リクルートライフスタイル社と、男女で“いっしょに、妊活。”することを応援するプロジェクトで協業~「妊活ジェンダーギャップ調査」「”いっしょに、妊活。“特設サイト」などを順次展開~

武田コンシューマーヘルスケア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:野上麻理、以下「当社」)は、このたび、子どもを望む夫婦やカップルにどちらか一方ではなくパートナーと”いっしょに、妊活。”に取り組む文化の醸成を目指して、株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健、以下「リクルートライフスタイル」)とのプロジェクトを11月15日より開始いたします。
当社は、子どもを望む女性が、妊娠しやすい排卵日を自分で簡単にチェックできる排卵日予測検査薬『ハイテスターH(第1類医薬品)』を2016年12月より販売しております。一方、リクルートライフスタイルはスマートフォン(スマホ)でできる精子セルフチェック『Seem』(シーム)を運営しており、両社ともに、妊娠について正しい知識を身に付けたり、妊娠にあたって自身の身体の現状を的確に把握する、いわゆる「妊活」の啓発活動にも取り組んでおります。
 

近年、日本では不妊を心配するカップルが増え、その割合は夫婦のおよそ3組に1組にのぼります※1。世界保健機関(WHO)の報告から不妊の原因の約半数は男性にあることが分かっていますが、妊活の初期段階では女性だけが行動を起こしているケースが多い現状があります。そこで、リクルートライフスタイルと当社は、どちらか一方ではなく、「妊活は、パートナーといっしょに取り組むもの」という考えのもと、新しい妊活文化の醸成を目指し、プロジェクトを開始いたします。また、「自宅でセルフチェックできる」というお互いの製品特性を生かした共同プロモーションを全国で展開してまいります。

当社社長の野上は、「リクルートライフスタイルという理想的なパートナーとともに、“いっしょに、妊活。”を応援するプロジェクトを開始できることを嬉しく思います。これまでの活動を通じて蓄積した両社の知見や経験を結集し、妊娠希望者のニーズに合致した、従来以上に広がりと深まりのある啓発活動を展開してまいります」と述べています。

※1:出典国立社会保障・人口問題研究所「第 15 回出生動向基本調査」より

■「妊活ジェンダーギャップ調査」を発表予定
世界経済フォーラムより毎年発表される「ジェンダーギャップ指数※2」を参考にして、独自で妊活における男女間のギャップを調査。妊活や不妊に対する男女の意識の違い(ジェンダーギャップ)を明らかにし、産婦人科医の宋美玄(ソンミヒョン)先生とともに分かりやすく解説。妊活に取り組むカップルのギャップを埋め、“いっしょに、妊活。”をポジティブに進めるヒントを発見します。

※2:ジェンダーギャップ指数とは、各国の社会進出における男女格差を示す指標。経済活動や政治への参画度、教育水準、出生率や健康寿命などから算出される。
 

■『Seem』と『ハイテスターH』が、いっしょに並ぶ共同陳列

これまで別々に並んでいた男性・女性向けのセルフチェックツールが、隣同士に並ぶ共同陳列を実施します。自宅でパートナーと話題にしやすいように、持ち帰り可能なリーフレットも設置。ドラッグストアの店頭が“いっしょに、妊活。”に取り組むスタート地点となることを目指します。
また、妊活や商品について理解を深める場としてドラッグストアの従業員向けの勉強会も順次実施予定です。(第一回は11月11日に開催予定)


■「妊活みらい会議™のススメ」や「豆知識」などを特設サイトで公開
普段はとても仲良しなのに、いざ妊活を始めたら、なぜかふたりの気持ちがすれ違ってしまう…そんな声も少なくありません。妻は、毎月生理が来るたびに悲しくなったり、イライラしたり。夫は、そんな妻にどう接したらいいか分からずオロオロしたり、排卵日のプレッシャーに憂鬱になったり…。そんな時にぜひやっていただきたいのが「妊活みらい会議™ 」。この会議は、ふたりの将来のビジョンを共有し、気持ちを一つにする作業です。どんな未来を創っていきたいか、いろいろな思いをお互い正直に話すためのHOW TOを特設サイトで紹介しています。

<妊活みらい会議™ とは?>
「妊活みらい会議™ 」は、ふたりで「みらい年表」を作成することで、お互いのビジョンを可視化するものです。子どもは何人ほしい?いつ出産したい?仕事はどうする?家は?などいくつかの項目について、年表に書き出してシェアします。計画を可視化することで、ふたりのビジョンの目線合わせに役立ちます。
(監修:妊活コーチ NPO法人Fine 理事長 松本亜樹子氏)

“いっしょに、妊活。”特設サイトURL  https://seem.life/campaign/hitester/

■働き方と妊活のみらいを計画するワークショップ型セミナーの提供を開始
企業で働く男女や夫婦に向け、自身のキャリアと妊娠・出産のタイミングなどをワークショップ形式で計画していただくセミナーです。年齢と妊娠・出産の関係性やパートナーと取り組むための豆知識など妊活にまつわる講義をセットで提供します。

第一回は11月21日に開催予定。
初回はいい夫婦の日の前日。将来子どもが欲しいと考えている両社社員20名が集まり、これから企業向けに提供予定のワークショップ型セミナーを体験し、実際にライフプランニングを行います。
 

Seem について

Seemは夫婦の妊活の第一歩としてお使いいただく、精子のセルフチェックサービスです。男性が積極的に妊活に参加することで、女性の負担や妊活にかかる時間やコストを抑えられる場合があります。また、精子の状態は生活習慣の改善などにより変化することもあります。夫婦で取り組む妊活のために、まずは知ることからはじめましょう。
【特徴】
●アプリが精液を解析し、その場ですぐに精子の濃度や運動率が測定できる
●「Seemキット」と専用アプリだけで、すぐに利用できる
●精子の状態は体調や環境などの影響で大きく変化するため、
複数回の測定結果における平均値やグラフ表示により、精子の状態の傾向を確認することができる
【Seemキット内容・価格】
スマートフォン顕微鏡レンズ/精液採取用カップ/採取棒/測定チケット ※いずれも測定1回分
価格:4,980円(税込)
【Seemアプリ】 App Storeから無料でダウンロードいただけます。
https://itunes.apple.com/jp/app/seem-shimu-jing-ziserufuchekkuapuri/id1087668468?l=en&mt=8
【製造販売】 株式会社リクルート

※ 『Seem』は精液簡易チェックツールであり、医療機器ではありません。測定結果は医療機関の診断に代わるものではなく、また確定的な診断を行うものでもありません。そのため、必要に応じて医療機関を受診することをおすすめいたします。

■ハイテスターHについて

排卵日予測検査薬「ハイテスターH」(第1類医薬品)は、子どもを望む方が、妊娠しやすい排卵日を自分で簡単にチェックできる一般用検査薬です。独自技術によるトリプルライン検出法を採用しており、ラインの本数で判定するため排卵日のサインがひと目でわかります。そして、妊娠の検査は妊娠検査薬「ハイテスターN」(第2類医薬品)で確認でき、シリーズでお使い頂けます。
【特徴】
●排卵日を約1日前に予測できます
●色の濃淡ではなくラインの本数で判定する
●尿をかけるだけの簡単操作です
●日本製
【包装・価格】 5回用 2,580円 / 10回用 4,380円 (メーカー希望小売価格・税別)
【製造販売元】 株式会社 ミズホメディー
【販売元】 武田コンシューマーヘルスケア株式会社

※この検査薬は、薬剤師からの説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。
※使用目的:尿中の黄体形成ホルモン(LH)の検出(排卵日予測の補助)
※避妊目的では使用できません。

■製品に関するお問い合わせ先
排卵日予測検査薬「ハイテスターH」について https://hitester.jp/
株式会社ミズホメディー 「お客様相談室」 フリーダイヤル 0120-85-0323
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土、日、祝日を除く)

精子セルフチェック『Seem』(シーム)について https://seem.life/
株式会社 リクルートライフスタイル
広報グループ 坂本麻美
Tel: 03-6835-6516/E-mail:00983261@r.recruit.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 武田コンシューマーヘルスケア株式会社 >
  3. リクルートライフスタイル社と、男女で“いっしょに、妊活。”することを応援するプロジェクトで協業~「妊活ジェンダーギャップ調査」「”いっしょに、妊活。“特設サイト」などを順次展開~