9月1日は「防災の日」“空気だけ”でスマホ最大50台フル充電が可能!警視庁も導入の災害・非常用電池「エイターナス」が、人命救助に一役買います。

防災の日を目前に控え、昨年9月に発生した北海道胆振東部地震から約1年が経とうとしています。道内全域で起こったブラックアウト以来、全国から問い合わせが殺到しているのが、危機管理産業展2018で「防災製品大賞」も受賞した、「災害・非常用発電地AETERNUSエイターナス(以下:エイターナス)」です。

受注が月1000台以上の規模となったエイターナス最大の特徴は、太陽光も水も不要、空気さえあれば発電できる点。
この日本初の機能を搭載した空気亜鉛電池の販売を展開するのは、経営コンサルタント・エネルギー関連事業を手がける株式会社ダブルエー・ホールディングス(代表:皆川一、本社:東京都新宿区西新宿)。災害時に被災者が「情報」を受発信できる電力があれば、より多くの命を救うことができるという思いで提供を始めました。
【水や食料と同じように「電力を配る」発想をコンセプトに】
現状、自治体が確保しているのは持ち運びの困難な「発電機」であり、燃料が必要なため安全性にも問題がある上に長時間置いておくと老朽化し、いざという時に電源が供給できないという懸念がありました。

そこで、高齢者から子どもまで安全・簡単に使用でき、効率的な“第3世代の非常用電池”として注目されているのが、空気で発電する発電池「エイターナス」(ラテン語で永遠の意)です。保存袋を開封して約3分で発電し、インバータを通して100ボルトの電源が供給可能になりました。
 

  

●スマートフォンなどの携帯電話なら最大50台のフル充電
●ノートパソコンなら15時間
●LED照明なら128時間
●血液用冷蔵庫なら10時間

最新の非常用電池「エイターナス」はコンパクトながら大容量の電気を出力します。

【警視庁・自治体・大手企業が導入を開始】
ガソリンや太陽光、風力、水などは一切必要とせず、保存袋を開封し空気に触れさせるだけで起動できる簡単で安全な仕組みが支持され、官公庁では警視庁が導入、自治体では札幌市、高山市、川崎市、秦野市、世田谷区、港区の防災拠点に導入配備され、ANA様、JAL様、日本生命様、ソフトバンク様、NTTドコモ様、味の素様、アサヒビール様など大手企業様がBCP対策として導入を開始し大きな反響をいただいています。
 



【今後の展開】
非常時にコンビニで水や食料と同じようにエイターナスが並ぶのを理想に掲げ、街中に普及したAEDと併せてエイターナスが設置される姿も同時に目指します。
10月2日(水)~4日(金)
東京ビッグサイトで開催される危機管理産業展2019(RISCON TOKYO)に今年も出展予定です。
本件に関するより詳しい内容をご希望でしたら、当社ではマスコミの方の取材お申し込みを随時受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。


【会社概要】
名称: 株式会社ダブルエー・ホールディングス
住所: 〒160-0023東京都新宿区西新宿6-15-1
セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿2719
URL: http://www.wa-holdings.com/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダブルエー・ホールディングス >
  3. 9月1日は「防災の日」“空気だけ”でスマホ最大50台フル充電が可能!警視庁も導入の災害・非常用電池「エイターナス」が、人命救助に一役買います。