東日本大震災から8年。「私たちは、忘れない。」プロジェクト始動

「平成は、平和だったか」8年目の真実から考えるべきこと

日本赤十字社東京都支部(所在:東京都新宿区大久保1丁目2-15、支部長:小池百合子、以下当社)は、「私たちは、忘れない。」〜未来へつなげる防災・減災プロジェクト〜の2019年の新たな取組を、3月11日より始動いたします。
▼プロジェクト名
「私たちは、忘れない。」〜平成は、平和だったか〜

 

▼プロジェクトの背景と目的
平成では、東日本大震災をはじめ、毎年の様に大きな災害があったものの、その時の被災状況や教訓に関しての意識は風化の一途を辿っているのが現状です。本プロジェクトは、改元を目前に今一度平成を振り返り、忘れてはいけない教訓があるという気付きを促すことを目的としています。未来の被災者を増やさないよう、防災・減災意識の向上を図ります。

▼プロジェクト概要
内容 :「平成は、平和だったか」というメッセージ動画を拡散することで、視聴者が忘れてはいけないことを忘れてしまっていることに気づき、東日本大震災のあまり知られていない真実に触れることで、未来のために何ができるかを考えるきっかけを創出します。
期間 :3月11日〜3月31日(配信期間)
対象者:facebook、youtubeすべてのユーザー、国民全体
関連ページ:http://tokyo.jrc.or.jp/lp/wasurenai/

▼会社概要
称号   日本赤十字社東京都支部
支部長  小池 百合子
所在地  東京都新宿区大久保1丁目2-15
設立   1887年
事業内容 血液事業、医療事業、社会福祉事業、赤十字病院運営、災害救護活動、救急法等の講習普及事業、
国際活動

問い合わせ先
日本赤十字社東京都支部「私たちは忘れない」事務局
(担当:山﨑・蓮尾 メールアドレス:info@samaria.co.jp)

 
  1. プレスリリース >
  2. 日本赤十字社東京都支部 >
  3. 東日本大震災から8年。「私たちは、忘れない。」プロジェクト始動