仮想通貨の安全管理のためのウォレットアプリ「Ginco」を開発する株式会社Gincoが、グローバル・ブレイン株式会社より1.5億円の資金調達を決定

仮想通貨の安全管理への需要の高まりか、サイトリリース後わずか一日で事前登録者数1,000人を突破

株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森川夢佑斗、以下Ginco)は、スマホで安全に仮想通貨を管理できるウォレットアプリケーション「Ginco」のリリースとマーケティング展開のためグローバル・ブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本安彦)が運営するグローバル・ブレイン 6号投資事業有限責任組合(以下、GB6号ファンド)から総額約1.5億円の資金調達を決定いたしましたのでお知らせ致します。


■株式会社Gincoについて
株式会社Gincoは、ブロックチェーン時代の新しい価値取引を実現する銀行を目指す会社で、スマホで安全に仮想通貨を管理できるクライアント型ウォレット「Ginco」を提供しています。「ブロックチェーン入門」の執筆者でもある代表 森川夢佑斗をはじめとした、仮想通貨の理解に必要なブロックチェーン技術に関する知識が豊富なメンバーで構成されています。

昨年から国内においてもビットコインをはじめとする仮想通貨に大きな注目が集まり、仮想通貨の取引量ならびに保有者が急増しました。しかし、その多くが資産の大半をハッキングリスクの高い仮想通貨取引所に預けたままで、安全に資産を管理できるクライアント型ウォレットサービスの利用率が欧米諸国に比べて低いという現状があります。
 

GincoメインビジュアルGincoメインビジュアル

そのような背景のもと、私たちは、誰でもスマホで安全に仮想通貨を管理できるクライアント型ウォレット「Ginco」を開発しています。2月初旬にEthereum(イーサリアム)の基軸通貨であるETH(イーサ)に対応したβ版のリリースを予定しております。その後のアップデートで、ERC20やBTC、BCHそしてXRPなどに順次対応していきます。
 

事前登録開始から一日で1,000人突破事前登録開始から一日で1,000人突破

事前登録を開始後、一日で1,000人以上の方がご登録いただくなど仮想通貨の安全管理に対しての需要が高まっていることが伺えます。

Gincoの事前登録はこちら(https://ginco.io

■資金調達の目的について
株式会社Gincoは、ブロックチェーン時代の新しい価値取引を実現する銀行を目指しています。そのため、仮想通貨を利用している世界中の人に、快適なクライアント型ウォレット「Ginco」をご利用していただきたいと考えております。

今回の資金調達によって、グローバルなマーケティングの実施準備およびブロックチェーン技術に精通した開発者の積極採用と育成を行なってまいります。

■グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役 百合本安彦氏からのコメント

左からグローバル・ブレイン株式会社 百合本氏と株式会社Ginco 森川氏左からグローバル・ブレイン株式会社 百合本氏と株式会社Ginco 森川氏

ブロックチェーンによって実現可能になった非中央集権化は、既存産業の在り方を変えうる可能性を秘めております。非中央集権化された世界において、シンプルかつ安全に仮想通貨を管理できるようにしていくのは重要な課題です。

Gincoはクライアント型モバイルウォレットという、従来のウォレットと比べてセキュリティ・ユーザビリティが優れたウォレットを開発しております。グローバル・ブレインは、森川氏率いるGincoの皆さんには、非常に期待をしており、創業当初からご支援・ご協力申し上げてきましたが、今後も、Gincoが大きな事業を展開できるようサポートして参ります。

<会社概要>
社名:株式会社Ginco
代表者:代表取締役 森川夢佑斗
事業内容:仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」の企画・開発・運用
URL:https://ginco.io
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Ginco >
  3. 仮想通貨の安全管理のためのウォレットアプリ「Ginco」を開発する株式会社Gincoが、グローバル・ブレイン株式会社より1.5億円の資金調達を決定