世界初!AIによるリユース商品の画像識別で、たったの3ステップで商品登録⇒世界のECサイトへ一括出品

リユースEC一括管理システム「WORLD SWITCH」スマホアプリリリース

株式会社ワサビ(大阪府大阪市、代表:大久保裕史、以下ワサビ)は2019年3月6日にリユース販売特化型EC一括管理システム「WORLD SWITCH」においてAI(人工知能)による画像識別での商品登録機能を導入いたしました。一般へのリリースは4月頃となります。
「WORLD SWITCH」とはリユース商品(中古商品)をECにて出品する際の在庫連動、一括出品、受注管理、自動翻訳を効率よく簡単に運用できるシステムです。日本だけでなく世界中のECモールへの出品が可能です。

EC、リユース、CtoCビジネスが盛り上がりをみせる一方、その労働環境の改善や作業効率についてはまだ発展途上です。そこでワサビは商品登録の際にかかる時間の圧倒的な短縮を目指し、画像識別によるリユース商品の型番・推奨価格を査定できるシステムを導入いたしました。

操作はたったの3ステップで完了します。①商品を写真に撮りアップロード、②上がってくる候補型番を選択、③推奨価格を入力し出品、以上。リユース業界の経験がない方でも簡単に短時間で商品登録から出品までを完了できます。このAI画像識別システムをリユース販売特化型EC一括管理システムに導入したのはワサビが世界で初めてです。

ワサビは昨年より開発を続けてまいり、3月6日にはまずルイ・ヴィトンのブランドリユース商品に対応が可能となりました。今後はその他ブランドの導入に加え、ブランドアパレル商材以外のリユース商品においても同システムの対応を検討中です。

■WORLD SWITCH 画像識別概要
導入予定日   :2019年3月6日
対応商材      :バッグ、財布・小物(その他商材追加予定)
対応ブランド:ルイ・ヴィトン (他ブランド追加予定)
一般導入予定:4月頃
 


■代表挨拶
ブランド古着のECで店長として携わり、日々のリユース品をWebにアップし続けるという作業問題を抱えておりました。その問題を理解している自分だからこそ、中古業界に必要なシステムを作り、業界の未来を変えたい!と想い起業しました。特定のマーケットプレイスへの依存、スタッフの不足、閉鎖的な業界の体質等…これらの課題を改善しなければリユース事業者はプロである価値を失い衰退の一途を辿るばかりです。 今後は海外の様々な国に販売していく事となると予測しています。世界を股にかけた循環型社会をつくるために、リユース業界の未来を変え、イメージと存在価値を変え、5年後、10年後のリユース業界の未来を創り、リユース業界を変える未来の設計図を実現するチームが『ワサビ』だと確信しています。


■株式会社ワサビ 会社概要
会社名      :株式会社ワサビ
代表者      :代表取締役 大久保裕史
本社所在地:大阪府大阪市北区梅田2丁目5−8千代田ビル西別館4階
設立年月日:2012年3月2日
会社URL   :https://wasab.net/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワサビ >
  3. 世界初!AIによるリユース商品の画像識別で、たったの3ステップで商品登録⇒世界のECサイトへ一括出品