ThoughtSpot、日本法人の設立を発表

グローバル市場における国内企業のビジネス競争力強化を支援する、検索とAIを活用した分析プラットフォーム

ThoughtSpot Inc.(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、CEO:スディーシュ・ナイア、以下ThoughtSpot)は本日、日本市場進出のため、東京に日本法人「ソートスポット合同会社」を設立したことを発表しました。日本法人のカントリーマネージャーには水嶋ディノが就任し、今後国内での営業活動を統括するほか、世界規模のパートナーエコシステムを日本市場にも拡張する役割を担います。
2012年、米パロアルトで設立されたThoughtSpotは、検索とAIを活用した企業向け分析プラットフォームを提供する業界リーダーです。海外では既に小売、金融サービス、通信、製造、製薬といった業種で大規模導入された実績があり、急速な勢いで成長しています。日本法人の設立に伴い、本日から日本語に対応した製品と国内向けの顧客サポートが提供されます。

市場背景
市場がグローバル化するなか、ビジネス競争力を高めるため、企業にはデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現がますます求められています。DX実現に向け、クラウドやIoTといった最新技術の採用が進み、データの量と複雑さが劇的に増加している中、データサイエンティストの人材不足という課題が浮き彫りになっています。 

これまで、ビジネスユーザーがデータ分析を依頼した場合、データサイエンティストなどの分析担当者が都度カスタムレポートを作成する場合が多く、結果を得るには数日間待つ必要がありました。さらに、ビジネスにおける重要な意思決定の大部分を、データの分析結果を十分に活用せず行う企業もいまだに少なくありません。企業は費やしたIT投資に対して適切な価値を見出せないという大きな課題に直面しています。 

製品とテクノロジー
ThoughtSpotは、従来のBIツールよりも優れた価値をもたらす、全く新しいデータ分析プラットフォームの提供を通じて、企業の直面する課題に対応します。まず、ビジネスユーザーは、直感的に使いやすい検索インターフェイスからデータに関する質問をキーワードで検索することで、自ら即座に分析結果を得ることができるようになります。それに加え、AIが自動的にデータを分析し、意思決定に活用できるインサイトを提供します。 

また、独自の高性能アーキテクチャーにより、ThoughtSpotはパフォーマンスを損なうことなく、何十億行という膨大なデータを処理できるよう設計されています。そのため、これまでは集約データやサンプリングされたデータの利用を強いられていたケースにおいても、全量の明細データを分析することが可能です。 

ThoughtSpot、最高経営責任者(CEO)のスディーシュ・ナイアは次のように述べています。「本日、日本法人の設立を発表できたことを大変光栄に思います。日本企業は、社内に保管された大量のデータから真のビジネス価値を引き出すうえで課題に直面しています。さらに、日本社会全体で人材不足が叫ばれており、優秀なデータサイエンティストなどの分析担当者を確保するのはますます困難になることが予想されます。ThoughtSpotでは、これらのニーズに対応し、あらゆるビジネスユーザーにデータ分析のメリットを提供できることを期待しています。」

ソートスポット合同会社カントリーマネージャーの水嶋ディノは次のように述べています。「DXを推進していくうえで、ビジネスユーザーがデータに関する質問に対して迅速に回答を得て、即座に意思決定を行い、確実に成果をもたらすアクションを実行できる環境を整えることが不可欠です。当社の検索とAIを活用した分析プラットフォームは、ビジネスユーザーがデータを直接利用する際のハードルを下げ、データリテラシーの向上を加速させることで、企業のDX推進を支援します。当社の目標は、グローバル市場における日本企業の競争力強化に貢献することです。」 

ThoughtSpotについて
ThoughtSpotは、経営幹部から現場担当者まで、あらゆる従業員にデータからのインサイトを素早く提供できることから、世界中の革新的な企業で利用されています。自然言語を使い、まるでGoogleのようなシンプルな検索を行うだけで、何十億行ものデータを瞬時に分析します。またAIを活用することで、ユーザーが考えもしなかった質問に対しても、適切かつ信頼できるインサイトを自動で提供します。ThoughtSpotは、あらゆるビジネスユーザーが扱えるほどシンプルですが、スピード、セキュリティ、ガバナンスを損なうことなく、大規模で複雑な企業データに対応できるほど強力です。そのため、7-11、BT、Celebrity Cruises、Daimler、De Beers、Hulu、Miami Children's Health System、Nationwide Building Society、Scotiabankなどの顧客企業は、その意思決定プロセスにThoughtSpotを採用しています。さらに、調査会社Gartnerの2019年Magic Quadrantにおいてはリーダーに選出されました。ThoughtSpotは、インサイトが全ての意思決定に取り入れられることを通じ、よりファクトドリブンな世界の実現に向けてデータが果たす役割の進化を支援します。詳細については、Webサイトをご参照ください。
https://www.thoughtspot.com/jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソートスポット合同会社 >
  3. ThoughtSpot、日本法人の設立を発表