Dropbox、「タイムコード付きコメント機能」を追加

~動画や音声等といったクリエイティブのレビューを効率化~

共同作業のプラットフォームを提供するDropbox Japan株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:五十嵐光喜、以下Dropbox)は本日、動画や音声のファイルレビュー作業を大幅に効率化する「タイムコード付きコメント機能」を強化したことを発表しました。

広告制作やブランディングの仕事にかかわるクリエイティブチームが 1 つの作品を完成させるまでには、確認作業のために何度もメディアファイルをやり取りし、フィードバックを収集するという作業が伴います。この作業にはメールを使うのが一般的ですが、その手間を考えると、決して理想的な手段とは言えません。たとえば添付ファイルのサイズに上限がある、誤って古い版のファイルにコメントしてしまう、コメントと作業内容の紐付けが難しい、などの問題があり、プロセス全体が滞ってしまう可能性があるからです。特に、広告や映像、ポッドキャストなどの制作物で扱う動画や音声のファイルには時間情報が含まれているので、コメントの扱いがさらに難しくなります。そこで Dropboxが新たにに追加したのが、「タイムコード付きコメント機能」です。

「タイムコード付きコメント機能」を使用すれば、膨大なメールに埋もれがちだったメンバーからのフィードバックを、Dropbox 上の動画や音声ファイルに直接残すことができます。つまり、共有した動画/音声ファイルの特定箇所にコメントを付けることができるのです。このため、「音声トラックの 1 分あたりにノイズがある」とコメントする代わりに、タイムコード 0:51 のところに直接「このノイズを削除」といったコメントを付けられるようになります。

タイムコード付きコメント機能1タイムコード付きコメント機能1

タイムコード付きコメント機能2タイムコード付きコメント機能2


この新機能は、制作物のレビューを効率化し、コメントをわかりやすくするのに役立ちます。具体的な機能は次のとおりです。

フィードバックの対象を明確化:
コメントにタイムスタンプを追加することで、受け取ったユーザーは、指摘された正確な時間にジャンプできます。 

再生機能を強化:
再生速度の調整、1080p 動画のスクラブ プレビュー(サムネイル付き)、波形付きの音声プレビューなどの機能を備えています。

幅広いファイル形式をサポート:
QuickTime、MPEG-4、MXF、MP3、WAV など、30 種類以上の動画/音声ファイル形式のプレビューとコメント付けに対応しています。

数ギガバイトの大容量ファイルを共有:
サイズの大小にかかわらずさまざまなファイルを共有して、メンバーやクライアントからのフィードバックを求めることができます。添付ファイルのサイズの制限に合わせてファイルを圧縮する必要はありません。

迅速な承認プロセス:
「@メンション機能」を使ってチーム メンバーやクライアント、ベンダーにコメントを通知できるので、対応待ちでプロジェクトが停滞することはありません。

日ごろDropbox でコンテンツを共有している多くのユーザーが、より効率よくレビュー作業を行っていただけるよう、弊社はこの数年間、各種ファイルに対するコメント機能の強化に努めてきました。プレビュー可能なファイル形式の拡充や、ファイルの特定部分にコメントを付ける機能は、フィードバックのやり取りの効率化に役立っていると認識しています。今回追加された「タイムコード付きコメント機能」は、レビューの効率化をさらに後押しする強力な機能です。

「タイムコード付きコメント機能」は、dropbox.com および iOS 版 Dropbox アプリで利用可能です。また、Android 版は近日リリース予定です。Dropbox アカウントをお持ちであれば、どなたでも、Dropbox Professional、Business Advanced、Enterprise、および Education ユーザーが共有したファイルにタイムコード付きのコメントを付けることができます。詳しくは、「タイムコード付きコメント機能」についてのページをご覧ください。

https://www.dropbox.com/time-based-comments

以上

Dropboxについて
Dropboxは、使いやすいコラボレーションツールや非常に高速かつ信頼性の高いファイル同期プラットフォームにより、5億を超える登録ユーザーの共有の場となっています。中小企業から大企業まで、チームワークの改善をサポートします。
詳細は、 https://www.dropbox.com/ja/business または https://navi.dropbox.jp/ をご覧ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Dropbox Japan株式会社 >
  3. Dropbox、「タイムコード付きコメント機能」を追加