投げ銭付きファンレターサービス『Ofuse-オフセ-』正式版リリース

7,000人が使うクリエイターとファンのコミュニケーションツール

株式会社Ofuse(本社:東京都千代田/代表取締役:宮村哲宏/以下、「Ofuse」)は2018年09月3日(月)にファンがクリエイター宛に投げ銭と同時にファンレターを送れるWebサービス『Ofuse-オフセ-』を正式版としてリリースいたしました。
2018年3月末にβ版をリリースし、月間アクティブユーザは7,000人を超え様々なジャンルのクリエイターがファンとの新しいコミュニケーションツールとして活用しております。

「Ofuse」は Webサービス(https://ofuse.me)として提供しており、インストールする手間なくどなたでもすぐにご利用頂けるため、登録しているクリエイターの中にはTwitterやniconico動画、Pixivなどのプロフィール欄にご自身のOfuse箱リンクを貼付けファンレターを受け取る窓口として活用している方もいます。(アニメーター、絵師、小説家、VTuber等が登録)
 

■『Ofuse』のイメージ:投げ銭額に応じた文字数でファンレターを送れる

■『Ofuse』が作る未来:クリエイターとファンの距離を最も近づける企業に

私たちがお金を支払うのは「モノを所有するため」であって、購入後にその作品がどんなに素晴らしいものだと思っても、クリエイターに追加でお金を支払う仕組みがありませんでした。TVやネットで無料公開されているものならなおのこと。Ofuseは、コンテンツが無料になっていく時代の流れの中で「形のないモノにもお金を払う意識」を広げ、また「万人には受け入れられないが心揺さぶる作品」を制作しているクリエイターにとっても活動しやすいツールを提供していきます。そして、クリエイターとファンが主導でコンテンツ産業を築き上げていく未来が来ると信じています。

■『Ofuse』運営メンバーの思い
運営メンバーはアニメや漫画、小説などクリエイターの方々が生み出した作品に魅了され、また物語を通じて夢や勇気を貰い人生を変えた連中の集まりです。『Ofuse』を開発したと同時に私たちもクリエイターに“ありがとう”を伝えたいユーザなのです。ファンの方々が日々感じている思いと私たちが開発に踏み切った思いは変わらないと思います。たまたま、開発する技術があり出会いがあっただけです。『Ofuse』は、これからもクリエイターやファンと共に歩き続け、皆様の活動を彩れる存在になります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Sozi >
  3. 投げ銭付きファンレターサービス『Ofuse-オフセ-』正式版リリース