国立新美術館 特別公開 「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」

2020年に向け、日本の歴史と未来を世界の方々に

「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」が国立新美術館 正面入口前にて、2019年4月17日(水)から2021年5月10日(月)まで特別公開されます。

 

 


「吉岡徳仁 ガラスの茶室 − 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となりました。国立新美術館では「ガラスの茶室 − 光庵」を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情をご覧いただくとともに、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」、そして新作「Water Block − Sphere」も併せて展示いたします。

【特別公開詳細】
2019年4月17日[水] - 2021年5月10日[月]
観覧料|無料

会場|国立新美術館 正面入口前(東京・六本木)

企画|株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
協賛|NTT都市開発株式会社
開館時間|美術館の開館時間に準ずる
休館日|毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始

【会場情報】
国立新美術館
住所|東京都港区六本木7-22-2
アクセス|
・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札 6出口(美術館直結)・5出口から徒歩 約1分
・東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩 約5分
・都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩 約4分
※美術館に駐車場はございません。

【吉岡徳仁 デザイナー / アーティスト】

プロフィール:
1967年生まれ。倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学び、2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。
デザイン、建築、現代美術の領域において活動し、自然と光をテーマにした詩的な作品は、国際的に評価されている。
代表作・受賞歴:
オルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」をはじめ、クリスタルプリズムの建築「虹の教会」、結晶の椅子「VENUS」、ガラスの茶室「光庵」などがある。東京2020オリンピックでは、聖火リレートーチのデザインを手がけている。
作品は、ニューヨーク近代美術館(アメリカ)、国立近代美術館(フランス)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(イギリス)ほか、世界の主要美術館に永久所蔵されている。
毎日デザイン賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、Design Miami / Designer of the Year、Milano Design Award 最高賞など、国際的な賞を多数受賞。アメリカNewsweek誌による「世界が尊敬する日本人100人」に選出されている。


​​【お問い合わせ先】
株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
T 03-6455-3576 
www.tokujin.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TYD >
  3. 国立新美術館 特別公開 「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」