東アジアスーパーリーグ - FIBAワールドカップに参戦中の各国代表選手及び元NBA選手もテリフィック12に参戦!

出場選手や注目のマッチアップなど、テリフィック12大会の見どころを一足先に公開

[香港 2019年9月2日] –東アジアスーパーリーグ(以下EASL)はテリフィック12に向けた、注目度の高いマッチアップや、出場選手に関するトピックスを発表しました。
9月17日、マカオのタップセック・マルチスポーツパビリオンにて開催されるテリフィック12には、前大会出場の5チームが戻ってきます。Bリーグからは、2017年のスーパー8、そして2018年のテリフィック12に出場経験のある千葉ジェッツと、2018年のテリフィック12で優勝した琉球ゴールデンキングスです。そして、中国・日本・韓国・フィリピンから出場する各トップクラブチームは、スターティングメンバーを発表。8月31日より始まっているFIBAバスケットボールワールドカップに出場中の選手らも出場する予定です。
【注目選手情報】
ナショナルチームでも活躍する選手が、テリフィック12ではクラブチームの一員として参戦します。

FIBAバスケットボールワールドカップ出場選手
  • 中国:グオ・アイラン (遼寧フライングレパーズ)、サン・ミンギ (浙江ライオンズ) 、ジャオ・ジーウェイ (遼寧フライングレパーズ)
  • 日本:比江島誠 (宇都宮ブレックス)、竹内公輔 (宇都宮ブレックス)
  • 韓国:チョイ・ジュンヨン (ソウルSKナイツ)、キム・サンヒュン (ソウルSKナイツ) 、リー・ジュンヒュン(全州KCCイージス)
  • フィリピン: ジュン・マー・ファジャード (サンミゲルビアメン)、ロジャー・ポゴイ (TNTトロパン) 、トロイ・ロザリオ (TNT トロパン)

その他にも、出場するクラブチームのラインナップには、元NBA選手のアーロン・ジャクソン(浙江ライオンズ)をはじめ、ジャック・クーリー(琉球ゴールデンキングス)、ジャミール・ワーニー(ソウルSKナイツ)、ランス・スティーブンソン(遼寧フライングレパーズ)、ピエール・ジャクソン(深圳アビエイターズ)、シャバズ・ムハンマド(深圳アビエイターズ)などの海外トップ選手が名を連ねています。


【注目マッチアップ情報】 ※記載の時間はすべて現地時間表記です
大会第1日 グループステージ - 9月17日(火)
1日目から、ゲームには東アジア最強のリーグからの挑戦者が続々と登場します。韓国バスケットボールリーグKBLで2度の優勝経験を持つソウルSKナイツ(韓国)にとって、今大会はEASLデビュー戦。昨年夏にスーパー8で傑出していたブラックウォータエリートと、午後3時より対戦します。
続く午後5時からの試合では、浙江ライオンズ(中国)と全州KCCイージス(韓国)が対戦。プレーオフでの因縁の相手同士が激突します。
そして午後7時からは、深圳アビエイターズ(中国)とサンミゲルビアメン(フィリピン)が対戦。深圳アビエイターズは複数の強靭なビッグマンを揃えてきており、また、メンバーには元NBA選手のペリエ・ジャクソンやシャバズ・ムハンマドなどのスター選手の顔ぶれも。しかし対するサンミゲルビアメンも、フィリピン最高峰のバスケットボールの舞台PBAにて8度もの優勝経験を持つジュン・マー・ファジャード、”ゴールデンボーイ“と称される無論のスーパーガード、テレンス・ロメオなど、強力なメンバー陣で優勝を狙います。

注目マッチアップは、午後9時からの中国バスケットボール協会CBAで圧倒的強さを誇る遼寧フライングレパーズ(中国)が、ジェイソン“The Blur”カストロ率いるTNTトロパン(フィリピン)と対戦。ロスターは最強です。オールスターのグオ・アイランとジャオ・ジーウェイは、CBA最強のバックコートと呼ばれ、“中国のシャック” ことハン・デジュンは最高峰のビッグマンの一人と称されています。また、伝説のコーチ、グオ・シーキャンは、現在、元NBAスター選手のランス・スティーブンソンのアシストをしています。
TNTトロパンはこれまでPBAを7度にわたって制覇し、誰もが認める輝かしい歴史を持つチームです。ジェイソン・カストロは全盛期にありとあらゆるものを手に入れましたが、それでもなお、彼の栄光の歴史を塗り替えることを止める気は微塵もありません。また、元選手であるフェルナンド “The Raven” ラヴェナが、新しくヘッドコーチに就任して今大会を迎えます。


大会第2日 グループステージ - 9月18日(水)
2日目の午後3時からはEASLニューカマー同士の対決。韓国のKBLで5回の優勝経験を誇る全州KCCイージス(韓国)が、宇都宮ブレックス(日本)と対戦します。かつて“日本人版マイケルジョーダン”とも呼ばれた田臥勇太が、宇都宮ブレックスとしてどのような活躍を見せるのかは必見です。
午後5時からは、千葉ジェッツ(日本)とブラックウォータエリート(フィリピン)が対戦します。キャプテン小野龍猛率いる千葉ジェッツは2017のスーパー8優勝チーム。対するブラックウォータエリートはフィリピンのPBAオールスター選手レイ・マーク・ベロをエースに決戦に挑みます。
午後7時からは、遼寧フライングレパーズ(中国)と新潟アルビレックスBB(日本)が対戦。遼寧フライングレパーズは前日のフィリピンに続き、この日は日本のトップクラブチームと対戦を繰り広げます。BリーグMIP選手、39歳の五十嵐圭率いる新潟アルビレックスBBからも目が離せません。

注目マッチアップは、午後9時からの2018年王者の琉球ゴールデンキングス(日本)と深圳アビエイターズ(中国)との対戦です。琉球ゴールデンキングスはタイトルを保持し続けるべく、2018年のテリフィック12にて、決勝MVP選手に選ばれた岸本隆一を筆頭に立ちはだかります。しかし一方の深圳アビエイターズも、ナショナルチームの強豪選手らをあまた揃えており、ゴールデンキングスがどのように対応するのかは見どころです。
 CBAオールスターのビッグマン、シェン・ジージーやリー・ムハオは、深圳アビエイターズの得点加算の勢いを加速させるキーマンとなります。バイ・ハオチャンやヒ・ジンニンなどもまた、屈指のスリーポインターとして大量得点が期待されます。しかしながら対するゴールデンキングスも、CBAチームとの過酷なマッチアップに慣れていない訳ではありません。昨年はCBAの広州ロングライオンズを沈め、見事テリフィック12の王冠を掴んでいます。


大会第3日 グループステージ - 9月19日(木)
グループステージ最終日の3日目は、午後3時から新潟アルビレックスBB(日本)とTNTトロパン(フィリピン)が、準決勝への切符をかけて激突します。新潟アルビレックスBBは、かつて大学時代にもチームメイトであった五十嵐圭と柏木真介が、ダブルエースとして強さを見せつけます。 
午後5時からの試合では、千葉ジェッツ(日本)とソウルSKナイツ(韓国)が対戦します。そして午後7時からのゲームでは、サンミゲルビアメン(フィリピン)とディフェンディングチャンピオンの琉球ゴールデンキングスが真っ向対決します。王者を何とか制したいサンミゲルビアメンが、どう戦うのか。対するゴールデンキングスは、35歳のスーパーヘッドコーチ、佐々宜央のディフェンス戦略に注目です。

そして注目マッチアップは、午後9時からの浙江ライオンズ(中国)と宇都宮ブレックス(日本)の試合です。中国ナショナルチームのスター選手、サン・ミンギ、フー・ジンキュウが、比江島慎と衝突します。浙江ライオンズは、軽いシーズンオフの後、オーストラリアで過酷なトレーニングを積んだばかりの状態でこのゲームに臨みます。両者共に期待の高まるチーム同士のマッチアップになります。
ライオンズは、オーストラリアNBLで6度年間ベストコーチに選出されたブライアン・ゴージャンを新スタッフメンバーとして加え、若手の育成に力を注いでいます。EASLの複数のイベントを経て、ライオンズの胸の内には“タイトル獲得”という一つの野心が眠っています。一方のブレックスにとっては、この試合がEASLでのデビュー戦となりますが、経験豊富なこのチームは、大舞台やオールスターの怪物たちにも圧倒されない、貫禄のゲームを見せてくれるでしょう。


準決勝/決勝 - 9月21(土)-22日(日)
各グループリーグから、熾烈な争いを勝ち抜いた1チームずつのみが準決勝に進むことができます。熱い戦いから目が離せなくなることは間違いありません!準決勝は9月21日の午後5時、午後7時より行われます。3位決定戦は9月22日の午後5時より、決勝戦は同日午後7時より行われます。圧巻のゲームの数々を、どうぞお楽しみに!


そのほか大会の注目情報】
韓国のチアリーディングエンターテイメント・HSCOMから、“ドリームチームチアリーダーズ”がテリフィック12に参加することが決定しました。
韓国からのオールスターパフォーマーらはマカオにて、至高のパフォーマンスを披露します。“ドリームチーム”はアクロバティックなダンスが持ち味の“チアガイズ”、ジュニアKPOPダンスチームの“ポップ選手ズ”の2つのエリートチームとコラボし、大会中全16試合の間、ダイナミックで素晴らしいパフォーマンスをお届けします!

”ドリームチーム”は過去20年以上にわたって、ソウルSKナイツのホームゲームを応援し続けてきました。韓国バスケットボールリーグ(KBL)のシーズン中、チームが2018-2019年のベストチアリーダーに選出されたことを機に、韓国中にそのアクロバティックなダンスが知れ渡りました。
“ポップ選手ズ”は若いエネルギーに満ち溢れたチームで、大きなスポーツイベントなどでも度々活躍しています。2018年には、ピョンヤン冬季オリンピックのチアリーディンググループのひとつにも選ばれました。
試合の前後には、記念写真撮影の時間も予定されていますので、乞うご期待ください!


来る9月9日、EASLはグループステージ対戦に向け、キーマンとなる選手やゲームの戦略、敵に関する考察など、より詳細な情報をお届けします。引き続きEASLからの最新情報にご期待ください。EASL・チーム一同、ファンの皆様とマカオでお会いできることを楽しみにしています。


リフィック12インフォメーション
EASLおよび テリフィック12に関する詳細や限定情報、舞台裏のエピソードについては、下記のソーシャルメディアをご覧ください。


ジアリーグの公式ウェブサイト http://www.eastasiasuperleague.com

 

Facebook: https://www.facebook.com/eastasiasuperleague/
Twitter: https://twitter.com/EASLofficial
    https://twitter.com/EASLofficial_JP(日本語アカウント)
Instagram: https://www.instagram.com/eastasiasuperleague/
      https://www.instagram.com/eastasiasuperleague_jp/(日本語アカウント)
Sina Weibo: http://www.weibo.com/u/6274381383
Douyin: 159972806
WeChat: Search for public account East Asia Super League
Jinri Toutiao: East Asia Super League
Tencent Library:https://v.qq.com/detail/m/mzc00200enure8b.html


テリフィック12 チケットインフォメーション
テリフィック12はもちろん現地でも観戦いただけます。チケットの価格や購入方法は下記の通りです。
 

チケット価格:
グループステージ…一般席50マカオ・パタカ/コートサイド席100マカオ・パタカ
準決勝及び決勝…一般席200マカオ・パタカ/コートサイド席400マカオ・パタカ
テリフィック12全日程(5日間)通しチケット…一般席400マカオ・パタカ
 

チケット購入方法:
1.以下のリンクからオンラインで購入:

2. マカオチケットの現地店舗で購入:
3. 大会会場タップセック・マルチスポーツパビリオンのチケットカウンターにて購入:
 購入可能日:9月17・18・19・21・22日
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Asia League Limited >
  3. 東アジアスーパーリーグ - FIBAワールドカップに参戦中の各国代表選手及び元NBA選手もテリフィック12に参戦!