Acquiaが日本法人を設立、日本市場のビジネスを本格開始

Drupalを中核とするデジタル体験プラットフォーム「Acquia」により日本企業のイノベーションを支援

デジタル体験プラットフォームのリーディングプロバイダーであるAcquia(アクイア)は、このたび日本支社としてアクイアジャパン合同会社を東京に設立し、日本担当セールスディレクターに上田 善行(うえだ よしゆき)が就任しました。

近年、大企業がより複雑で高度なデジタル課題を解決するソリューションを求めるようになっています。Acquiaは、エンタープライズ向けデジタル体験管理ソリューションに対して、日本含む世界的な需要の高まりを受け、日本市場のビジネスを本格的に開始します。

Acquiaは、オープンソースWebコンテンツ管理システム「Drupal」創始者兼プロジェクトリードであるDries Buytaert(ドリス・バイテルト)が創業し、Drupalを中核とするデジタル体験プラットフォームを全世界で提供しています。Drupalは、エンタープライズ向けCMSとして現在110万を超えるWebサイトで使用されており、11万3,000人以上におよぶ世界最大級のオープンソースコミュニティによって支えられています。Acquiaはアジア太平洋地域では4つの支社を構えおり、8月に発表されたガ―トナーの2018 Magic Quadrant for Web Content Management(2018年版Webコンテンツ管理分野のマジッククアドラント、https://www.acquia.com/about-us/newsroom/press-releases/acquia-named-leader-gartners-2018-magic-quadrant-web-content?utm_source=newsrls&utm_medium=referral)において、5年連続となるリーダーに選ばれています。

Acquiaのデジタル体験プラットフォーム「Acquia Experience Platform(https://www.acquia.com/products-services/acquia-platform?utm_source=newsrls&utm_medium=referral)」は、デジタル体験を構築、管理、最適化するためのクラウドテクノロジーを提供します。個々のユーザー属性や行動に基づくコンテンツのパーソナライズやEコマースとの連携、数百から数千におよぶマルチサイトの一元管理など企業のニーズに応えます。

さらに、ネイティブアプリ、デジタルサイネージ、チャットボット、会話型インターフェイス、AR/VRなど様々なチャネルやデバイスへ、コンテンツを配信する次世代のヘッドレスCMS環境を提供します。これらの機能は、APIファーストのアーキテクチャにより、企業が第三者のデータやシステムを自由に統合し、既存の投資から最大限の価値を引き出せるようにデザインされています。その結果、単一のベンダーに縛られるのではなく、自社にとって最適なテクノロジーを組み合わせたマイクロサービス型のデジタルソリューションを構築し所有することができます。

日本では、アステラス製薬株式会社やオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)をはじめとする大企業がAcquiaを導入しています。Acquiaのパートナー・エコシステムは拡大を続けており、アンダーワークス株式会社(https://www.underworks.co.jp/)、ANNAI株式会社(https://annai.co.jp/)、エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社(https://www.nttr.co.jp/)、MRM/McCANN (https://www.mrmjapan.co.jp/ )、関電システムソリューションズ株式会社(http://ks-sol.jp/)、CI&T株式会社(https://www.ciandt.co.jp/)、ジェネロ株式会社(https://genero.jp/)、デジタルサーカス株式会社(https://www.dgcircus.com/)、電通アイソバー株式会社(https://www.dentsuisobar.com/)、株式会社博報堂プロダクツ(https://www.h-products.co.jp/)といったデジタルエージェンシー、システムインテグレーター、Drupalコンサルタンシーなどで構成されています。

AcquiaのCRO(チーフ・レベニュー・オフィサー)であるJairo Romero(ハイロ・ロメロ)は、次のように述べています。「世界の企業は、デジタルイニシアチブを強化するために、拡張性の高い、安全なソリューションを求めています。日本全体でDrupalベースのソリューションに対する需要が高まり、オープンソース型デジタル体験ソリューション市場の成長を促す機会に恵まれたことを非常にうれしく思います。日本の大企業向けにデジタルソリューション市場を切り開いてきた上田の経験は、Acquiaがアジア太平洋地域で事業を展開していくにあたり、極めて貴重なものになるでしょう。」

<Acquiaについて>
Acquiaは、オープンソース型デジタル体験プラットフォームのプロバイダーです。世界で最も先進的な企業がイノベーションを取り入れ、その企業にとって大切な瞬間を創り出すテクノロジーを提供します。Acquiaはコミュニティの力を信じ、企業が独自の未来を築く自由を得られることを目指しています。詳細はacquia.com(https://www.acquia.com/)にて確認できます。
 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Acquia Inc. >
  3. Acquiaが日本法人を設立、日本市場のビジネスを本格開始