「川崎ルフロン」大規模リニューアル決定!        

水族館とJR川崎駅東口最大級スーパーマーケットを誘致

TOPIC
■日本初の駅前既存商業施設への水族館誘致
■JR川崎駅東口最大規模のスーパーマーケット「ライフ」新規出店
■開業以来最大規模の施設環境デザインの刷新
■約350席のフードコート新設とエリアNo.1のママ&キッズ集積フロアの誕生
日本リテールファンド投資法人は、所有する商業施設「川崎ルフロン」(以下「当施設」といいます。)の大規模リニューアルを段階的に実施いたします。当施設は、1988年に開業して以来、ヨドバシカメラ、丸井といった核テナントと豊富な専門店で構成され、川崎市内及び周辺にお住まいの数多くのお客様にお越しいただき、地域の皆さまに愛されるショッピングセンターへと成長してまいりました。

この度のリニューアルでは、JR川崎駅東口にて最大床面積・JR川崎駅徒歩1分という好立地を活かし、「Live'n Exciting-日常利用する施設が非日常空間に-」をコンセプトに、デイリー性の強化を目的とした日常的に使いやすい店舗の集積、滞在型店舗の導入を推進し、さらに賑わい溢れる商空間を目指します。また、店舗の刷新に加え、開業以来最大規模の施設環境デザインの刷新をいたします。2019年4月に新設するフードコート及び一部専門店のオープン、2019年夏から秋にかけてはJR川崎駅東口にて最大規模のスーパーマーケット「ライフ」及びヨドバシカメラ側専門店のオープン、さらに2020年夏、日本初となる駅前既存商業施設に水族館の新設という3段階でのリニューアルを予定しております。

■新しく変わるフロア構成

■リニューアルオープンスケジュール

  • 日本初の駅前既存商業施設への水族館誘致<2020年夏>
日本初となる駅前既存商業施設一体型の水族館を誘致。施設の集客力と水族館の集客力を掛け合わせ、施設と一体となって新しいエンターテイメントアクアリウムを創造します。さまざまな特徴を持たせたコンセプトゾーンを擁し、商業施設にいながらにして、身近に動物や水棲生物と触れ合えます。また、霧や滝といった自然環境を様々な手法を用いて表現することで、動物や水棲生物と自然が融合した臨場感あふれる演出を行います。

※写真はイメージです

AIとIoT技術を用いた新しい展示手法
インタラクティブな展示手法を独自に開発し、今までにない「水族館の未来」を創造します。

※写真はイメージです

      

昼も夜も魅力的な水族館
商業施設一体型という特徴を活かし、昼だけでなく夜も楽しめる「滞在型の水族館」を創造します。

 

※写真はイメージです

※上記内容は現時点での計画段階の情報であり、今後変更の可能性があります。

 

  • JR川崎駅前初出店となる大型店が多数出店。既存店もリニューアル
JR川崎駅東口徒歩1分という好立地・東口最大床面積の利点を活かし、地域のお客様に“より日常的に親しんでいただく“ために、スーパーマーケットとしては東口最大規模となる「ライフ」が2019年夏に開業します。
リニューアル第1弾となる2019年4月は、「モンベル」「デコホーム」などJR川崎駅前初出店※のテナント他、既存店である「ボーネルンドあそびのせかい」がリニューアルしてオープンいたします。(2019年開業店舗約60店舗)

<ライフ>(スーパーマーケット/1階)※2019年夏頃オープン(予定)

生鮮食品から惣菜、加工食品、生活用品まで毎日の暮らしに必要な商品を幅広く取り扱うスーパーマーケット。新鮮で“おいしい“食品、温かな笑顔でお客様をお迎えし、いつもの暮らしに“ワクワク”とちょっとの”ハッピー”を提供します。

<モンベル>(アウトドア用品/5階)※2019年4月オープン(予定)
約250坪の店内には、登山用品を中心に、キャンプ用品、自転車、カヌー、またベビー用品も充実しておりますので、お子さま連れのご家族でもゆったりとお買い物をお楽しみいただけます。

<ボーネルンドあそびのせかい>(アミューズメント・文化用品/6階)※2019年4月移転オープン(予定)
6階に移転し大リニューアルオープン!活気あふれる動の遊びに加え、創造力や感性といった人間的な感覚を育む「創造遊びの部屋」が登場。併設するショップでは、インストラクターと相談しながら成長に役立つあそび道具を試しながら選ぶことができます。

 


<デコホーム>(インテリア・雑貨/4階)※2019年4月オープン(予定)
デコホームは、手ごろな価格で季節に合わせたお部屋を提案するインテリア雑貨のお店です。キッチン・リビング装飾のデコホームオリジナル品を多数品揃えしております。 

※JR川崎駅前初出店とは、JR川崎駅東口から半径約500mと定義しております。
 
  • 開業以来最大規模の施設環境デザインの刷新
デザインコンセプトは、“コントラストを効かせたデザイン“ =「CONTRAST City」。フロア毎にテーマを設けながらも統一感のある意匠を用いることで、施設環境を大幅に刷新いたします。ショップやエンターテイメントなど様々なコンテンツが互いに魅かれあい、暮らしの日常と非日常がクロスするコントラストの効いたデザインが賑わい溢れる商空間を創出します。1階~10階まで各階にテーマを持たせ、施設全体でCONTRAST Cityを体感いただけます。

Point1 施設吹き抜けエントランス

施設の特徴である巨大な吹抜空間に注目し、人々が集い・賑わう、施設の“顔”を形成し、エンターテインメント・賑わい・変化・ダイナミズムを感じるコントラストの効いた施設のシンボル空間を演出します。

※写真はイメージです
Point2 2階 フードコート
新装するフードコートは、室内なのにアウトドアを感じる“グランピング“をイメージした空間が広がります。席数は約350席を予定しており、ファミリーから働く人など幅広い層に楽しんでいただけるテナント構成にしました。
レストランとしての利用だけでなくテイクアウト利用が可能な店舗まで揃えることで、様々な利用が可能となります。

※写真はイメージです

 Point3 6階 ママ & キッズフロア

“ママと子供たちのまち“がデザインイメージ。ママ&キッズのファッションや知育玩具、キッズ向けサービス等で構成するエリア最大級のママ&キッズフロアです。「ポケットパーク」、「ピクニックパーク」と名付けた遊び場やフォトエリアは家族で楽しめ、「ワンダーキャッスル」と名付けた授乳室は、ママはリラックスでき、子供も飽きない工夫を凝らしました。

※写真はイメージです

<川崎ルフロン概要>

所在地   神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
事業者   日本リテールファンド投資法人※
運営・管理 住商アーバン開発株式会社
延床面積  約88,818㎡(26,867坪)
駐車台数  300台(提携579台)
駐輪台数  115台
開業日   1988年3月11日
休業日   年中無休
交通    JR川崎駅から徒歩1分、京急川崎駅から徒歩5分
電話    044-210-3800(代表)
HPアドレス http://lefront.jp/

※三菱商事株式会社とスイスの大手金融機関UBS との合弁会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社が運営する不動産投資信託(J-REIT)。全国の優良な商業不動産(GYRE、mozoワンダーシティ、Gビル銀座中央通り01、MARINE&WALK YOKOHAMA等)に長期投資し、保有資産は98 物件、約8,886 億円(2018年8月末時点)。

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 住商アーバン開発株式会社 >
  3. 「川崎ルフロン」大規模リニューアル決定!