ゴルフウェアブランドRusselunoとフランスの大手電子タバコメーカーJ WELLによるスマート電子タバコプロダクト《Bo Vaping》がコラボレーション

ゴルフウエアブランドと電子タバコメーカーによる異例のコラボレーション

“ゴルフウェアの概念を180°変える”をコンセプトに商品を展開するゴルフウェアブランド「Russeluno」とフランスの大手電子タバコメーカーJ WELLによるスマート電子タバコプロダクト《Bo Vaping》のコラボレーションが再び。

遊び心のある斬新かつドラスティックなデザインで人気のゴルフウェアブランド「Russeluno(ラッセルノ)」と電子タバコのスタイルを一新させスマートな外観からは想像できない存在感を放つ「Bo Vaping(ボーベイピング)」がゴルフとVAPEの垣根を超えてコラボレーションし、10月9日の「Russeluno 14 Strings vol.2」にてイベント限定販売されたプロダクト『Bo ONE  Russeluno Limited Edition』が12月15日より全国のRusseluno直営店とRusseluno ONLINE STORE及びJ WELL ONLINE STOREにて再販売が開始されます。

Bo ONE  Russeluno Limited Editionは通常のBo ONEのソリッドな外観とは異なりRusselunoデザインを本体とパッケージに完全に落とし込んだ特別仕様。
アーバンカモフラージュとゴルフコースを融合させたRusselunoならではのデザイン。

ゴルフという観点から「電子タバコ」というチョイスをした、Russelunoの環境に対する問題意識の高さと、喫煙大国であるフランスから世界の電子タバコシーンを牽引するJ WELLのタッグはRusselunoユーザーだけではなく、既存の電子タバコデバイスでは満足できないニーズに寄せてアプローチする商品となっております。

 

:商品情報:
Bo Vaping本体商品名:【Bo ONE  Russeluno Limited Edition】 Bo 2CAPS(2フレーバー:GOLD RX , ARCTICAL)付属 ※ニコチン・タール0mg
価格:¥6,500-(税込)

発売日:2017年12月15日(金)

《Russeluno》
日本のストリートで誕生した”ラッセルノ”は独自進化でガラパゴス化した日本のゴルフシーンに一石を投じるべく展開されるオリジナリティ溢れるウェアラインナップでGOLFウェアーの概念を180度変えるをコンセプトに提案しています。

《J WELL》
Vape誕生により変革期を迎えた昨今の喫煙文化のシーンの中でわずか3年未満でフランス国内フランチャイズ店156店舗、国際市場(ヨーロッパ・北アフリカ・北米・アジアの約15カ国)の約100のパートーナーを抱える巨大Vape(ベイプ)カンパニー。
2017年6月にスペインマドリッドアリーナで開催された世界のVapeメーカーが集う大型EXPO[EURO VAPE]にて、数あるVapeメーカーの中でJ Well製品の【Bo Vaping】がデバイス部門最高賞《BEST HARDWARE DEVICE賞》を受賞。

《発売元会社概要》
株式会社スプレッド(J WELL JAPAN)
所在地〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-39-3KMS会館5F

《販売店舗》
Russeluno 札幌:北海道札幌市中央区南1条西1-1 札幌シャンテ2階
Russeluno 東京:東京都西麻布4-4-11 麻布クレセント麻布三共ビル1階
Russeluno 名古屋:愛知県名古屋市中区栄3-25-17 CHIP TOWER 1階
Russeluno 大阪:大阪府大阪市中央区南船場4-7-15 TAG南船場1階
Russeluno 岡山:岡山県岡山市北区表町2-2-64
Russeluno 福岡:福岡県福岡市中央区大手門1-3-17 エステートモア大手門1階
Russeluno 鹿児島:鹿児島県鹿児島市易居町6-40

《販売サイト》
J WELL OFICIAL STORE  http://store.j-well.jp/
Russeluno ONLINE STORE  http://russeluno.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スプレッド >
  3. ゴルフウェアブランドRusselunoとフランスの大手電子タバコメーカーJ WELLによるスマート電子タバコプロダクト《Bo Vaping》がコラボレーション