株式会社クロスワープ、法人向けの「盗難・紛失PC発見サービス」を開始。

機密情報が入ったノートパソコンなどの端末が盗難や紛失の被害にあった際に当該端末がオークションやフリマに出品されていないかを監視・確認する法人向けの「盗難・紛失PC発見サービス」
eコマース、コンテンツセキュリティ、情報セキュリティ分野で先進的なクラウドサービスを提供する株式会社クロスワープ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:山﨑 真吾、URL:https://www.crosswarp.com/ )は、かねてより、独自のクローリング技術を用いて、法人を対象にWebやP2Pのネットワーク上の著作権侵害や情報漏洩の監視・対策のサポートをしてきました。今回、新たに、盗難や、紛失の被害にあったノートパソコンなどのオークションサイトやフリマアプリ等における出品などを監視する「盗難・紛失PC発見サービス」を開始いたします。

 当社の「盗難・紛失PC発見サービス」は、機器名等、事前に設定したキーワードによって、対象とするオークションサイトやフリマアプリを定期的かつ自動的に検索・監視します。疑わしい出品などが新たに確認されたときには、自動的に所定の報告を行い、確認された出品ページの情報は証拠として自動的に保存します。監視期間終了後にはお客様に報告書を提出いたします。また、出品を確認した場合の「削除要請の補助」「購入の代行」「機器調査会社への紹介」など、関連するサービス業務も提供します。

本サービスを利用するメリット
1.システムによる定期的なクローリングにより、網羅的な監視が可能です
2.出品情報は自動的に保存されるため、証拠の保全ができます
3.専門事業者である当社の報告書により、関係者への説明責任が果たせます

費用は、300,000円(税別)からとなり、サービス内容や期間、監視対象の量によって変動します。

当社の「盗難・紛失PC発見サービス」は、実際に情報漏洩対策サービスをご提供している中で、複数のお客様から寄せられたご要望に応えて開発したものです。今回、より広範かつ潜在的なニーズに応えるために、監視対象のサービスや、アプリを拡大し、「盗難・紛失PC発見サービス」として正式にこのようなサービスを提供することになりました。

【会社概要】
■会社名 株式会社クロスワープ
■代表者 代表取締役社長 山﨑 真吾
■資本金 1億円
■設 立 2001年10月4日
■所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町 2-2-4 麹町セントラルビル5F
■TEL 03-3230-4116
■FAX 03-3230-4117
■URL  https://www.webmonitor.jp/
■Email  メールフォーム https://service.crosswarp.com/webmonitor/contact/ による
■企業ミッション 「ニッチNo.1」なコンピューティングサービスを創造する。
■事業内容 eコマース運営、ファンクラブ運営、著作権保護及び流通促進支援、情報漏洩対策の各分野におけるクラウドサービスの開発と提供
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クロスワープ >
  3. 株式会社クロスワープ、法人向けの「盗難・紛失PC発見サービス」を開始。