Oracle DB最新版への移行を効率化する新サービスを提供開始

「Re:Database RAT技術支援サービス」を追加し、DB基盤構築ビジネスを強化

 レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社は(本社:東京都港区、代表取締役社長:紙屋滋、略称:Re:Q(レック・テクノロジー <https://www.reqtc.com/ >)は、Oracle Databaseの最新バージョンのスムースな移行を実現するOracle Database移行サービス「Re:Database (R)RAT技術支援サービス」を9月より提供を開始します。


 最近、市場ではOracle DB の最新バージョンへアップグレードと、クラウド環境への移行のニーズが高まる中、弊社への移行作業の相談や依頼が増えています。特に初期モデルExadataのEOSL対応や11g R2のEOSL対応のために、ユーザがOracle Databaseの移行をするタイミングとなり ニーズが高まっています。

 Re:Q(レック・テクノロジー)では、Oracle Databaseの移行において懸念される性能とSQL互換性の確認作業を効率化するOracle RAT「Oracle Real Application Testing(以下、Oracle RAT)」を活用します。そして当社はシステムの基盤構築に特化したプロフェッショナル集団としてのOracle Databaseの豊富な経験を活かして、Oracle DB RAT技術支援サービスを新たに提供します。これはまだ前例が少ない先進的な技術支援サービスです。

 当社はユーザがOracle RATを効果的に利用する上で、DB環境の整備や、既存DBに与える負荷を考慮したテストの実施、およびRATを使ったSQL互換性テストなどで実績を活かして、「Re:Database RAT技術支援サービス」により、短時間で効率的にアップグレードを実現します。

 当社では、Oracle Database移行にあたり、アップグレードサービスやデータ移行のためのコンサルティング、技術支援ビジネスを包括したRe:Database ソリューションを提供していきます。Exadataやクラウド上でのDBシステムの設計やインフラ構築に加えて、Oracle Databaseのテストや運用支援まで一貫して提供しており、そのノウハウをソリューション化したRe:Database により、Oracle Databaseの市場ニーズに対応したOracle DB RAT技術支援サービスを新たに提供します。 
 
 Re:Q(レック・テクノロジー)は、製品ベンダーやSIerとは異なる立場で、製品の販売や保守に関係なく顧客ニーズに対応したOracle Database構築に関するコンサルティングサービス、プロフェッショナルサービスを提供してきた豊富な経験と実績を持ち、2016年に、APAC CIO outlook Magazine(米国・シリコンバレー)において、"25の将来最も有望なOracleソリューション・プロバイダー”*に選出されています。
  
 *:APAC CIO outlookが選ぶ、Oracleソリューションとテクノロジーサービスを提供しているアジア太平洋地域の約750社のソリューションサービスプロバイダーの内、将来最も有望なOracleソリューション・プロバイダー25社を選出。

<背景>
 DBシステムを利用するユーザが、既存のOracle Databaseを最新バージョンへアップグレードするためには、Oracle Databaseの技術的な専門知識と、同データベースの構築・運用に関する経験とノウハウが必要であり、十分な検証の上実施しないと、アプリケーションの性能劣化や、新機能を十分に活かせないなどの問題が生じる可能性があります。
 DBシステムは、セキュリティや機能強化の観点から、定期的なデータベースのバージョンアップが必要ですが、バージョンアップ毎に実施するアプリケーション(SQL)の改修、稼働確認テスト、性能確認テストがユーザの大きな負担となっています。

<課題と解決策>
 Re:Q(レック・テクノロジー)はOracle Database移行の豊富な経験をもとにRe:Database ソリューションを提供し、スムースなOracle Database移行、テスト期間の短縮、コスト削減を実現しています。
 Oracle RATは、オンプレミスと完全互換で「Oracle Real Application Clusters (RAC)」環境なども構築可能であるOracle Cloudを利用することにより、本番環境がオンプレミスおよびクラウドに関係なく、バージョンアップに必要な開発/検証環境を低コストで、すぐに検証を行うことができます。ただし、RATをユーザ独自で利用して使いこなすためには、アプリケーションに加えてOracle Databaseインフラに関する経験と専門知識も必要です。
 当社は、Re:Database RAT技術支援サービスを提供することにより、お客様のOracle RATを活用した低コストで短期間のOracle Database移行に貢献します。

●Re:Q(レック・テクノロジー)のRATサービスの特長
・ユーザが必要とする技術領域に限定した支援が可能
・RATを利用するDB環境の整備
・既存DBに与える負荷を考慮したテスト実施の支援
・RATを使ったSQL互換性テストの実績
・Engineered SystemやOracle DBアップグレード、チューニングの豊富な実績にもとづくOracle Database全体に関するコンサルティングサービスとプロフェッショナルサービスの提供

●販売情報
・テスト環境にOracle Cloudを利用したSQL互換性テストのコンサルティング:200万円~
・初年度、30システムの販売を目標

●参考情報
DBサービスの特徴: https://www.reqtc.com/service/database/feature.html

Oracleは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
Re:Database は、レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社の登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本サービスのユーザからのお問い合わせ先>
レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社
営業部門:03-6382-7403
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社 >
  3. Oracle DB最新版への移行を効率化する新サービスを提供開始