仮想現実(VR)の中で3Dデザインの作業効率を2倍に!

大阪発!日本から世界のCG制作を変える「MARUI 3 無限」がリリース!

株式会社MARUI-PlugIn(所在地:大阪市北区、代表取締役:クリヘンバウア・マクシミリア・ミハエル)は8月27日に同社のソフトウェア「MARUI 3 “無限”」を新たにリリースする。「使いやすさ」の追求とさらなる効率化を目指し、VRアーティストとのコラボレーションを通したデザイナー目線での機能改善と新機能開発を行い、ユーザーインターフェースもシンプルかつアクセスしやすくアップデートされた。自社テストの結果、作業時間が最大で50%短縮された。

現在の立体的なコンピューターグラフィックス(3DCG)は、マウスとキーボード、そしてコンピュータースクリーンを使用してデザインが行われている。コンピュータースクリーンは平面なので、立体的な作品を様々な角度から確認しながらデザインを行う必要があり、その工程は非直感的かつ複雑なものになっている。これを仮想現実(VR)に置き換えることで、あたかも目の前に3DCGが存在しているかのように見え、コントローラーで触れながら直感的なデザインが可能になり、制作効率を大幅に向上させることができる。

 

今回リリースされる「MARUI 3 “無限“」の開発には、海外から3DCGデザイナーを招待し、デザイナー目線での開発に取り組んだ。同社がサポートするデザインソフトのMayaは、多くのハリウッド映画制作スタジオで愛用されているなど、様々な用途に対応できる様に1000以上の機能が用意されているため、VR環境で使用するにはメニューの簡素化が課題であったが、使用目的によって必要な機能をまとめた4種類のメニューを用意することで、よりシンプルなユーザーインターフェースにアップデートされた。さらに、今回のバージョンから標準装備されたメニューのカスタマイズ機能や音声認識機能を活用することで、ツールへのアクセシビリティをさらに上げことができる。

VR内でのアニメーションVR内でのアニメーション

 

 

また、体験型のチュートリアルも大幅にアップデートし、ユーザーの使用目的や習熟度に合わせた操作方法の学習が可能になった。従来のデザイン方法と同社のソフトを使ったVR環境でのデザイン作業効率を比較した自社テストでは、モデリング・アニメーション・3Dスケッチングを含むデザイン工程において、最大で作業時間が50%短縮された。

 現在、アメリカ・ヨーロッパを中心にユーザーを持つ弊社は、日本市場への積極的なアプローチを行い、今後1年以内に1000ユーザーの獲得を目指す。

 

 

 

ディレクターチェックディレクターチェック


<MARUI 3 の使用環境>
1. Autodesk Maya (LTを除く2014〜2018)
2. VRヘッドセット+各専用コントローラー (Oculus Rift / HTC Vive / Windows MR)
<MARUI 3 新料金プラン>
1. 月額ライセンス50ドル
2. 買い切りライセンス550ドル
(要望に応じてフローティング・ボリュームライセンスの提供可)

MARUI 3 “無限” の詳細に関しては、公式HPをご覧ください。 → https://www.marui-plugin.com/ja/top/

会社プロフィール
大阪に惚れ込んだドイツ人社長率いる、日本・ドイツ・アメリカ・オランダ出身の少数精鋭インターナショナル集団。奈良先端科学技術大学院大学と大阪大学の技術力から生まれ、大阪のスタートアップエコシステムに支えられてきたMARUIの最先端技術で大阪への恩返しを誓う。

 


本件に関するお問い合わせ先
株式会社MARUI-PlugIn 
電話 080-9141-4456
メール hiroshi@marui-plugin.com
担当:栗林(くりばやし)​

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MARUI-PlugIn >
  3. 仮想現実(VR)の中で3Dデザインの作業効率を2倍に!