宮城の廃校を利活用した防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」/肥満率の高い宮城県民(※)に向けた「防災と健康ワークショップ」開催

3世代向け、“いざというとき”に備えた健康な体をレクチャー。3月17日(日)午前・午後の部/2部制にて実施。(※)厚生労働省「国民の健康・栄養調査」(平成28年)より

貴凛庁株式会社(所在地:宮城県東松島市、代表取締役:三井紀代子)は、自社の旧野蒜小学校をリノベーションした防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」にて、「防災と健康ワークショップ」を3月17日(日)に開催します。午前・午後の2部制で、年間3,000名の子どもたちを指導する体育教室講師や、都内リンパ専門店を主催する講師を迎え、祖父母・親・キッズの各3世代に向けたワークをそれぞれ用意しています。

 

本ワークショップは、震災から8年、“いざというとき”に備えた健康な体づくりを学んでいただくことを目的としています。イベントを通して、一人でも多くの宮城県民含む被災地域の皆様が、「防災と健康」の大切を知ってもらえるよう、KIBOTCHAは発信してまいります。

 

防災と健康ワークショップロゴ防災と健康ワークショップロゴ

 

 

KIBOTCHA外観KIBOTCHA外観

  • 【開催概要】

・日時:2019年3月17日(日)午前・午後の2部制(詳細時間は下部にて記載)
・場所:東松島市野蒜字亀岡80「KIBOTCHA(キボッチャ)」(URL: http://kibotcha.com)
※入館料として大人300円、小中学生200円、未就学児無料
・参加方法:参加費無料・事前予約
 (電話:0225-25-7319,FAX:0225-25-7309,mail: info@kiboctha.com)
※当日飛び入り参加可
・主催:KIBOTCHA
・共催:東松島市、東松島市教育委員会、株式会社ジムプロ、日本リンパケア研究協会
・後援:宮城県

 【ワークショップラインナップ】

■「キッズワークショップ」
足が速くなるための3つのコツ(スタートのコツ・走りのコツ・ゴールのコツ)を学ぶ
時間:午前の部10時~11時/午後の部13時~14時
定員:親子20組40名(お子様は5歳~9歳向けになります)

 
キッズ講師:安藤典弘キッズ講師:安藤典弘
担当講師:安藤典弘(株式会社ジムプロ)
※日本体育大学卒業
2004年に日本体育大学を卒業後、都内の体操教室で看板指導員として、年間3,000名の子どもたちを指導。





■「大人ワークショップ」
なぜ太るのか・どうしたら痩せるのか・子どもの肥満を防ぐ為の方法を学ぶ​
時間:午前の部11時半~12時半/午後の部14時半~15時半
定員:30名

 
大人講師:安達剛大人講師:安達剛
担当講師:安達剛(日本リンパケア研究協会理事長)柔道整復師。
自身が主催するリンパ専門店「ファリンソ」には芸能人も多数来店。
リンパの経験を活かしたクリニック等での講演実績もある





■「シルバーワークショップ」
いつまでも元気を保つためにロコモについてを学ぶ​
時間:午前の部10時~11時/午後の部13時~14時
定員:30名

 

 

 

シルバー講師:島崎晋輔シルバー講師:島崎晋輔

担当講師:島崎晋輔(貴凛庁株式会社)
早稲田大学政治経済学部卒業
柔道整復師/柔道二段。高齢者向けの運動指導、特に下半身に筋力アップに力をいれている






詳細はホームぺージにてご確認ください。(http://kibotcha.com/kenkou317/
また、人気の「自衛隊OBが教えるいざというときに使える防災術」も随時開講いたします。

 
  • KIBOTCHA
(以降、「当施設」)は、宮城県東松島市の旧野蒜小学校をリノベーションし、2018年7月21日にグランドオープンした防災体験型宿泊施設です。当施設では、オープン以来個人・団体等の視察や防災研修を受け入れているだけでなく「東松島宝探し」や「KIBOTCHA鳴瀬かき祭り」といった各種イベントも行い、東松島市の魅力を対外的にも発信しております。

KIBOTCHAロゴKIBOTCHAロゴ

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 貴凛庁株式会社 >
  3. 宮城の廃校を利活用した防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」/肥満率の高い宮城県民(※)に向けた「防災と健康ワークショップ」開催