RED HAVASを設立し、PR部門を再編

新たなメディア統合型のマイクロネットワークに基づいたデータやコンテンツを最優先に、Havas PR North Americaとオーストラリアやアジア地域で事業を展開するRed Agencyを統合

現代のメディア情勢において、クリエイティブエージェンシーや広告代理店の業務内容やその範囲が日々変化する中、特にPR代理店の構造は完全に新しくなっています。PR会社が急速に変化する現代のマルチメディア情勢のスピードに遅れを取ることなく、完璧なサービスを提供するためには何ができるでしょうか。Red Havasを構成するPR代理店は、「マージドメディア(Merged Media)」(メディア統合)と呼ばれる、メディア消費の統合(従来型およびデジタル版の出版、コンテンツ、ソーシャル、データを、未来のPRの形と考える1つのカテゴリに統合する)を複製する戦略モデルを採用しています。

マージドメディアモデルのこれまでの成功に基づき、Havasグループは本日、受賞歴を誇る数多くのPR会社およびSNS広告代理店で共通のMerged Media戦略を新たな水準へと押し上げ、また他の地域への拡大に向け、これらの代理店をRed Havasという新ブランド名の下で再編したことを発表しました。

本日をもって、ニューヨーク、ニューイングランド、フェニックス、ピッツバーグに拠点を持つHavas PR North Americaと、オーストラリア、シンガポール、フィリピンに拠点を持ち、アジア太平洋地域で事業を展開するRed Agencyは、新ブランドの下で、アーンドメディア部門、SNS広告部門、経験価値部門、コンテンツ部門を一元化します。さらに、Red Havasはロンドンに拠点を新設し、マンチェスターおよびエジンバラにあるHavas PR部門と、ベトナムおよびジャカルタにあるHavas PR部門を新ブランドの下で再編しました。この新ブランドは、18~24カ月以内に日本と南米でも事業を拡大する予定です。

今回のブランド再編に伴い、リスニングプラットフォームや、業界初の予測メディア機能が搭載された予測アナリティクスプラットフォームなど、データ、コンテンツ、カスタムのインサイトツールへの大規模な投資も行われました。

Havas PR Global Collectiveのグローバルチェアマン兼Red HavasのグローバルCEOであるジェームズ・ライト(James Wright)は、次のように述べています。「PRには、ブランドや組織側のストーリーをメディアのエコシステム内で交わされる日常会話に織り込む役割があります。PRは、ブランドがオーディエンスとつながるために使える最強ツールの1つですが、各種コンテンツやソースをシームレスに統合し、現代のユーザーに適したスピードや方法で広告を展開させることが不可欠です。コンテンツ、SNS、予測データを中心に、各種メディアソースをすべて統合し、実質的にPR部門の定義を完全に変えるモデルを構築しました」。

HavasグループのCEO兼チェアマンであるヤニック・ボロレ(Yannick Bollore)は、「Red Havasは、変革的で他にはない、新しいミクロ構造の代理店ネットワークを通じて、PRやクライアントにとってのPRの価値を再定義することに寄与します。Havasグループの力や、ヴィヴェンディ((Vivendi)が持つ世界的なエンターテイメント力に加え、マージドメディアモデルが掲げる価値提案によって、非常に面白い結果を実現できると思います。この分野をさらに強化し、投資を増やすという大きな野望があります」と述べ、次のように結んでいます。「PRは今も未来も、常にアーンドメディアを担っていますが、マージドメディアの世界では、オウンドメディアを構築する必要があります。それが、Red Havasの野望です」。

2つのグループに関する概要は以下の通りです。

●クライアントのキャンペーン、クリエイティビティ、企業としての社会的責任(CSR)活動、スタッフなど、非常に様々な要素を誇るHavas PR North Americaは、米国で最も栄誉あるPRグループの1社とされています。トレンドスポッティングによって、クライアントを単にニュースに登場させるだけでなく、クライアント自身が話題となるような取り組み姿勢が評価されています。

●近年、Red Agency Australiaは市場最大の代理店となり、カンヌライオンズ、スパイクスアジア、PRWeekアワードなど、国内外や各地域の授与式で150以上の賞を獲得しました。2016年はシンガポールに、また2018年にはマニラにも拠点を新設しました。

Red Havasは、世界で約40社の代理店と1,300人の従業員を擁するHavasグループのPR・コミュニケーション部門、Havas PR Global Collectiveの一員です。現時点で、Havasが所有する他のPR代理店を編成する予定はありません。


Red Havasについて
Red Havasは、Global Havas PR Global Collectiveの一員として、オーストラリア(ブリスベン、メルボルン、シドニー)、インドネシア(ジャカルタ)、フィリピン(マニラ)、シンガポール、イギリス(ロンドン、マンチェスター、エジンバラ)、アメリカ(ピッツバーグ、フェニックス、ニューイングランド、ニューヨークシティ)、ベトナム(ホーチミン)に拠点を展開しています。詳しくは、 www.redhavas.com をご覧ください。なお、日本に関わる案件は現在、PR会社の株式会社トレイントラックス(東京・渋谷区)と連携して展開しています。

Havasグループについて
Havasは、世界最大級のグローバルコミュニケーショングループです。1835年にパリで創業し、現在は100カ国以上に20,000人の社員を擁し、3つの事業部門からあらゆるコミュニケーション活動を展開しています。Havasグループは2017年12月にヴィヴェンディと統合しました。Havasグループのミッションは、ブランド、企業、人々に有意義な変化をもたらすことにあります。クライアントのニーズをより深く予測するため、世界各地にある60以上のHavas Villageを完全統合したモデルを採用しています。Havas Villageでは、クリエイティブ、メディア、ヘルスケア&ウェルネス部門が協業し、クライアントにアジリティやシームレスな体験を提供しています。Havasグループの詳細については、同社ウェブサイト( havasgroup.com )をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Havasグループ >
  3. RED HAVASを設立し、PR部門を再編