きもの姿専門のモデルオフィス「劇団きもの」が旗揚げ

ニッポンらしさの演出に。美しいきもの姿をもっとメディアに。

「ニッポンの街にもっときもの姿を」をテーマに様々なPR活動を行なっている、一般社団法人全国きもの街づくり協議会(代表理事:佐藤正樹 公式HP http://wasou.org)はこのほど、きもの姿専門のモデルオフィス「劇団きもの」を旗揚げしました。

SNSの普及、体験型旅行のニーズの増加から、若者や訪日外国人から人気を集めているきもの姿、「ニッポンらしさ」を演出する上でも、2020年に向け、ますます注目され、メディアやイベントなどでニーズが高まると予想されます。そんなニーズに対応するのが「劇団きもの」です。美しいきもの姿が、メディアの映像や画像に増えることにより、消費者のきものへの関心を高めるのも狙いです。現在、専用サイトで登録モデルの無料登録を受付中。きものを自分で着ることができれば、地域、年齢、経験などは一切関係なく登録が可能です。
(劇団きもの公式サイト http://kimono-style-ok.work

日本女性をもっとも輝かせる装いの一つが、きもの姿。特に中高年の方々「劇団きもの」では自主公演も目標に掲げ、「役者」になっていくための「学びの場」も提供していく考えです。


劇団きものHPのトップ劇団きものHPのトップ

劇団きものイメージ劇団きものイメージ

モデルPRシート見本モデルPRシート見本


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全国きもの >
  3. きもの姿専門のモデルオフィス「劇団きもの」が旗揚げ