JR東日本スタートアップ株式会社“初”出資案件は「移動」と「健康」!akippa株式会社と株式会社バックテックへの出資について

 

 JR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柴田裕)は、akippa株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:金谷元気)、株式会社バックテック(本社:京都府京都市、代表取締役社長:福谷直人)の2社に出資いたしました。今回の投資は、2018年2月に当社が設立して以来、初めての出資案件です。

 akippa株式会社は、ライドシェアなどの次世代の移動サービス「MaaS」(Mobility as a Service:マース)を軸としたモビリティプラットフォーム構築を目指し、駐車場のシェアリングサービス「akippa」を展開しています。株式会社バックテックは、医療とテクノロジーの融合による健康な社会の実現を目指し、腰痛対策アプリ「ポケットセラピスト」を展開しています。
 当社は、今後ともスタートアップ企業のアイデアや技術と、JR東日本グループの経営資源をつなぎ、夢をカタチにしてまいります。​

1.akippa株式会社

会社概要

連携内容
・2018年3月より、JR東日本グループが保有する駐車場の一部において、駐車場予約アプリ「akippa」による貸し出しを開始しています。
・順次エリアと台数を拡大するとともに、移動を軸とした連携をさらに進めていきます。
出資目的
・シェアリングサービスとの連携により、JR東日本グループの持つリアルなインフラのさらなる活用を進め、沿線・地域社会の利便性や魅力の向上を推進します。
・日常生活や観光など様々な移動において、鉄道と2次交通とのシームレスな連携を実現し、新たなモビリティサービスの構築に挑戦していきます。
 

akippaサービスイメージakippaサービスイメージ

 

貸し出し駐車場イメージ貸し出し駐車場イメージ


2.株式会社バックテック

会社概要

連携内容
・京都大学大学院医学研究科発のスタートアップ企業として「JR東日本スタートアッププログラム」で採択され、JR東日本グループと連携した実証実験を行っています。
・JR東日本グループのフィットネス施設と連携した腰痛対策プログラム「こしケアプログラム」を構築するとともに、健康を軸とした連携をさらに進めていきます。
出資目的
・社会課題である「健康」の向上に取組み、健康経営の推進を通じた生産性向上や、健康なくらしづくりの形成に貢献していきます。
・JR東日本が持つリアルなインフラと大学の研究成果あるいは大学発スタートアップとの連携を通じて、産学連携によるイノベーションの創発に貢献していきます。
 

「こしケアプログラム」「こしケアプログラム」

 

「ポケットセラピスト」「ポケットセラピスト」


JR東日本スタートアップ株式会社について
JR東日本スタートアップ株式会社は、JR東日本グループとスタートアップ企業との共創を推進するコーポレートベンチャーキャピタルです。

所在地: 東京都渋谷区(東日本旅客鉄道株式会社本社内)
代表者: 代表取締役社長 柴田 裕
株 主: 東日本旅客鉄道株式会社(100%)
設立日: 2018年2月20日
出資枠: 50億円
連絡先: E-mail  info@jrestartup.co.jp
               ホームページ  http://www.jrestartup.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR東日本スタートアップ株式会社 >
  3. JR東日本スタートアップ株式会社“初”出資案件は「移動」と「健康」!akippa株式会社と株式会社バックテックへの出資について