こども食堂を題材に漫画化してくれる漫画家さん募集!

こども食堂にすべての人がアクセスできる状態を目指して!

NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(理事長・湯浅誠、社会活動家・東京大学特任教授)では、このたび、こども食堂を題材に漫画を描いてくれる漫画家さんを募集します。

こども食堂を題材に漫画化してくれる漫画家さん募集!こども食堂を題材に漫画化してくれる漫画家さん募集!

 

こども食堂は、現在全国に2000箇所以上存在し、この2年間で7倍に増えました。
https://musubie.org/kodomosyokudo/
地域交流拠点づくりと子どもの貧困対策の両面の機能をもつこども食堂は、これからの地域や社会を持続可能なものにしていくために欠かせない存在になっていくと私たちは考えていますが、まだまだ「貧困の子を集めて食事させるところ」「大都市部の現象で、地方には関係ない」「特別な人たちが行くところ」と誤解されています。
 



そのため、「こども食堂」というワードは聞いたことがあっても、行ったことのない人たちが子どもも大人もほとんどで、すべての人がアクセスできる状態を目指す私たちとしては、この状態を改善していきたいと願っています。
そこで、一般の方たちにも訴求するツールとして漫画を考え、本企画で(株)TRUNK様から助成金を受け取ることができました。

このたび、その漫画をご執筆いただける漫画家さんを募集させていただきます。

「こども食堂」の実態を正しく伝えながら、子どもも大人も楽しめて、にっこりほっこりできる、まじめすぎず、でも軽薄でない――そんな作品をお待ちしています!

 


ご関心のある方は、以下の要綱にしたがって、ご連絡いただければ幸いです。
 



「こども食堂の支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくる。」という私たちのビジョンは、私たちだけでは実現できません。
みなさんのご応募、お待ちしております。

【要綱】
○応募資格
こども食堂にご関心とご理解のあること。

○応募内容
・氏名(ペンネーム可)
・連絡先(メールアドレス、電話番号)
・過去の作品名
・こども食堂をモデルにした漫画見本(A4サイズ1〜2枚)

○応募方法
以下メールアドレスに、送付ください。
cr@musubie.org
漫画見本はPDFまたはJPEG形式でお送りください。

○応募〆切
6月15日(日)

○選考と発表
むすびえによる選考を経て、7〜8月にご連絡するとともに、むすびえHP等で公表します。
選考に関するお問合せには応じられませんので、ご了承ください。
提出いただいた作品は返却できませんので、ご了承ください。

○審査員
現在調整中

○賞品
最優秀賞10万円
受賞に際しては、むすびえホームページ等で作品を連載していただくことが条件となります。
・期間:2019年9月〜2020年3月
・連載内容:隔週A4サイズ1〜2枚の作品を、20〜30本程度(原稿料A4一枚あたり10,000円)(読み切りも続き物も可)
・発表媒体:むすびえとしては、単行本化を目指したいと思いますので、発表媒体がより訴求力のある媒体に変更になる場合もあります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ >
  3. こども食堂を題材に漫画化してくれる漫画家さん募集!