近未来モビリティとまちづくり

幸福な都市のための交通システム

株式会社日建設計総合研究所(代表取締役所長 野原文男)は、「NSRI選書」第4弾として『近未来モビリティとまちづくり』(安藤 章上席研究員 著)を刊行いたしました。CASE、MaaSなど最先端のモビリティ革命の動向を捉えつつ、都市と生活者の視点で幸福なモビリティ社会について解説・紹介するものです。

 

 

CASE・MaaS時代の到来は、「100年に一度」の自動車業界の激変と言われています。普段、何気なく私たちが行っている「移動」。しかし、移動は、人類が生きるために必要な行為であり、都市空間も「移動」を大前提として設計されています。「100年に一度」の激変は、自動車業界だけでなく、都市空間や私たちの暮らしにも大きなインパクトを与えることが予想されます。本書は、近未来モビリティ社会の到来を、自動車業界や経済界からの視点ではなく、「都市」とその空間の主役である「市民」の暮らしの視点から論じるものであり、その根底にあるのは「幸福」です。今までにない、斬新な切り口でCASE・MaaS時代を捉えようとしています。



『幸福な都市のための交通システム 近未来モビリティとまちづくり』
安藤 章  著 工作舎編集
令和元年8月20日発行 1400円+税

<目次>
第1章 モビリティとは何か
第2章 モビリティ観のパラダイムシフト
第3章 モビリティの新しい潮流
第4章 未来をひらくモビリティ研究
第5章 モビリティ社会再構築への提言
第6章 公共心を育むモビリティマネジメント

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日建設計総合研究所 >
  3. 近未来モビリティとまちづくり