実際カードと 結合された新しい仮想通貨クレセントコイン 発売

全世界に第四次産業革命に関したニュースが毎日配信されている中、その四次産業革命の先頭技術ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨事業が注目を浴びている。その中で、シンガポールでは、今までなかった新しい仮想通貨が来月ICOを控えている。

 


            <CDCとコインプラットフォームの循環図>

 

シンガポールのクレセントコインが来月 ICOを目標にして準備するのクレセントドーネーション コインは韓国互換交通カード関連企業Braincoreと銀行のカードにCDCを搭載して、実際の経済にも使用可能なコインプラットフォームを適用することに合意した。

 

CDCはカードと同時使用可能であり、実際、経済にも適用可能である。即ち、CDCを搭載したカードを使用することで、リアルタイムでOn/Off Line関係なく決済、現金化すりこともできる。さらに、使用者の手数料の一部を自動的に寄付される機能を導入した。

 

一方、CDCは中国のOKO Martと海外進出協約するなど、事業活性化に凝っている。先月には韓国の美術登録協会のワールドアートバンクと協議してCDCの安全性, 信頼性と兌換可能性を増した。

 

最近、仮想通貨投資ブームの過熱の懸念があったけど、業界はCDCの歩みを注目されている。クレセントコインの関係者は「透明な寄付文化の拡散と、より便利な寄付環境を作る為に準備中のCDCは全世界の疎外されて古くて使いづらい場所に住んでいるのみんなへ新しい希望を与えそうだと確信します。 それに特定の宗教団体活性化を為に力を入れています。」と語した。

発売を一ヵ月控えて、CDCはSNSで様々なプロモーションを準備しでいる。

詳しくは CDCの Web http://www.crescentcoin.org にある。


お問い合わせ: admin@crescentcoin.org
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Crescent Coin Pte. Ltd. >
  3. 実際カードと 結合された新しい仮想通貨クレセントコイン 発売