ポルトガルの隠れた宝石 ダオンワイン 日本でのプロモーションを開始

-大阪と東京で公式テイスティングセミナーを開催-

 

​1908年に画定地域制定されたダオンはポルトガルでも最も歴史の長いワイン産地のひとつであり、赤ワインに用いられるトゥーリガ・ナシオナルや白ワインに用いられるエンクルザードなど、ポルトガルを代表する土着のブドウ品種の産地です。平均標高400メートル以上に位置するブドウ畑で先祖代々受け継がれてきたワイン造りにより生み出されるダオンワインは、エレガントで素晴らしいエイジング・ポテンシャルを備えることから、ポルトガルのブルゴーニュと称されることも少なくありません。


この度、日本におけるポルトガルワインの第一人者である別府岳則氏をエデュケーターに迎え、CVR Dão(ダオンワイン協会)主催の公式イベントとしては日本初となるセミナーを大阪と東京にて開催いたします。日本市場に入荷済みのワインを中心に約6種類をご試飲いただく予定です。

ポルトガルワインの中でも隠れた宝石と言える、ダオンの可能性と多様性を是非ご体験ください。

ダオンワイン協会主催特別セミナー
「ポルトガルの隠れた宝石  ~エレガントなダオンの可能性と多様性」
講師:別府岳則氏


【大阪開催】
2019年8月23日(金)14:30-16:00 アカデミー・デュ・ヴァン 大阪校

定員25名様(要事前登録)https://business.form-mailer.jp/fms/8204a3bf107222

【東京開催】
2019年9月25日(水)12:00-13:30 ハイアット・リージェンシー東京 B1F 平安

定員64名様(要事前登録)https://dao2019.peatix.com/

※参加対象-ワイン輸入元、商社、卸、スクール関係者、小売店、飲食業、報道関係者様
※セミナーは席数に限りがあるため、お申込み方法については事前登録フォームにてご確認ください。
※受付時にお名刺を2枚頂戴します。
※セミナー講師・内容はやむを得ない事情により予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。
※ワインの試飲がありますので、ご参加は20歳以上の方に限ります。公共交通機関をご利用ください。


ダオンワイン協会 プレジデントArlindo Cunha 博士は次のようにコメントしています。
「ダオンはキャラクターとエレガンスをもつ特有のワインであり、日本市場に受け入れられるポテンシャルをもっていると考えております。ポルトガルと日本は古くから友好関係にあり、文化的な繋がりが深いことに加え、食文化の共通点もあることから、近年ポルトガルワインの消費は伸長しております。
ダオンワインは赤白問わず、申し分のないエイジング能力を備えており、そのエレガントさから、名高いフランスのワイン産地、ブルゴーニュとの類似点が語られることもあります。
白ワインに用いられ、熟成と進化のポテンシャルが高いエンクルザードや、赤ワインに用いられ、濃厚でありながらフレッシュでエレガントなトゥーリガ・ナシオナルなどの土着ブドウ品種を育む花崗岩の土壌と、平均標高400メートルを超える山々に抱かれた産地からお届けするダオンワインを、日本の皆様に改めてご紹介できることを大変嬉しく思います。」

11月にはワイン愛好家向けのセミナーや報道関係者向けのイベントも開催する予定です。詳しくはイベント事務局までお問い合わせください。
      
■Dão Wines (ダオンワイン)及びCVR Dão(ダオンワイン協会)について
Comissão Vitivinícola Regional do Dão (ダオンワイン協会)はDOC(原産地名称統制)ワイン及びワイン製品の生産及びマーケティングに関わる業者を代表する非営利団体です。1908年に原産地名称統制指定されて以来、ダオンワインの真偽と品質を厳しく管理し、ワインの認可と認証機能を有し、認証シールの発行と奨励を行っております。

 
【本件に関する問い合わせ先】
CVR Dão (ダオンワイン協会) イベント事務局(ウィタンアソシエイツ内)
担当:黒瀬  e-mail: cvrdao@witan.co.jp
TEL : 03-5544-8481 (10~18時 土日祝日除く)  FAX : 03-3586-0662

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Comissão Vitivinícola Regional do Dão (ダオンワイン協会) >
  3. ポルトガルの隠れた宝石 ダオンワイン 日本でのプロモーションを開始