徳島の書家、天羽汕景がパリでオーディエンス賞受賞

世界二大芸術祭の1つ、「ル・サロン展」代表アランバザール氏と、国際美術評論家
アルフォンソ ゴンサレス=カレーロ氏総合監修の「OASIS 2019 in Paris」にて、
書家の天羽汕景の作品「鶴の舞」が、オーディエンス賞を受賞した。


オーディエンス賞は、来場者の人気投票により選出される賞で、天羽氏の作品は、
日本の書芸術でありながら、それだけにとどまらないアーティスティックな世界観が
高く評価された。

▼OASIS
2015年からOASIS internationalとして、「社会と美術界の架け橋になる」という理念のもと、
海外諸国で開催されている芸術祭。
アートが現代人の心のオアシスになるように、との願いも込められ、国家的な文化プログラム
beyond2020にも認証されている。
開催日:
OASIS international 2019 in Paris
2019.7.18(木)〜23(火)
リンダ・ファレル・ギャルリー

▼鶴の舞について
鶴が羽を広げ舞っているような姿からインスピレーションを得て、軸となる二本の縦画を
生かしながら、リズム感を大事に書いた作品。
紙質と墨の調合にこだわり、光のような滲みが出るまでこだわり抜いた。
◉サイズ 縦68cm×横34cm

■今後の展開
スペインの国際美術評論家よりご指名をいただき、10月25日から開催される、
「アート・メゾン・ビエンナーレ」に出展決定。
日本とスペインの精鋭作家による、マドリードでもっとも有名な芸術の殿堂
“シルクロ・デ・ベジャス・アルテス”での大規模な国際展となる。
この展覧会には、ピカソなどの作品も展示される。

プロフィール

天羽汕景書道教室主宰
四国大学書道文化学科卒業
幼少期、書家である祖父から書を学ぶ。
力強いメッセージ性の中に、
「凛」とした女性らしさを感じる作品は、
国内外で高い評価を得ている。

主な活動歴
2015年6月・9月「国際平和美術展」招待出展
2016年7月・10月「WORLD PEACE ART EXHIBITION 2016」招待出展
2016年7月 リオデジャネイロオリンピック芸術競技出展クリスタル賞受賞
2017年7月 「Japan Expo18 in Paris」招待出展&パフォーマンス出演
2018年8月 Japonismes2018公認イベント作品出展(パリ)
2018年11月 Hyper Japan2018招待出展・パフォーマンス出演(ロンドン)
2018年12月 マール社「日本のデザイン書道家」選出掲載
NHK「とく6徳島」・「お昼のクローバー」出演
徳島新聞1年間連載
2019.7 OASIS international招待出展(パリ)オーディエンス賞受賞
2019.8 宝島社「In Red」掲載
2019.10 Bienal de Art Maison Japón招待出展(スペイン)



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 書家 天羽 汕景 >
  3. 徳島の書家、天羽汕景がパリでオーディエンス賞受賞