白馬八方尾根スキー場 ~老舗スキー場が超々高齢化社会に挑む~  人生100年時代のスキーメソッド プレミアム100活セミナー開催

スキー革命★100歳への発進 提唱者:山根二郎 2018年1月17日(水)白馬東急ホテルにて

100歳を超えて生きる時代、健康のまま歳を重ねるにはどうすべきか、そのステージに立った時自分は何をするのか目指すのか…。
白馬八方尾根スキー場では人生100年時代に向けた取り組みが2016年からスタート。
セパレートコースの中を「前に滑っている人を絶対に追い抜かない」というルールのもと滑走する「100活ゲレンデ」は安心・安全のコースでケガに悩まされない生涯現役活動をサポートしている。
今回の「スキー革命★100歳への発進」セミナーは、スキーが武道のような奥深さ持つことにより、大自然と向き合いながら無理なく続けられる、いわゆる生涯スポーツへの「意識改革」です。
スキーこそ生涯スポーツ、長く現役生活を続けるためのサポートを白馬八方尾根は実践します。

政府が掲げる「人生100年時代構想」2007年生まれが107歳まで生きる時代がすでに始まっている。
健康のまま歳を重ねるにはどうすべきか、そのステージに立った時自分は何をするのか目指すのか…。
すでに白馬八方尾根スキー場では人生100年時代に向けた取り組みが行われており、2016年からスタートした100活ゲレンデでは、セパレートコースの中を「前に滑っている人を絶対に追い抜かない」というルールのもと滑走、いわゆる安心・安全のコースでケガに悩まされない生涯現役活動をサポートしている。昨年は延べ5万6千人のお客様が利用されました。

本題の「スキー革命★100歳への発進」は、スキーというスポーツを生涯スポーツと捉え、継続的に実践するための思考と思想の構築を意味しています。過酷な大自然の中、心身を鍛え、身体内部の隅々に至るまで意識を張り巡らせることで、武道のような奥深さもってスキーを生涯続けようというものです。

これからのスポーツ需要は大きく減少し、誰もが同一線上に熱狂したブームは二度と日の目を見ません。少子高齢化の中、スキーをはじめすべての観光や産業が市場縮小を経験するでしょう。その結果として、需要減を補完すべく高品質高単価のサイクルを生み出していくことになります。しかしながら基本に立ち返ると、この作用にプラスして顧客が長い消費サイクルの中心にあり続けてこそ事業が成立するのだろうと考えます。

 本気で若年層を将来の継続的な顧客に迎えるためには、長く現役生活を続けるためのサポートを今からしっかりと行っていくことが大切です。現在の高齢者が安心・安全にスキーを楽しむことは勿論、継続には生涯にわたる学びが重要と捉え、次世代のスキーヤーのためにスキーへの向き合い方そのものを新たな観点から提唱します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八方尾根開発株式会社 >
  3. 白馬八方尾根スキー場 ~老舗スキー場が超々高齢化社会に挑む~  人生100年時代のスキーメソッド プレミアム100活セミナー開催