アルミの総合メーカー「アカオアルミ」から、新ブランド「或」(アル)誕生 クリエイティブエージェンシー博報堂ケトルプロデュースによる“やかん”などアルミ無垢の素材にこだわった新シリーズ

ビームスジャパン1F、ビームスオンラインショップ、ZOZOTOWNより10月10日から先行発売開始

アルミニウムの総合メーカーアカオアルミ株式会社(所在地:東京都練馬区、代表取締役社長:安藤 清志)は、クリエイティブエージェンシー株式会社博報堂ケトル(所在地:東京都港区、代表取締役 嶋浩一郎/木村健太郎)のプロデュースによる新ブランド「或」(アル)を立ち上げたことをお知らせします。
 「或」はアカオアルミと博報堂ケトルとの共同プロジェクト。一からデザインするのではなく、溶接前のやかんのそそぎ口を一輪挿しにしたり、キッチン空調の組み込む前のパーツを茶匙にしたりと、やかんのパーツを製品化するという試みが「或」の特徴です。

 この度、10月10日から新宿のBEAMS JAPAN 1階にて、8点のラインナップを先行限定発売いたします。新しいアルミ無垢の風合いと偶然生まれたデザイン。いままであるようでなかったアルミの日常製品の可能性を今後も大きく広げ、日本が誇る永年培ったアルミ加工技術を世界へ発信していきます。


製作過程の“パーツ”をそのまま新しく“製品”にする試み
 或の総合プロデュースを行ったのは博報堂ケトルクリエイティブディレクター/プロデューサーの船木研氏。「博報堂ケトルのロゴデザインがアカオアルミさんのやかんのシルエットでした。いつかアカオアルミさんと何かご一緒できたらということで今回お声がけさせていただきました。工場見学をさせて頂いた時に製造過程の製品(パーツ)の造形が美しく、これを製品にしたら面白いかもというのから始まりました。ご提案から約2年半をかけて試作品を繰り返し今回発売までようやくたどり着きました。」


 よく飲食店で使われている空調のパーツ。穴あけや加工前の無垢の造形が花瓶に。空調のフタが茶匙に。やかんの注ぎ口は一輪挿しになる。アカオアルミの職人が一点一点キレイに磨き上げアルマイト加工することで美しいプロダクトデザインに生まれかわりました。



アルミは練馬の工場で精製されるTOKYO MADE
 アカオアルミのアルミは練馬区の成増で精製されている。「或」は東京産のアルミを栃木の工場で職人の手で一つ一つ加工されている。



ロゴデザイン


コンセプトステイトメント



アカオアルミ


企業名:アカオアルミ株式会社
本社:〒179-0071 東京都練馬区旭町3-33-1
代表者:代表取締役社長 安藤 清志
設立:1947年5月
資本金:10,000万円
Tel:03-3930-4133
Fax:03-3976-0120
URL:https://www.akao.co.jp/
事業内容:アルミ製造業


博報堂ケトル


企業名: 株式会社博報堂ケトル
所在地:〒107-6322東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー
代表取締役社長 共同CEO 嶋 浩一郎
代表取締役 共同CEO 木村 健太郎
設立日 2006年4月3日
資本金 9,000万円
事業内容 クリエイティブプラニング、制作業務、キャンペーンディレクション、プロデュース、アカウントプラニング、ブランドコンサルティング、エンタテイメント・コンテンツ事業、商品開発
URL:http://www.kettle.co.jp/


BEAMS JAPAN


ビームス ジャパン 1F
住所:東京都新宿区新宿3-32-6  
電話番号:03-5368-7300
営業時間11:00-20:00
定休日:不定休
URL:http://www.beams.co.jp/beams_japan/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アカオアルミ株式会社 >
  3. アルミの総合メーカー「アカオアルミ」から、新ブランド「或」(アル)誕生 クリエイティブエージェンシー博報堂ケトルプロデュースによる“やかん”などアルミ無垢の素材にこだわった新シリーズ