全国の在宅医療ドクターとナースの負担を軽減!夜間・休日〜 24時間365日対応の在宅診療クリニックを支援

受付電話の代行システム「メディカル・サポート」サービス開始

高齢者世帯の安否確認を自動音声でかける「まごころ電話」サービスを行う株式会社あんしんサポート(本社:福岡県福岡市、代表取締役:古賀 功一)は、夜間・休日受付電話の代行システム「メディカル・サポート」の運用を2018年4月より開始いたします。

【メディカル・サポート】 https://anshin-senior.com/medical.html

本サービスは、診療を必要とする患者や家族からの緊急連絡および訪問看護ステーション、調剤薬局などからの連絡に対し、医師に代わって当社コンタクトセンターの専門相談員が一次対応を行うものです。頻回な電話対応の切り分け作業を行い、不要不急の内容は翌日報告。看護師の方にも同様ご対応を実施、医療機関における担当医と看護師の負担軽減を目的としています。

 

 

平成28年度、全国の在宅療養支援診療所1万4,562か所の管理者に当社が調査を行った結果、『医師が在宅医療を業として継続するにあたっての課題』について回答した人のうちの約8割近い診療所が 「24時間対応の困難さ」(75.3%)を挙げていることがわかりました。※

調査結果からもわかるように、24時間365日対応する在宅診療医は、患者の病状が不安定だったり、家族が不安を訴えているときには、頻回な電話対応を余儀なくされ、幾度となく往診が必要となります。つまり、患者や家族の動揺が、医師の生活を脅かすほどの密着した関係ともいえるのです。しかし、すべての電話対応を行うことにも限界があります。そこで、電話の一時対応(平日の夜間・土日祝日の24時間)を行い、在宅診療医や看護師の負担を軽減するサービスを実施。当社の「メディカル・サポート」の導入で、ますますニーズが高まることが予想される在宅診療が円滑に進めばと思います。          
※勇美記念財団調べ http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/
 

「メディカル・サポート」 コンタクトセンターの特徴とご利用の流れ
コンタクトセンターのオペレーター(看護師など)は、「在宅医療機関名」で受付を行うため、患者様はコンタクトセンターを意識する事はございません。つまり、これまで夜間・休診日の緊急連絡先を院内電話から医師に転送している場合には、転送先をコンタクトセンターに変更するだけでご利用頂くことが可能となります。「強化型在宅療養支援診療所」の体制を構築する際、コンタクトセンターをご利用いただく事で一本化することができます。


■「メディカル・サポート」概要と導入までの流れ

 

1.医療機関様の現状のお悩みをヒヤリング
2.料金プランのご提案
3.患者様情報の受け渡し方法を決定
4.契約
5.患者様情報及びクリニック情報登録
6.サービス開始
 

 


安心のバックアップ

1.プライバシーマーク

2.事業活動包括保険加入

・コンタクトセンターでの業務全般に対する保険

・個人情報漏えいに関する保険

 

 


【会社概要】

会社名:株式会社あんしんサポート
所在地:〒814-0134 福岡県福岡市城南区飯倉1-6-25
代表取締役:古賀 功一
設立:2017年5月12日
事業内容:メディカルサポート事業 / 高齢者見守りサービス事業(シニアサポート)/
自治体向け緊急通報システム事業 / コールセンター事業


【お客様からのお問い合わせ先】

株式会社あんしんサポート
フリーダイヤル:0120-34-1881
TEL:092-843-1881 
受付時間:平日9:00~17:00(土日祝を除く)
※注意 フリーダイヤル受付時間は上記と同じ受付時間となります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. あんしんサポート >
  3. 全国の在宅医療ドクターとナースの負担を軽減!夜間・休日〜 24時間365日対応の在宅診療クリニックを支援