長野県松本市の印刷会社「藤原印刷」 見てふれて感じる、本が生まれる工場で本のお祭り【心刷祭2019】

2019年9月28日(土)開催決定!

長野県松本市で64年続く印刷会社、藤原印刷株式会社(本社:長野県松本市、代表取締役社長:藤原愛子)は、創業初となる自社イベント、見てふれて感じる、本が生まれる工場で本のお祭り「心刷祭2019」を2019年9月28日(土)10:30~17:00、本社工場内にて開催いたします。


▽イベント趣旨
これまで約20万点以上の本が生まれてきた工場を開放し、本づくりを見て、ふれて、感じていただけるイベントです。物販エリアでは、個性豊かな21の出展社が長野県内外から集合。その他、職人たちの手仕事を間近に見ながら、自らも実際に体験できる4つのワークショップもご用意しております。本づくりを体験できるブックイベントは全国的にもめずらしい試み。印刷工場という普段はなかなか入ることのできない非日常の空間を味わいに、ぜひ藤原印刷へお越しくださいませ。

▽イベント概要
日程:2019年9月28日(土) 10:30~17:00
※雨天決行
※入場無料、どなたでも!

●マーケット
藤原印刷と関わりのあるお店、企業様に出展していただきます。
書籍や印刷物のほか、生活道具、日用品、食品、飲料なども販売いたします。

<出展社>
青山ブックセンター本店、AKITO COFFEE、アタシ社、applause、aptp books、代わりに読む人、京都文鳥社、クルミド出版、三輪舎、栞日、してきなしごと、篠原紙工、スタンダードブックストア、トゥーバージンズ、BUS CONRO、バリューブックス、BEEK、堀之内出版、やってこ!シンカイ、RIVER-WALK、わざわざ(※五十音順)

●ワークショップ
①印刷立ち会い体験
印刷時に色の調整が可能か、を体験。濃く・薄く、赤を強く、など具体的な指示をしてbefore→afterの違いを見比べてみましょう。

②インキ練り体験
特色がどのように作られているのか、紙を積むところから、インキ練り、印刷という流れで体験してみましょう。

③ポスター印刷体験
デジタル印刷機を使用して、事前に頂いたデータをその場でいろいろな紙に刷ってみましょう。

④工場見学ツアー
印刷の仕組みや原理原則を、スタッフがおもしろおかしくツアーガイドします。

※①~③はそれぞれ午前・午後1回ずつ/各回10名/所要時間60分(参加費1,000円)、④は随時開催/各回5名/所要時間30分(参加費無料)
※ワークショップは人数に限りがあるため、事前予約が必要となります。
タイムテーブルと予約方法は、追って公式ホームページにてお知らせいたします。( https://www.fujiwara-i.com/ )

▽場所
藤原印刷本社工場&第2工場
〒390-0865 長野県松本市新橋7-21
JR大糸線島内駅から徒歩15分。※駐車場が少ないので、公共交通機関をご利用くださいませ。

▽藤原印刷について
女性タイピストからはじまった創業64年の印刷会社。 企画の段階から造本における仕様の提案を得意とし、 本づくりそのものを全面的にバックアップする。 近年ではインディペンデント系の実績も多数。2018年には、自社で印刷した作品の中でもインディペンデント出版限定の書籍を販売するサービス、PTBS(Printing Teller Book Service)を開始。

▽会社概要
会社名:藤原印刷株式会社
代表取締役社長:藤原 愛子
本社:〒390-0865 長野県松本市新橋7-21
東京支店:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-4-5 杉商ビル5F
資本金:5,000万円
設立:昭和42年1月30日
事業内容:出版印刷、商業印刷、各種印刷物の企画・製作・デザイン
WEB:https://www.fujiwara-i.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 藤原印刷株式会社 >
  3. 長野県松本市の印刷会社「藤原印刷」 見てふれて感じる、本が生まれる工場で本のお祭り【心刷祭2019】