JENAX、ウェアラブルEXPOにおいて世界初の完全フレキシブルバッテリーで人体とIoT搭載機器をつなぐ革新的な方法を紹介

数々の受賞歴のある世界初の完全フレキシブルバッテリーソリューション「J.Flex」、バッテリーの制約を解消

フレキシブルバッテリー「J.Flex」フレキシブルバッテリー「J.Flex」

2019年1月10日 –東京 – フレキシブルで急速充電可能なリチウムイオン電池の開発、製造を行うJenaxは、「第5回ウェアラブルEXPO」(1月16~18日開催、於 東京ビッグサイト ブース W17-16)において、医療機器やスマートテクノロジー、ウェアラブルテクノロジーをはじめとするさまざまな分野で、従来のポータブル電源装置の概念を根底から覆す、世界初の完全フレキシブルバッテリーソリューション「J.Flex」の可能性について紹介いたします。

Jenaxの最高経営責任者(CEO)、シン・イヒョン(Lee-Hyun Shin)は次のように述べています。「フレキシブルなリチウムバッテリーJ.Flexは、高い性能と柔軟な設計を可能にする画期的なイノベーションです。例えば、ヘルスケアプロバイダーや患者様は、モニタリングや治療を主眼とするデバイスを通じて常にネットワークに接続できるようになります。薄くてカスタマイズ可能な設計は、優れたバッテリー性能を維持しながら、ごくわずかなスペースでも見た目を損なうことなくフィットさせることができます。設計上の制約を極限まで排除することによって、メーカーは大型で場所を取るバッテリーを組み込む代わりに、よりデバイスの利点を活かす設計に力を注ぐことができます」

 こうしたメリットはさまざまな分野で活用でき、この技術によって真のコネクテッドデバイスの開発が可能となります。

 「ウェアラブルEXPO」において、Jenaxは全てのコネクテッドデバイス、パッチや医療機器を含む医学分野、スポーツにおいては洋服に組み込めるセンサーや靴のインソールなどのウェアラブル・デバイス、タイヤなどの部位に組み込める自動車業界のIoTなど、多種多様な業界で活用可能なJ.Flexのデモ画像や動画を用意しています。Jenaxはバッテリー容量を拡大し、折り曲げ可能でオーバーヒートに対する耐性の高い安定した電源を提供することによって、デバイスの設計のあり方を変革します。

JENAXについて
Jenax(KOSDAQ: 065620)はフレキシブルで急速充電が可能な高性能リチウムイオンバッテリーJ.Flexの開発、製造を行っています。医療技術、自動車、アパレル、エレクトロニクスをはじめ幅広い業界のメーカーと提携し、多種多様なサイズや形態で安全性の極めて高い完全カスタマイズ可能なバッテリーを提供しています。J.FlexはIoT、ウェアラブル機器、センサー、プリンテッド・エレクトロニクスなど広範な用途に活用されています。1991年に設立したJenaxは韓国ソウルを本拠とし、精神的、倫理的、環境的に責任ある企業として事業活動を行っています。詳細についてはwww.jenaxinc.com をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Jenax Inc. >
  3. JENAX、ウェアラブルEXPOにおいて世界初の完全フレキシブルバッテリーで人体とIoT搭載機器をつなぐ革新的な方法を紹介