怖くない!痛くない!「BiPSEE歯科VR」、東京23区内でパートナー歯科医院を募集

子供から大人まで、笑顔で終われる歯科治療を実現

株式会社BiPSEE(東京都渋谷区、代表取締役 松村雅代)は、2018年5月8日より、「BiPSEE歯科VR」のブラッシュアップに協力頂けるパートナー歯科医院の募集を開始します。対象は東京23区内の20歯科医院。2か月間の無料体験を通じ、「患者さんの不安を軽減し、治そうとする力を引き出す歯科治療」を広めていきます。
 

 

「BiPSEE歯科VR」は、歯の治療中に患者さんが装着するVRサービス。ゴーグルで視界が遮断され、動画に集中することで患者さんの痛みと不安を和らげます。姿勢誘導技術(特許出願中)により治療に最適な姿勢を保つことができるため、歯医者さんにも好評なVRツールです。2017年にリリースしたβ版は、10歯科医院で導入されました。アンケートでは、96%のお子さんが“歯医者さん、楽しかった!”と答えています。

BiPSEE URL https://www.bipsee.co.jp/

■こどもの治療の様子

 


■歯科医師インタビュー

 

「BiPSEE歯科VR」開発のきっかけは、小さなお子さんの歯科治療をトラウマにしたくない、という歯科医師の思いでした。お子さんは不安・怖れが強い上に言葉でのコミュニケーションが難しく、身体抑制(複数のスタッフがお子さんの身体を押さえつける)が選択されることもあります。本人はもちろん、親御さんにとっても歯科医師・スタッフにとっても大変つらいものです。

心療内科医である代表の松村にとって、歯科治療に対する不安の軽減は馴染みのある分野でした。心療内科は心身医学(身体だけではなく心理的社会的側面から症状を診る)を基盤とした内科。心身医学は歯科・小児科等でも実践されているアプローチです。治療を繰り返しても治らないかみ合わせの違和感や、原因不明の歯の痛み等で歯科医師と連携した経験がありました。

大切にしたことは3点です。
  1. 単に動画を見ることで気を紛らわせるのではなく、姿勢誘導技術(特許出願中)を用いて、無理なく正しい姿勢をキープできるようにする。
  2. 歯科治療が可能になる3歳のお子さんも使えるよう、斜視のリスクが懸念される3Dではなく安全な2Dの動画を用いる。
  3. スタンプ機能(画面上にイラストやメッセージを表示する機能)を活用し、治療中のコミュニケーションをサポートする。  

β版を使ったパイロットスタディで、お子さんからも保護者からも高い評価を頂きました。
(アンケート協力: 医療法人 光惠会、あくつ歯科医院、下馬デンタルクリニック)

 

試験的に大人の治療にも歯科VRを導入したところ、緊張感が和らぐと好評でした。
(アンケート協力: 下馬デンタルクリニック)
 

 


2018年7月に本格的なサービス提供開始を予定しています。今回募集するパートナー歯科医院と協力して使い方やニーズの検証を進め、一層使いやすいサービスへと進化させていきます。BiPSEE歯科VRは、みんなに優しい、より快適な歯科治療を実現します。

BiPSEEは、「VRでひと本来が持っている『力』を引き出し、高める」ことを実現する医療VR企業です。心身医学を基盤に、まず歯科分野から「こころの領域」へのアプローチを始めています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BiPSEE >
  3. 怖くない!痛くない!「BiPSEE歯科VR」、東京23区内でパートナー歯科医院を募集