一般社団法人CIBER設立のお知らせ、ならびにCIBER-ISBER提携のお知らせ

ISBERの日本カウンターパートとして、バイオバンキング事業の国際連携を促進します。


2018年4月4日
プレスリリース

 この度、バイオバンキング事業促進を目的に「一般社団法人 日本生物資源産業利用協議会(略称CIBER、読み:サイバー)」を設立しましたので、お知らせいたします。また、CIBERは、バイオバンキング事業の代表的国際機関ISBER(INTERNATIONAL SOCIETY FOR BIOLOGICAL AND ENVIRONMENTAL REPOSITORIES)と提携いたしましたので、合わせてお知らせいたします。

CIBERはISBERの事業モデルを鑑として、日本のバイオバンキング事業発展のために、主としてユーザー側の立場から提言することのできる団体活動を目指しています。国際標準に照らしたビジネスモデルが展開できるよう事業を促進してまいります。

CIBERは、ISBERとの事業提携の第一弾として、ISBERの発行する「ベストプラクティス第4版」の日本語翻訳版を提供する権利を得ました。同ベストプラクティスは、医療現場等で生物試料(生体サンプル)ならびに附随データを収集・保管・分譲(頒布)する際の品質管理のためのガイダンスとなるものです。CIBERとISBERは、今後、事業提携の内容を一層強化し、共同でワークショップを開催する他、種々多岐にわたる協力を行うことになります。

CIBERホームページ:https://ciber.or.jp/
ISBERホームページ:www.isber.org
 

 

 

団体名: 一般社団法人日本生物資源産業利用協議会
英語名称: Council for Industrial use of Biological and Environmental Repositories
(CIBER)
所在地: 東京都千代田区麹町2丁目4番10号 三誠堂ビル6階 
バイオチップコンソーシアム(JMAC) 気付
設立年月日: 2018年1月22日
代表理事: 古田 耕
事業内容: バイオバンキング事業に関する調査研究、
標準化、会誌・調査報告の発行、
講演会・セミナーの開催、
内外関係機関との連絡及び協力

 




本件に関するお問合せ先:
CIBER事務局 info@ciber.or.jp
担当:池田純子

東京都千代田区麹町2丁目4番10号 三誠堂ビル6階
特定非営利活動法人 バイオチップコンソーシアム(JMAC) 気付
電話:03-6261-1947
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CIBER >
  3. 一般社団法人CIBER設立のお知らせ、ならびにCIBER-ISBER提携のお知らせ