二条城にて伝説の写真家 甲斐扶佐義 初回顧展「京都詩情」

喫茶店「ほんやら洞」と「Bar八文字屋」を経営する写真家、5 0年の軌跡

2019年9月21日(土)-10月6日(日)、二条城を舞台に、長年にわたって京都を撮り続けてきた写真家、甲斐扶佐義の初回顧展を開催致します。彼の作品を愛するフランス人キュレーター、パスカル・ボースのキュレーションによって、これまで世界各国で紹介されてきたKaiの魅力を味わえる、またとない機会となっています。また、本展は「ニュイ・ブランシュKYOTO 2019」の プログラムの一つです。

 

シャボン玉と少女1991シャボン玉と少女1991


「カメラを持って街中をほっつき歩く。それだけで幸せなのだ。」 
                                 甲斐扶佐義(『地図のない京都』より)

 芸術家の集う店、美女とネコ、通りで遊ぶ子どもたち、夕立のなか買い物へ出るお婆さんといった被写体へ向けられた彼の眼差しはあたたかさに満ちています。60年代から現在に至るまで、京都の大小様々な出来事を捉え続けてきた彼の作品には、京都に対する愛が溢れるとともに、見慣れた街を異化するような独特の詩情が漂います。


甲斐扶佐義​プロフィール 

ヤカタ(置屋)へ急ぐ先斗町の芸妓さん 1990 ヤカタ(置屋)へ急ぐ先斗町の芸妓さん 1990

2015年に火災で失われた伝説の喫茶店「ほんやら洞」、いまでも夜な夜な様々な文化人が集う「Bar八文字屋」、甲斐扶佐義(1949年大分生)はこれらの経営者であり、文
筆家、そしてなによりも京都を愛し京都を撮り続けている写真家です。90年代には京都新聞紙上でフォト&エッセイを連載し、2001年より連続的に欧米各地で招待個展を開催。写真集は「路地裏の京都」「Beautiful Women in Kyoto」「京都の子どもたち」等、40冊以上出版。近年もその創作意欲はとどまることを知りません。

イベント
・写真家 甲斐扶佐義によるギャラリートーク
9月 21日 | 土 | 13:00-
9月 25日 | 水 | 14:00-
10月 3日 | 木 | 14:00-
会場:二の丸御殿台所
・キュレーター パスカル・ボースによるトーク「甲斐扶佐義、京都の詩人」
9月 21日 | 土 | 14:00-15:00
会場:二条城レクチャールーム(大休憩所隣)
・キッズワークショップ「作品をじっくり観察しよう by GOALOOK 学習塾」
9月 28日| 土 | 114:00-15:00 215:30-16:30
会場:二の丸御殿台所 定員:小学校4年生から中学生 20名
予約推奨 (kai.exhibition@muz-art.jpまで)、ワークショップ参加は無料(別途要入城料)
・ワークショップ 「いしいしんじ、甲斐扶佐義と写真を撮ろう」
時間内自由参加、予約不要 子どもも参加可、ワークショップ参加は無料(別途要入城料)
9月 29日 | 日 | 14:00-17:00
会場:二の丸御殿台所、レクチャールームなど
*カメラまたはカメラ付き携帯等写真が撮れるものをご用意ください
・「アニエスベー×甲斐扶佐義展」
アニエスベーのカーディガンプレッションは誕生40周年を記念して発売当時と同じフランスの工場で生産したカラーバリエーションを発売。POP-UP 期間中お楽しみ下さい。
・「walden woods kyoto@ ニュイ・ブランシュ KYOTO 2019」
多くの若者や旅行者がたずねる京都話題のカフェ空間。ニュイ・ブランシュ当日(10 月 5 日)のみ、飲み物と軽食を特別出店。

概要 
展覧会タイトル: 「京都詩情」写真家 甲斐扶佐義 初回顧展 
英文展覧会タイトル:”Living as a poet in Kyoto” The first retrospective of Kai Fusayoshi’s Photography 
*「ニュイ・ブランシュKYOTO 2019」プログラム 

会期:2019年9月21日(土)-10月6日(日) 16日間 会期中無休 
会場:世界遺産 元離宮二条城 二の丸御殿台所(重要文化財) 
京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地 最寄駅―地下鉄東西線「二条城前駅」 
料金:無料
 *別途入城料が必要(入城料:〜9/30一般600円、10/1〜一般620円) 
開場時間:午前8時45分~午後5時(入城は午後4時まで) 
* 9月はお城自体の開城時間は8時から 
*10月5日ニュイ・ブランシュ開催日は午後6時~午後10時も開場(最終入城は午後9時45分)
 午後6時以降は写真展会場のみ公開のため入城料不要 

2019 Sept. 21st (Sat.) – 2019 Oct. 6th (Sun) open everyday
FREE ADMISSION Separate entrance fee to Nijo-jo castle required.
Nijo-jo Castle [Former imperial villa],
Ninomaru-goten Palace Daidokoro (important cultural property)
541 Nijojo-cho, Horikawa-nishi-iru, Nijo-dori, Nakagyo Ward, Kyoto
Nearest station: Tozai Subway Line, Nijo-jo mae Station
2019 Oct. 5th : Nuit Blanche KYOTO 2019 night also open 6pm – 10pm (entrance available until 9:45pm)
Nijo-jo castle is only open for Daidokoro area and separate entrance fee to castle not required after 6pm
8:45 – 17:00 (entrance to Nijo-jo castle, available until 4pm)

主催:京都市、元離宮二条城 甲斐扶佐義写真展実行委員会 
共催:京都市教育委員会、アンスティチュ・フランセ関西 
協賛:株式会社グランマーブル、DMG森精機株式会社、アニエスベージャパン株式会社、ANAクラウンプラザホテル京都、株式会社七彩、株式会社フレームマン、ガクブチのヤマモト、walden woods kyoto、京都中央信用金庫、株式会社モトックス 
協力:泉川真紀事務所、一級建築士事務所比叡工房、KYOTOGRAPHIE、KG+、ギャラリーメイン、文化庁 地域文化創生本部 
後援:京都新聞、読売新聞京都総局、京都府

キュレーター:パスカル・ボース Pascal Beausse
(フランス国立造形芸術センター/写真部門責任者) 
企画:MUZ ART PRODUCE 
Webサイト: https://muz-art.jp/kai-exhibition/ 
問い合わせ先:MUZ ART PRODUCE 
tel: 075-205-5396, メール:kai.exhibition@muz-art.jp 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MUZ ART PRODUCE >
  3. 二条城にて伝説の写真家 甲斐扶佐義 初回顧展「京都詩情」