ISCO(沖縄ITイノベーション戦略センター)とIAPS(国立交通大学産業アクセラレーター・特許戦略センター)のMOU締結について


一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(以下「ISCO」という。)と国立交通大学産業加速器センター・特許戦略センター(以下「IAPS」という。)は、2018年12月19日(水)に、相互の国際連携を図る目的で包括的連携協定(以下「MOU」という。)を締結しましたのでお知らせいたします。


        記
 
1.MOU締結調印式典の概要

日時:2018年12月19日(水)18:30~21:30(日本時間)
場所:台湾テックアリーナ(台北市松山区南京東路4段2号3楼)
出席者:中島洋 ISCO理事長、黄経堯 IAPS主任
内容:各組織代表挨拶、来賓挨拶、MOU締結調印式、台湾スタートアップ企業ピッチコンテスト

2.MOUの概要(連携する分野)
 ITを活用して沖縄の全産業の振興を図る産業支援機関であるISCOは、国立交通大学のインキュベーション部門であるIAPSとMOUを締結しました。
 今後は、以下のことについて相互に連携を図って参ります。

・他国・地域のアクセラレーターとの国際連携の促進に関する相互協力
・双方が開催もしくは関与する展示会・イベントへの参加促進・支援・相互招聘
・共同イベントの企画・開催
・IT関連技術・サービス関連企業の相互交流、ビジネスマッチング、アライアンス支援
・コワーキングスペース等、各々が保有するリソースの相互利用
・その他、双方が必要と認める協力活動

3.スタートアップピッチコンテストについて
同日、MOUに基づく相互協力の第一弾の取組として、IAPSが推薦する台湾のスタートアップ企業のピッチコンテストを開催し、上位2社を決定しました。同2社については、年明け1月25日に開催される沖縄スタートアップフェスタへ招聘する予定です。

上位2社:
ISPECT 艾思博生物科技股份有限公司(領域:AI計測)
MIFLY 米菲多媒體股份有限公司(領域:AR/VR)


<ISCOについて>
 ITを活用した産業の成長戦略を提示し、産業全体の生産性と国際競争力を向上させるための司令塔として、2018年夏に官民共同で設立されました。
 沖縄県経済の振興を図る産業支援機関として、県内経済の課題解決と新たな価値創造を実現するため、最先端のITイノベーションを活用する場と機会を提供します。 
ISCO HP:https://isc-okinawa.org/

<IAPSについて>
 国立交通大学内に設けられたインキュベーション部門、IAPSは新竹市と台北市にインキュベーション施設
を有しています。メンタリング、マッチング、国際協力を通じて、シードのスタートアップを重点的に支援し、台湾のスタートアップエコシステムの構築を目指しています。
 起業家やグローバルパートナーとIAPSネットワークを構築しており、これまで、500以上のスタートアップを支援、約3億ドルの資金調達を実現させた実績を持ちます。
IAPS HP:http://iaps.nctu.edu.tw/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター >
  3. ISCO(沖縄ITイノベーション戦略センター)とIAPS(国立交通大学産業アクセラレーター・特許戦略センター)のMOU締結について