手入力ゼロ!「AI-OCR×RPA」で実現へ

-NTT東日本よりOEM提供を受けOCRサービス「リレクwith AI inside」を販売開始-

インターネット関連事業を営む株式会社イージェーワークス(本社:横浜市、代表取締役社長:佐伯 誠/以下、イージェーワークス)は、システムテスト事業を展開する株式会社デジタルハーツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:玉塚 元一/以下、デジタルハーツ)と、手書き帳票データ化サービス「リレクwith AI inside」※1及びRPAツール「WinActor(R)」※2の販売パートナー契約を締結し、2019年6月より提供を開始いたしました。

2019年6月24日
株式会社イージェーワークス


手入力ゼロ!「AI-OCR×RPA」で実現へ
-NTT東日本よりOEM提供を受けOCRサービス「リレクwith AI inside」を販売開始-
インターネット関連事業を営む株式会社イージェーワークス(本社:横浜市、代表取締役社長:佐伯 誠/以下、イージェーワークス)は、システムテスト事業を展開する株式会社デジタルハーツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:玉塚 元一/以下、デジタルハーツ)と、手書き帳票データ化サービス「リレクwith AI inside」※1及びRPAツール「WinActor(R)」※2の販売パートナー契約を締結し、2019年6月より提供を開始いたしました。
※1リレク(LisLec)とは「手書きを読む」のフランス語 「Je lis l'ecriture 」からの造語です。
※2 WinActor(R)はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

【背景】
RPAを導入する企業や自治体が増え、パソコンを使った定型業務の自動化が進む中、「紙帳票」を扱う業務は自動化が進まず課題のひとつとなっています。FAXで届く注文書、郵送される請求書、手書きの申込用紙など多くの紙帳票を、人が「目」で見て「手」で入力するために時間を割いています。
AI-OCRを活用すれば、さまざまな紙帳票をテキストデータ化することができますが、その一方でRPAと連携し自動化の範囲拡大を期待するも、思うような成果が出せず担当者から相談が寄せられるケースが増えています。

【今後の展望とサービス概要】
OCRやRPAの定着・浸透を目指したコンサルティングを実施するイージェーワークスと、企業の情報システムに潜む不具合を検出するシステムテスト事業で豊富な実績を持つデジタルハーツは、社会の課題を解決するために、国内シェアNO.1のRPAツール「WinActor(R)」とAI機能が搭載された最新OCRサービス「リレクwith AI inside」の導入から運用・保守までのコンサルティングや技術相談など、充実したサポートプランを提供します。情報システムの専任担当者がいない企業でも安心してご利用いただけます。

【リレク with AI inside について】※3
手書き書類や帳票の文字を、AI 技術を使って読取・データ化するOCR サービスです。高い読取精度(96.71%)、マウスの操作だけで読取設定が可能な使いやすさが特徴です。
詳細は https://www.ejworks.com/ai-ocr/をご覧ください
 

※3 NTT東日本より、OCRサービス「AIよみと~る」のOEM提供を受け、「リレクwith AI inside」としてサービス化しました。
※4 NTT東日本が2018年度第2四半期に実施したトライアルにおける実測値です。

【WinActorについて】
国内3,000社(2019年3月時点NTT-AT調べ)を超える導入実績がある純国産のRPAツールです。
詳細はhttps://www.ejworks.com/rpa/winactor/をご覧ください


【会社概要】
■株式会社イージェーワークスについて(https://www.ejworks.com/)
・本社所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-9  アリーナタワー13F
・設立: 2000年4月
・代表者: 代表取締役社長 佐伯 誠
・資本金: 21,106.8万円
・事業内容: インターネット接続サービス事業 / WEBインテグレーション事業 / ネット広告事業 / eビジネスコンサルティング / システム開発事業 / RPAコンサルティング事業

【お問い合わせ】
株式会社イージェーワークス RPAコンサルティング事業部(担当:田島)
TEL:045-472-3078
お問い合わせフォーム:https://www.ejworks.com/contact/all_form.html


※記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イージェーワークス >
  3. 手入力ゼロ!「AI-OCR×RPA」で実現へ