旭川駅前で「移動できる家“タイニーハウス”」の暮らし体験施設を試験運用!

官民協働移住プロジェクト

一般社団法人シンプルライフ協会は旭川駅前広場で、移動できる小さい家「タイニーハウス」を活用した暮らし体験施設の試験運用を開始(2019年1月5日プレオープン、4月下旬まで(予定))します。
また12月15日、16日に内覧できるプレオープンイベントを駅前広場にて開催します。

旭川への人の流れを継続的に作り出すという旭川市と共通の目的のもと、「ライフスタイル」を官民協働で提案していく取り組みはおそらく日本初であり、日本のシンプルライフ発祥の地を目指しています。
エコでシンプルな生活が体験できるホテルの詳細は、協会webでご確認ください!
https://simplelife.love

 

旭川発「比べ合わない生き方」「無理せず自分らしく生きられるマインド」を提唱するシンプルライフを目的とした活動の第一弾として、タイニーハウスを活用した暮らし体験施設として、駅前で試験運用します。

 

15Aの電気使用量、シャワーなどの水量を制限し、自分の家ではなかなかやりづらいエコでシンプルな生活を体験していただく、機能制限ホテルです。
またスマートロックによる完全無人化されたホテルとして運営されます。
最新のテクノロジーとシンプルライフが折り合う取り組みとしても、今を否定せずに生き方を変えるチャレンジになります。

この開業に合わせ、12月15日(土)、16日(日)の10時~17時に完成したタイニーハウスに実際に触れていただく内覧会、さらに12月15日に内装の仕上げを一緒に行うワークショップ(ニセコで実施した写真参照)、12月16日には旭川と都市圏の方々の交わりを、起業という点から結びつけるため、アメリカのシアトル発祥のNPO法人StartupWeekendと組み、プレイベント「StartupWeekend旭川」(本イベントは後日・ https://swasahikawa.doorkeeper.jp/events/83441)を行います。 

より多くの方々にこのプロジェクトに関わっていただくためのクラウドファンディングも予定しており、当協会の理事の市川農場で収穫された新米も特典として用意しています。またプレオープン中のホテル宿泊割引も用意しています。 

「あさひかわ北彩都ガーデン」とも協調しながら、ネイチャーカルチャーも提案していきます。また毎年冬の時期に旭川駅前に設置される市民の憩いのスケートリンク「ゆっきリンク」の隣に位置し、より多くの市民の方々に触れていただけます。 

今回のプロジェクトでは、建築パートナーとして国士舘大学理工学部の南泰裕教授、SDGsパートナーとして東京大学教養教育高度化機構国際連携部門の井筒節特任准教授、 Empower Project(http://empowerproject.jp)で活動してる東京大学生の飯山智史くんらも迎え活動をはじめました。
また札幌で学生起業で活躍している女子大生、フリースキー元世界3位の前田岳哉氏、NPO法人子育てパレットの三浦りさ代表理事、カラフルフーディングコーディネータの成瀬紀子氏など、各界で活躍している方々もメンバーとして加わっています。 

豊かな自然の恵みが人々の心の曇りを和らげ、程よい都会の機能が安心にも繋がる。
それを満たす街が旭川市です。
旭川市の自然、人、都市機能の全てがバランス良く織り成しており、ここで新しい価値観でのライフスタイルが根付くことにチャレンジします。 

名称:the tiny house hotel
所在地:旭川市宮下通8丁目 旭川駅前広場(北広場) 
事業主体:一般社団法人シンプルライフ協会
協力:旭川市
詳細は https://simplelife.love
連絡先:info@simplelife.love

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人シンプルライフ協会 >
  3. 旭川駅前で「移動できる家“タイニーハウス”」の暮らし体験施設を試験運用!