VRのti、デュアラーのためバーチャル都市を開発

大都市との二拠点生活が難しいエリアに注力

VRのtiが、多拠点生活をサポートするためのVRサービスを提供

AI × VR働き方改革と地方創生を目指す、株式会社ティーアイ(本社:品川区、代表:今川哲矢、以下 ti)が、二拠点生活を行うデュアラーのためのプラットフォーム(デュアララ!!(仮)、以下 DARR)を開発しました。

 



DARRは、VR上にオフィスを建設し、そこに出社することで移動せずとも働くことができるプラットフォームです。

  1. 地方のビジネス参入障壁を撤廃
  2. リモートワークによる働き方改革
  3. 都会のストレスから開放

を目指し、サービス展開準備をしています。


また、企業オフィスだけでなくコワーキングスペースを含む都市をVR上に建設することで、新しい働き方をご提供します。
(最初のプロジェクトとして、第2新東京市(仮)を建設しております。)
 


二拠点生活を目指す方は多いですが、週5の出社や、対面での打ち合わせ義務がある限り、実現は難しいです。
tiは仮想空間技術でこれを無くします。
 



現在トライアル利用を検討してくださる地方自治体・企業様を探しております。
info@t-i.jp までお気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしております。

http://t-i.jp

代表紹介:今川哲矢
東京大学修士(機械学習、AI)、三菱UFJ銀行、アクセンチュアを経て、シリコンバレーのアドテクスタートアップ立ち上げに参画。AIベンチャーEngineered Intelligenceを創業。AI*VRベンチャーのtiを創業。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ティーアイ >
  3. VRのti、デュアラーのためバーチャル都市を開発