に愛知県蒲郡市の豊田自動織機 海陽ヨットハーバーで開催された日本初開催のセーリング ワールドカップシリーズでは、日本人選手が5つのメダルを獲得する活躍を見せました。 江の島でも日本人選手の活躍が期待されます。

○ 銀メダル:磯崎 哲也/高柳 彬(470 級男子)
○ 銀メダル:吉田 愛/吉岡 美帆(470 級女子)
○ 銀メダル:大西 富士子(RS:X 級女子)
○ 銅メダル:土居 一斗/木村 直矢(470 級男子)
○ 銅メダル:原田 小夜子/永松 瀬羅(49erFX 級)

 
■日の丸セーラーズ(日本代表メンバー)の主な成績

470 級男子      
[磯崎 哲也/高柳 彬]
2017 年プリンセスソフィア杯* 優勝 *スペインで開催されるヨーロッパの主要大会
2017 年SWC シリーズ マイアミ大会 準優勝
2017 年SWC シリーズ 愛知・蒲郡大会 準優勝
磯崎 哲也:埼玉県出身 25 歳 (株)エス・ピー・ネットワーク所属
高柳 彬:石川県出身 22 歳 日本経済大学在学中
[土居 一斗/木村 直矢]
2017 年SWCシリーズ 愛知・蒲郡大会 3 位
土居 一斗:長野県出身 25 歳 アビームコンサルティング(株)所属 リオ五輪代表
木村 直矢:茨城県出身 22 歳 日本大学在学中
[高山 大智/今村 公彦]
2017 年江の島オリンピックウィーク* 準優勝 *日本国内開催のグレード2 国際大会
高山 大智:大分県出身 19 歳 日本大学在学中
今村 公彦:鹿児島県出身 33 歳 ヤマハセーリングチーム所属 リオ五輪代表

470 級女子
 [吉田 愛/吉岡 美帆]
2017 年SWC シリーズ 愛知・蒲郡大会 準優勝
吉田 愛:神奈川県出身 37 歳 (株)ベネッセホールディングス所属 北京五輪、ロンドン五輪、リオ五輪代表(リオ五輪5 位) 一児の母
吉岡 美帆:広島県出身 27 歳 (株)ベネッセホールディングス所属 リオ五輪代表(リオ五輪5 位)

レーザーラジアル 級
[土居 愛実]
2017 年デルタロイドレガッタ* 優勝 *オランダで開催されるヨーロッパの主要大会
2017 年レーザーラジアル世界選手権大会3 位
土居 愛実:神奈川県出身 24 歳 アビームコンサルティング(株)所属 ロンドン五輪、リオ五輪代表
 
49erFX 級
[原田 小夜子/永松 瀬羅]
2017 年SWC シリーズ 愛知・蒲郡大会 3 位
原田 小夜子:長崎県出身 29 歳 (株)豊田自動織機所属
永松 瀬羅:大分県出身 23 歳 (株)豊田自動織機所属
 
RS:X 級男子
[冨澤 慎]
2017 年江の島オリンピックウィーク 3 位
冨澤 慎:新潟県出身 33 歳 トヨタ自動車東日本(株)所属 北京五輪、ロンドン五輪、リオ五輪代表



セーリング日本代表「日の丸セーラーズ」オフィシャルパートナー
ヤマハ発動機/プルデンシャル生命保険/セコム/ECC/triple a 出版/LUXURY CARD/ヤンマー/インフォメーション・ディベロプメント/東日本旅客鉄道/京浜急行電鉄/小田急電鉄

「日の丸セーラーズ」サポーティングメンバー(PR)

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会 >
  3. 東京五輪のメダル獲得に向けて準備万端!セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会が設立