なぜローカルでビジネスパーソンが育つのか?

“CAREER FOR” Lab 第2弾


一般社団法人地域・人材共創機構は、地域の課題解決のために、都市と地域をつなぐ中間支援機能のモデル形成や、ローカルキャリアに関する調査研究に取り組んでいる団体です。本イベントでは、地域を活用した大企業向けリーダーシップ研修「TEX」を運用する株式会社ファーストキャリア社や、「未来の教室」をはじめ多様なオープンイノベーションによる人づくりを推進する経済産業省、地域の現場でユニークなキャリアを歩むCAREER FORメンバーが集い、「ローカル」×「ビジネスパーソンの人材育成」の可能性を探求します。

ローカルキャリア(地域でのキャリア開発)を見つめ直し、都市と地域の垣根をなくす共創に参加してみませんか。全国5地域の中間支援団体・行政ならびに一般社団法人地域・人材共創機構がお届けする“CAREER FOR” Lab の第2弾!ぜひご覧ください。

■開催概要■
日時:2019年3月30日(土)16:00~19:00(15:30開場)
場所:LIFULL HUB( https://hub.lifull.com/
   〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4-4
参加費:1,000円/人
参加対象:都市部企業の人事・経営企画・CSR・CSV担当者、地域での人材育成に関心のある方 など
定員:50名
主催:一般社団法人 地域・人材共創機構
協力:株式会社ファーストキャリア
会場協力:LIFULL
後援:日本財団(申請中)
お申し込み:https://careerforlab-session2.peatix.com

■タイムテーブル■
16:00 趣旨説明/ウェルカムスピーチ
16:05 キーノートスピーチ①「なぜ地方で人が育つのか?」
    瀬戸口 航氏/株式会社ファーストキャリア 代表取締役社長・株式会社セルム 執行役員
    キーノートスピーチ②
   浅野大介氏/経済産業省商務・サービスグループサービス政策課長 (併)教育産業室長
16:45 休憩/乾杯
17:00 本音の大喜利トーク「本当に地方で人が育つのか!?」
   山田 崇/塩尻市地方創生推進課シティプロモーション係長
   森山明能/株式会社御祓川シニアコーディネーター
   宇野由里絵/NPO法人おっちラボ・一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム
   石井重成/釜石市オープンシティ推進室長・内閣官房シェアリングエコノミー伝道師
   田中 勲/NPO法人G-net副代表
   瀬戸口 航氏/株式会社ファーストキャリア代表取締役社長
18:00 懇親会
18:50 クロージング
19:00 イベント終了

■スピーカー紹介■
【キーノートスピーチ①】

瀬戸口
株式会社ファーストキャリア 代表取締役社長・株式会社セルム 執行役員
早稲田大学商学部卒業後、大手コンサルティング会社にて自動車業界を中心に新規事業開発支援・ビジネスプロセス構築などに従事。
2010年(株)ファーストキャリア入社。2016年4月より現職。大手企業を中心に、ファーストキャリア層(新人、若手人材)の育成支援施策のコンサルティング、及び教育研修体系の構築を手がける。

【キーノートスピーチ②】

浅野大介
経済産業省商務・サービスグループサービス政策課長 (併)教育産業室長
2001年入省。資源エネルギー、貿易・国際物流、知的財産、地域経済、マクロ経済分析等の業務を経て、資源・燃料部政策課長補佐(部内総括)として石油業界の事業再編・取引適正化、災害対応能力強化、資源開発体制改革等を担当。
2016年7月より大臣官房政策企画委員として商務・サービス・産業保安の関係部局再編を担当し、教育産業室を設置準備。2017年7月より大臣官房政策審議室企画官、10月より商務サービスグループ教育産業室長を兼務。2018年7月より現職。

【本音の大喜利トークスピーカー】

山田
塩尻市企画政策部地方創生推進課シティプロモーション係長
TEDx Sakuでの「元ナンパ師の市職員が挑戦する、すごく真面目でナンパな『地域活性化』の取組み」が話題。16年1月地域課題解決を民間企業のプロ人材との協働実施する”MICHIKARA~地方創生
協働リーダーシッププログラム”を開始、グッドデザイン賞2016受賞。16年9月”地方創生インターンシップTURE TECH”、17年10月にリクルートホールHDと塩尻市の包括連携協定締結等、地方創生を担当。内閣府地域活性化伝道師、信州移住計画 ファウンダー。
 

森山明能
一般社団法人地域・人材共創機構代表理事、株式会社御祓川シニアコーディネーター、七尾自動車学校代表取締役社長
1983年七尾市生まれ。07年慶應義塾大学総合政策学部卒。家業の七尾自動車学校や民間まちづくり会社の㈱御祓川などで働くポートフォリオワーカー。前者では社長として働きつつ、後者では地域コーディネーターとして能登島の観光プロジェクト「うれし!たのし!島流し!」や農家漁師による「能登F-Fネットワーク」の設立・運営に携わる。内閣府・地域活性化伝道師。趣味は歌うことでご当地系アカペラグループ「カガノトーンズ」の一員。
 

宇野由里絵
NPO法人おっちラボ 総務マネージャー/ 島根県教育魅力化支援員/一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム
1987年生まれ。岐阜県出身。都市銀行、リクルートを経て島根へ。2015年、運命的な出会いを繋げて島根に移住。現在は、島根県教育委員会、一財)地域・教育魅力化プラットフォーム、NPO法人おっちラボと3つでパラレルキャリアを形成中。場所は違えど、テーマはひとづくり。4月からは雲南市で個人事業主として起業予定。
 

石井重成
一般社団法人地域・人材共創機構代表理事、釡石市総務企画部オープンシティ推進室長
経営コンサルティング会社を経て、震災を機に岩手県釜石市へ。地方創生の戦略立案や官民パートナシップを統括。半官半民の地域コーディネーター釜援隊の創設、グローバル金融機関と連携した高校生キャリア教育、広域連携による移住・創業支援の展開などを通じて、人口減少時代の持続可能な復興まちづくりを推進。内閣官房シェアリングエコノミー伝道師、総務省地域情報化アドバイザー。
 

田中
NPO法人G-net副代表理事
2009-11年にボリビアにて青年海外協力隊として活動。
2012年11月よりG-netに。新規事業開発に従事し、2015年6月に理事就任、2017年6月に副代表理事就任。
若者にはキャリアコーディネーターとして、地域企業には社外人事部として関わる。
他には青年海外協力隊OBとして協力隊ナビを実施したり、高校・中学への出前講座へ出向いたりしている。

■“CAREER FOR” Labo とは■
一般社団法人地域・人材共創機構では、地域の課題解決のために、都市と地域をつなぐ中間支援機能のモデル形成や、ローカルキャリアに関する調査研究に取り組んでいます。塩尻市シティプロモーション推進協議会(塩尻市)、株式会社御祓川(七尾市)、NPO法人おっちラボ(雲南市)、株式会社パソナ東北創生(釜石市)、NPO法人G-net(岐阜県エリア)が参画し、「CAREER FOR」という都市と地域の垣根をなくすためのコミュニティ運営をしています。

本イベントは、上記の連携地域に加え、TEXという人材育成プログラムを企業向けに開発するファーストキャリア社の瀬戸口代表や、関連テーマ/事業を推進されている行政機関よりゲストをお迎えし、地域×都市部人材のリーダシップ開発を探求するセミナーです。

人生100年時代と言われる今、誰にとっても大事なテーマとなる「働き方」。私たちは、ローカルキャリアを探求し、都市と地域の垣根をなくしていく過程の中で、未来の働き方の可能性を明らかにしていきます。「絶対解」はありません。多様により、多様なリーダーシップが育まれる社会基盤づくりの第一歩にしていきたいと考えています。

会場協力:LIFULL ■
LIFULLは、地方創生事業として「LIFULL HOME'S 空き家バンク」で網羅した空き家データを元に、LIFULL地域創生ファンドなどの空き家活用の資金調達支援、民泊等の空き家活用のプロデュース、空き家活用の人材育成とマッチングを行なっています。これまで福井県鯖江市、岩手県釜石市、宮崎県日南市、岡山県総社市と地域連携協定を締結し、様々なモデルづくりを行なっています。LIFULLは、空き家の再生を軸に、日本に新しいライフスタイルを提案、それによる地方創生の可能性を切り拓きます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 地域・人材共創機構 >
  3. なぜローカルでビジネスパーソンが育つのか?