投資対象の活性化と事業拡大を実現しエンタテインメントの未来を拓く”グッドスマイルパートナーズ”設立。

 株式会社グッドスマイルカンパニー(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑ 安藝貴範)は、弊社取締役・岩佐厳太郎を代表取締役社長とした投資会社「グッドスマイルパートナーズ」を設立したことをお知らせします。
 “グッドスマイルパートナーズ”は、企業や起業家、クリエイター、コンテンツなどへの幅広い投資と総合的支援を軸に、様々な分野でのイノベーションと新たな価値を創造することで、エンタテインメントの未来を切り拓いていきます。

■事業の考え方
投資する側される側、双方の活性化と事業拡大を実現する、グッドスマイルカンパニーが持つ“共創のDNA”を活かした投資の枠組みを創造します。
 グッドスマイルカンパニーは“共創”の精神により、フィギュアからその活躍の場を拡大し、エンタメの世界で成長してきました。“グッドスマイルパートナーズ”はそのDNAを継承し、投資先の事業に深くコミットした総合的支援を行うことで、投資する側される側の双方にとって利益とメリットのある投資事業を展開します。

■コンセプトと投資スタンス
グッドスマイルカンパニーが持つ国内外ネットワークと投資先をつなぎ、次世代価値を共創していきます。
1. “おもしろさ”を判断基準に投資 〜フットワークの軽い支援を実施〜
 ますます加速するイノベーションやビジネス現場のスピード感に呼応し、”おもしろさ”を判断基準にフレキシブルでフットワークの軽い投資、支援を実施します。
2. 幅広い多様な価値への投資 〜様々な才能へ投資し、次世代価値を創出〜
 企業や起業家はもちろん、クリエイター・アーティストや研究者、また新たなコンテンツなど幅広い投資対象を設定することで、次世代の価値を共創します。
3. 共創を誘発するための投資 〜投資する側される側、双方にシナジー効果を創出〜
 資金投資のみならず、投資先の成長ステージに合わせた幅広く総合的な支援を実施し、共創を誘発。経営や事業拡大に深くコミットすることで、投資対象の継続的な価値向上と活性化に寄与します。

■グッドスマイルパートナーズの構造
 資金提供だけではなく、投資対象の技術開発、経営や事業拡大に深くコミットし、シナジーを創出、企業価値の総合的な向上を図ります。前述により、投資する側される側、双方の事業を活性化しながら、エンタテイメントの未来を切り拓いていきます。

■グッドスマイルパートナーズ・代表取締役社長からのメッセージ
グッスマらしい“おもしろさ”が感じられる投資事業で、新たな価値を創造します。
 
グッドスマイルカンパニーは、様々な企業やメーカー、クリエイターたちとの共創の中から生み出されたアイデアやイノベーションを、ユーザーの皆様と足並みを揃えて育てていったからこそ、成長できたと感じています。この“共創のDNA”を最大限に活かした”グッスマ”ならではの、フットワークの軽い投資事業が実現すれば、新たな才能やアビリティを発掘しながら、事業の幅とネットワークをさらに拡大できると考えました。支援が必要な研究や事業を、グッスマらしいスタンスで応援していく。支援することで、投資先が元気になることはもちろんグッスマもますます元気になっていく...、そのような好循環を生み出すことができると良いなと思います。グッドスマイルパートナーズの誕生を多種多様な方に喜んでいただけると嬉しいです!

グッドスマイルパートナーズ 代表取締役社長:
岩佐厳太郎
 

■グッドスマイルパートナーズの概要
・企業名:
 グッドスマイルパートナーズ
・設立:
 2018年11月
・代表者:
 代表取締役社長 岩佐厳太郎
・URL:
 https://www.goodsmilepartners.com/
 (上記のURLで新規案件の募集をしております)
・投資地域:
 日本国内
・投資ステージ:
 シード/アーリーステージからミドルステージの企業、
 クリエイター/アーティスト/研究者などの個人、
 新規性の高いコンテンツなどを含む、幅広い分野への投資
・投資領域:
 ▼マーケティング/コミュニケーションビジネスを変革しうる領域
 ▼様々な企業・団体・個人とのコラボレーションを誘発する領域
 ▼イノベーティブでポテンシャルの高い新領域

グッドスマイルパートナーズ代表取締役社長・岩佐厳太郎について
 事業会社、マッキンゼーアンドカンパニーにおいて、プロジェクト企画・管理/生産管理/マーケティング/M&A統合戦略などの要職を歴任した後、2012年にグッドスマイルカンパニー執行役員として入社しました。岩佐のビジネススタイルを特徴づけているのは、“おもしろさ”を感じたことを枠組みに囚われずすぐに実行に移す、という姿勢。その精神は、鳥取県での「楽月工場」の設立、「レッドブル・エアレース千葉」との協業、スマホゲーム事業の立ち上げなど、グッドスマイルカンパニーの事業拡大に大きく貢献してきました。グッドスマイルパートナーズは、岩佐がこれまで積み重ねてきた知見やノウハウが凝縮された、世代やジャンル、そして企業の枠組みをも跳び越える柔軟な投資事業を展開します。

▼現在の役職
グッドスマイルパートナーズ 代表取締役社長 / グッドスマイルカンパニー 取締役 /
株式会社ネクストニンジャ取締役 / Taskey株式会社 取締役 / 株式会社ギャラクシーグラフィックス 監査役
▼経歴
・2003年 3月 京都大学工学部工業化学科卒業
・2003年 4月 東燃ゼネラル石油株式会社入社和歌山工場に配属
・2007年 8月 ExxonMobil Asian Pacific Pte. Ltd.に出向
・2009年 2月 東燃ゼネラル石油株式会社本社勤務
・2010年 8月 マッキンゼーアンドカンパニー日本支社に入社
・2012年12月 グッドスマイルカンパニーに執行役員として入社
・2013年12月 グッドスマイルカンパニー取締役就任
▼グッドスマイルカンパニーでの実績
・経営企画としてM&A/投資案件の検討、組織改善を担当、
 投資先のTaskey株式会社の取締役に就任
・初の国内工場である楽月工場を鳥取で立ち上げる、地元の活性化にも貢献
・“レッドブル・エアレース千葉”を担当
・スマホゲーム事業を立ち上げ、開発会社のネクストニンジャの役員に就任
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グッドスマイルパートナーズ >
  3. 投資対象の活性化と事業拡大を実現しエンタテインメントの未来を拓く”グッドスマイルパートナーズ”設立。