niconico×ダ・ヴィンチ「次にくるマンガ大賞2018」作品エントリー開始

紙もWebも、みんなのエントリー&投票で「次にくるマンガ」が決まる!

株式会社トリスタ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋場一郎)が運営する日本最大級のWebマンガサービス「ニコニコ漫画」と、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)が発行する本とコミックの情報誌「ダ・ヴィンチ」は、共同で開催する「次にくるマンガ大賞2018」の作品エントリーの受付を5月18日(金)より開始しました。
●ユーザー参加型のマンガ賞
「次にくるマンガ大賞」は、すべてのマンガファンによる推薦と投票を通して、“次にブレイクしそうなマンガ”を発掘し紹介することを目的としています。
同賞は一般ユーザーからエントリーされた作品の中から、コミックス部門50作品、Webマンガ部門50作品をノミネート作品として選出し、6月22日(金)よりユーザー投票によって、両部門の大賞作品やランキングを決定します。

「次にくるマンガ大賞2018」企画概要
ユーザーから「次にくる」と思うマンガを推薦してもらい(エントリー)、エントリーされた作品から“次にくるマンガ大賞運営委員”で候補作品を選定(ノミネート)。ノミネートされた作品を対象に、改めてユーザーの投票を受け付け、大賞を決定します。

【公式サイト】
http://tsugimanga.jp/

【エントリー方法】
受付期間:2018年5月18日(金)11:00 ~ 6月1日(金)11:00
エントリー方法:「次にくるマンガ大賞2018」公式サイトからエントリー
エントリー作品数:コミックス部門5作品 / Webマンガ部門5作品

【募集部門&エントリー条件】
・コミックス部門
 -2018年5月18日(金)時点でシリーズ既刊が5巻以内のマンガ作品が対象

・Webマンガ部門
 -2018年5月18日(金)時点でWebをメイン媒体として連載しているマンガ作品が対象
 -ジャンルは不問。ただしオリジナル作品に限る(2次創作、成年指定作品は対象外)
 -すでに書籍化されている場合、シリーズ既刊が5巻以内の作品に限る

【今後の予定】
ユーザー投票開始:2018年6月22日(金)
ユーザー投票〆切:2018年7月6日(金)
結果発表:2018年8月下旬
雑誌『ダ・ヴィンチ』で両部門のランキング掲載:2018年9月6日(木)

●第3回「次にくるマンガ大賞」受賞作品
エントリー作品数2,140件、投票数154,060票の中からランクインした作品です。

【コミックス部門】
1位『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(赤坂アカ/週刊ヤングジャンプ)
2位『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか/週刊少年ジャンプ)
3位『私の少年』(高野ひと深/月刊アクション)
4位『やがて君になる』(中谷鳰/月刊コミック電撃大王)
5位『転生したらスライムだった件』(原作:伏瀬 漫画:川上泰樹/月刊少年シリウス)


【Webマンガ部門】
1位『うらみちお兄さん』(久世岳/comic POOL)
2位『妄想テレパシー』(NOBEL/ツイ4)
3位『青のフラッグ』(KAITO/少年ジャンプ+)
4位『サトコとナダ』(ユペチカ/ツイ4)
5位『彼方のアストラ』(篠原健太/少年ジャンプ+)

※第3回「次にくるマンガ大賞」の結果詳細:http://tsugimanga.jp/winner/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トリスタ >
  3. niconico×ダ・ヴィンチ「次にくるマンガ大賞2018」作品エントリー開始