「本格芋焼酎雲海酒造 木挽BLUE」が「ほぼ無料 」!?8/20(月)~9/24(月祝) 「ほぼ新宿“木挽 BLUE” のれん街 」でフェア開催

ほぼ新宿のれん街全店で木挽 BLUE最初の一杯が1円!!

2017年3月に、8店舗からなる新宿の新名所「ほぼ新宿のれん街」。2008年以降、恵比寿、渋谷と主要な横丁の企画リーシングを前職で担当し、姫路のれん街を創り、街の活性化に一役買った株式会社Good market & shopsの清水暁弘(渋谷区恵比寿南)は、雲海酒造株式会社(本社:宮崎県宮崎市 社長:中島美幸)と連携し、 8/20(月)~9/24(月祝)の約一か月間、ほぼ新宿のれん街の全店で本格芋焼酎「木挽BLUE」が1杯390円で飲める「ほぼ新宿“木挽 BLUE”のれん街」を開催します。期間中は「ほぼ新宿のれん街」が木挽BLUEの装飾で彩られる他、各店で木挽BLUEと合う一品を紹介、さらにほぼ新宿のれん街にちなみ、「ほぼ無料 ウェルカムドリンク1杯1円キャンペーン」が開催され、木挽BLUEファンだけでなく、今まで飲む機会のなかった焼酎初心者の方でも気軽に木挽BLUEに触れられるキャンペーンとなっております。

ほぼ無料0円 ウェルカムドリンク1杯1円キャンペーン 開催概要
●期間:8/20(月)~9/24(月祝)
●全店舗にて開催
①泡包 シャンパンマニア(あわづつみ) ②牛タンいろ葉 別邸
③Spanish Italian Azzurro520 代々木店(アズーロ)
④炭火焼アジアン酒場 アローイ兄弟
⑤代々木 神鶏(しんけい) ⑥貝焼酒場 カイフォルニア
⑦もつ焼とワイン☆キャプテン
⑧うな串 焼鳥 う福 代々木店(うふく)

「ほぼ新宿のれん街」では期間中いつでも、本格芋焼酎「木挽BLUE」が全店舗で「1杯390円」で楽しめるほか、「本サイト・リリース・レッツエンジョイ東京・メトロミニッツなどを見た」と「ほぼ新宿のれん街」の各店舗でご申告いただくと、「最初の1杯が“ほぼ無料”(1杯1円)」で提供されます。
※期間(8/20~9/24まで)
※最初の1杯限定(1店舗につき1人1日1回まで)


「ほぼ新宿“木挽 BLUE”のれん街」とは

 


「ほぼ新宿“木挽 BLUE”のれん街」の場所は新宿と代々木の真ん中。そこに、ぽっかりと時を忘れてしまったかのような一画があり、「昭和」が存在します。その素晴らしい趣のある一画に八軒からなるのれん街です。便利さにいつの間にか人は支配され、窮屈になっている現代人にふっと暖かで、なぜか懐かしさを覚える、気兼ねせずに落ち着ける空間を提供。そこでは、気取らずに飾らずに呑め自分の居場所がある、それこそが実は一番の贅沢なのだと思います。それを実現できる場所でありたいと「ほぼ新宿のれん街」は作られました。今回の木挽BLUEは飲みやすくスッキリとした味わいの芋焼酎で、懐かしくも新しさを感じ、「ほぼ新宿のれん街」の色々な料理にマッチすると思い、今回のキャンペーンを行うこととなりました。各店舗では、木挽BLUEに合う料理をそれぞれご提案しており、店舗ごとの個性と木挽BLUEのペアリングをお楽しみいただけます。


 

 

 

 



木挽BLUEとは


原料は南九州産の厳選された芋、黄金千貫、宮崎・綾の日本有数の照葉樹林が生みだす清らかな水を仕込み水に、宮崎県日向灘で採取した当社独自の酵母「日向灘黒潮酵母」を使用し、綾蔵で熟練の蔵人達が、丹精込めて造りあげました。すっきりキレのある甘味、爽やかな口当たりが特徴の本格芋焼酎です。
http://www.unkai.co.jp/product/imo.html

                  東京メトロ車内にて新CM放映中

                    http://www.unkai.co.jp
 




運営管理・本件に関するお問い合わせ/取材の申し込み
株式会社Good market & shops 坂元
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9岡田ビル5F
TEL:03-3710-2091/FAX:03-3710-2092
http://www.hobo-shinjuku.com/
sakamoto@market-shops.com




 
  1. プレスリリース >
  2. 雲海酒造株式会社 >
  3. 「本格芋焼酎雲海酒造 木挽BLUE」が「ほぼ無料 」!?8/20(月)~9/24(月祝) 「ほぼ新宿“木挽 BLUE” のれん街 」でフェア開催