環境省グッドライフ☆カンファレンス開催 未来をつくる地域循環共生圏 ー実は、あなたの活動、環境大臣賞候補ですー

第7回 環境省グッドライフアワード募集開始!そのキックオフイベントとして、6月25日(火)渋谷ヒカリエで、グッドライフ☆カンファレンスを開催します。

特別ゲストに迎えるのは、未来ビジョン宣言とともに新ブランドZENBを立ち上げた「ミツカン」、お寺の“おそなえ”を“おさがり”として困窮家庭に“おすそわけ”する「おてらおやつクラブ」。また、実行委員会からは「エシカル協会」代表理事の末吉里花氏、「オルタナ」編集長の森摂氏が登壇します。
さらに、未来をつくるグッドライフな取組を「環境大臣賞」として表彰する、グッドライフアワードへの応募のポイントをご紹介。企業、自治体、学校、NPO、個人など、どなたでもエントリー可能ですので、応募をご検討の方はお気軽にお越しください。

▼オープニングトーク 「地域循環共生圏の実現に向けて」
中井 徳太郎(環境省 総合環境政策統括官)

▼ゲストトーク 「ゲスト登壇者からグッドライフの現場を学ぶ」

【人と社会と地球の健康を実現するZENBプロジェクト】
石垣 浩司氏 (株式会社 MizkanHodings 常務執行役員 新規事業開発担当)
 



【お寺の“おそなえ”を“おさがり”として“おすそわけ”】
福井 良應氏 (おてらおやつクラブ マーケティング・寄付相談担当)第6回環境大臣賞優秀賞受賞
 



▼実行委員トーク グッドライフアワード実行委員から最新アジェンダをご紹介
【エシカル×グッドライフ】
末吉 里花委員(一般社団法人エシカル協会 代表理事)
 



【SDGsビジネスの最前線】
森 摂(株式会社オルタナ代表取締役社長、「オルタナ」編集長)
 



▼プロデューサートーク
グッドライフアワードの取組事例を解説。さらに、未来をつくるグッドライフな取組を「環境大臣賞」として表彰する、グッドライフアワードへの応募のポイントをご紹介。

谷中 修吾(グッドライフアワード 総合プロデューサー/BBT大学 グローバル経営学科長・教授、BBT大学大学院MBA 教授)
 



グッドライフアワードは、企業、自治体、学校、NPO、個人など、どなたでもエントリー可能ですので、応募をご検討の方はお気軽にお越しください。

<日程>2019年6月25日(火) 18:30開場 19:00開演 ~21:30 交流会終了
<会場>渋谷ヒカリエ 8/COURT
<参加費> 無料  ※要登録/先着順で定員に到達次第締切
<対象> どなたでもご参加いただけます。 環境/社会起業/地方創生などに関心のある方を歓迎します。

▼参加申し込みなど詳しくはこちら https://conference.goodlifeaward.jp/2019-summer
 

グッドライフアワードは、日本発のSDGs構想として環境省が提唱している「地域循環共生圏」の考え方に基づき、地域の活力を最大限に発揮し、環境と社会に良いグラスルーツの活動を応援するプロジェクトです。

未来をつくるグッドライフな取組を「環境大臣賞」として表彰し、ライフスタイルのイノベーションを目指します。

 


 

今年度の第7回グッドライフアワードの募集期間は6月上旬から9月下旬となります。
企業、自治体、学校、NPO、個人など、どなたでもエントリー可能です。
応募について、詳しくは、6月上旬以降にグッドライフアワード公式サイトを御覧ください。
http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/

<グッドライフアワード実行委員会>
益田文和 委員長(デザイン・コンサルタント)
大葉ナナコ 委員(公益社団法人 誕生学協会 代表理事)
末吉里花 委員 (一般社団法人 エシカル協会 代表理事)
炭谷茂 委員(社会福祉法人 恩賜財団済生会 理事長)
高橋俊宏 委員(株式会社ディスカバー・ジャパン 取締役 編集長)
中井徳太郎 委員(環境省 総合環境政策統括官)
藤野純一 委員(公益財団法人 地球環境戦略研究機関 上席研究員)
南谷えり子 委員(元 エル・ジャポン 編集長)
森 摂 委員(株式会社オルタナ代表取締役社長、「オルタナ」編集長)
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グッドライフアワード事務局 >
  3. 環境省グッドライフ☆カンファレンス開催 未来をつくる地域循環共生圏 ー実は、あなたの活動、環境大臣賞候補ですー